ビジネス向け Google グループのご利用について

ユーザーが管理するグループ、共同トレイなど

ビジネス向け Google グループは、Google 管理コンソール内のコアサービスです。このサービスを使用して、Google グループのユーザーアプリ(groups.google.com)で組織のグループを使用する方法を管理できます。

グループの管理者はビジネス向け Google グループを使用して、以下を行えます。

  • ユーザーが Google グループから組織のグループにアクセスできるかどうかを管理します(ビジネス向け Google グループ サービスが有効か無効かによって決まります)。
  • Google グループでのグループの使用方法を管理します。

ビジネス向け Google グループが有効な場合と無効な場合

ビジネス向け Google グループが有効な場合

  • ユーザーの Google グループ ディレクトリに組織のグループが表示されるようになります(図内のアプリ ランチャー ""groups.google.com からアクセス可能)。
  • 管理者は、ユーザーに組織のグループの作成を許可することができます。また、グループにアクセスして作業するための組織全体のポリシーを設定することもできます。
  • グループの管理者、グループのオーナーとマネージャーは、Google グループでグループを共同トレイにしたり、投稿と管理のポリシーを設定したり、その他の機能を追加したりできます。
  • 適切な権限を持つメンバーは、Google グループ ディレクトリ内の組織のグループにアクセスしたり、グループの会話を閲覧、投稿したり、その他の操作を行ったりできます。

ビジネス向け Google グループが無効な場合

  • ユーザーの Google グループ アプリから組織のグループを利用できなくなります。
  • ユーザーに組織のグループの作成を許可できません。
  • 共同トレイを使用したり、会話を管理したり、その他の機能を追加したりすることはできません。
  • 管理者が管理コンソールでグループを作成して、他のさまざまな方法で使用することはできます(以下を参照)。

注: Google グループでの外部グループの表示と非表示を切り替えるには、Google グループのその他のサービスを使用します。


有効にするか無効にするか決まった場合: ビジネス向け Google グループを有効または無効にする

手順 1: 利用可能な機能を比較する

ビジネス向け Google グループを有効または無効にした場合の機能は、次のとおりです。

利用可能なグループの機能 ビジネス向け Google グループ サービス
Google グループ アプリ(groups.google.com) 有効 無効
アプリ ランチャー "" からの利用 *
一般公開グループとその他の外部グループの表示 * *
組織の内部グループの表示  

* 管理コンソールで Google グループのその他のサービスを有効にした場合にのみ利用可能

グループの用途    
メーリング リスト、配信リスト、共有、カレンダーの招待状
管理コンソールの設定用の設定グループ
ドライブとドキュメント用の共有の対象グループ
共同トレイ  
その他の機能が追加されたグループの会話  
グループを作成できるユーザー    
グループの権限を持つ管理者
内部ユーザー(設定で許可した場合)  
外部の一般ユーザー(設定で許可した場合)  
グループメンバーの管理方法    
メンバーの直接追加
部門単位などメンバーの動的な管理
API の使用または LDAP サーバーとの同期を介したメンバーの一括管理
グループへの外部メンバーの追加
グループへのユーザーの招待  
メンバー以外からのメンバー登録リクエストの許可  

ステップ 2: 組織のグループを管理する方法を確認する

ビジネス向け Google グループを無効にした場合は、管理コンソール内ですべての内部グループの管理を行えるため、このセクションをスキップしてください。

ビジネス向け Google グループを有効にすると、管理コンソールまたは Google グループ アプリから組織のグループを管理できます。それぞれの場所で同じグループを管理できますが、特定の機能を使用するには、いずれかの場所に移動する必要がある場合があります。

以下は、それぞれの場所で行える操作の詳細です。

  • 管理コンソール - [ホーム] 次に [グループ] のリスト(特に明記されていない限り)
  • Google グループ - アプリ ランチャー "" または groups.google.com から開く
管理者の操作 管理コンソール Google グループ
用途ごとに新しいグループを作成する    
メーリング リスト、共有、カレンダーの招待状、管理対象のディスカッション
共同トレイ
ドライブとドキュメント用の共有の対象グループ *  
管理コンソールの設定用の設定グループ  
グループメンバーの管理    
メンバーの手動での追加削除
部門単位などメンバーの動的な管理  
メンバーへのデフォルトのロールの割り当て(オーナー、マネージャー、メンバー)
グループのカスタムロールの作成と割り当て  
グループ設定の表示と管理    
組織のグループの表示
グループ名またはメールアドレスの変更
グループの削除
ウェルカム メッセージ、自動返信などの追加  
グループの共同トレイとしての使用  
グループの会話の管理  

* 対象グループの場所は、メインのグループのリストではなく、メニュー アイコン メニュー 次に [ディレクトリ] 次に [対象グループ]

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。