ユーザー向けに AppSheet を有効または無効にする

組織の Google アカウントの管理者は、Google AppSheet を利用できるユーザーを設定できます。Google 管理コンソールで、該当するユーザーに対してサービスを有効あるいは無効にするだけです。

始める前に

  • AppSheet の無料バージョンはすべての Google Workspace サブスクリプションで利用でき、アプリケーションのプロトタイピングと 10 人以下のユーザー(アプリケーション作成者を含む)でのテストが可能になります。
  • AppSheet Core は、Google Workspace のほとんどのエディションに含まれています。詳しくは、AppSheet Core を含む Google Workspace エディションをご確認ください。
  • AppSheet Core を含まない Google Workspace エディションの場合、Google 管理コンソールで AppSheet のサブスクリプションを購入できます。詳しくは、Google Workspace に AppSheet Core を追加するをご確認ください。
  • その他の種類の AppSheet ライセンスを購入するには、AppSheet のアカウントのお支払い設定にアクセスしてください。詳しくは、AppSheet の料金プランをご確認ください。
  • 一部のユーザーに対してサービスを有効または無効にするには、そのユーザーのアカウントを組織部門またはアクセス グループに追加します。

AppSheet の使用を許可する組織内のユーザーを指定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン 次に  [アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [AppSheet] にアクセスします。

  3. 組織内のすべてのユーザーに対してサービスを有効または無効にするには、[オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] をクリックし、[保存] をクリックします。

  4. (省略可)特定の組織部門に対してサービスを有効または無効にするには:
    1. 左側で組織部門を選択します。
    2. サービスのステータスを変更するには、[オン] または [オフ] を選択します。
    3. 次のいずれかを選択します。
      • [サービス] のステータスが [継承] になっており、親組織の設定が変更された場合でも現在の設定を維持したい場合は、[オーバーライド] をクリックします。
      • [サービスのステータス] が [上書きされました] になっている場合は、[継承] をクリックして親と同じ設定に戻すか、[保存] をクリックして新しい設定を維持します(親組織の設定が変更された場合でも、現在の設定を維持します)。
        : 詳しくは、組織構造についてのページをご覧ください。
  5. 組織部門全体または組織部門内の一部のユーザーに対してサービスを有効にするには、アクセス グループを使用します。詳しくは、グループに対するサービスの有効化についてのページをご覧ください。

次のステップ


Need help building AppSheet apps? Go to the AppSheet Help Center

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー