検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

    G Suite から別のプロバイダのサービスへのデータ移行

    組織での G Suite サービスの使用を終了することになった場合、ユーザーは G Suite のデータを移行することができます。ユーザーはメール、連絡先、カレンダー、動画、その他のデータを書き出して、それらを移行先のサービスに読み込むことができます。通常はユーザーが自分でデータを移行する必要がありますが、管理者が G Suite パートナーにデータの移行を任せることもできます。

    データの移行方法

    1. 管理者が、移行先のサービスで各ユーザーの新しいアカウントを作成します。
    2. 各ユーザーが、次のいずれかの方法を使用して、各自の G Suite のデータを書き出します。
    3. 各ユーザーが、自分のデータを新しいアカウントに読み込みます。

    重要: 管理者は、ユーザーによるデータの移行が完了してから、組織の G Suite アカウントを削除してください。

    G Suite のすべてのデータをまとめて書き出す

    ユーザーは各自の G Suite アカウントから必要なすべてのデータ(メール、カレンダー、連絡先、ドキュメント、ブックマークなど)を同時に 1 か所にダウンロードすることができます。また、ユーザーはアーカイブする Google サービスを選択できます。たとえば、メールやドキュメントはダウンロードし、ブックマークや写真はダウンロードしないよう指定することができます。アーカイブにアクセスして新しいサービスに読み込むことができるのは、それぞれのユーザーだけです。

    詳しくは、データのダウンロードをご覧ください。

    個々の Google サービスからデータを書き出す

    ユーザーは、使用している Google サービスから個別にデータをダウンロードすることができます。

    • メール - ユーザーは、Microsoft® Outlook® や Mozilla® Thunderbird® などの他のメール クライアントに Gmail のすべてのメールをダウンロードすることができます。まず、管理者がユーザーの POP と IMAP を有効にします。次に、Gmail から他のメール クライアントにメールを読み込むよう、各ユーザーに IMAP を設定してもらいます。
    • 連絡先 - ユーザーは連絡先を CSV ファイルまたは vCard ファイルとして書き出して、別のメール アカウントに読み込むことができます。詳しくは、連絡先を管理するをご覧ください。
    • カレンダー - ユーザーは、1 つのカレンダーから、または [マイカレンダー] リストにあるすべてのカレンダーから予定を書き出すことができます。詳しくは、カレンダーの書き出しをご覧ください。
    • ドライブ - ユーザーは、Google ドライブのドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、図形描画を、さまざまなファイル形式でパソコンや Android 搭載端末に保存することができます。詳しくは、ファイルをダウンロードするをご覧ください。
    • その他すべての Google サービス - 各サービスのヘルプをご覧ください。

    管理者がユーザーのデータを書き出す

    管理者が API を使用してユーザーのデータをダウンロードする場合は、ドメイン内のユーザーに代わってデータにアクセスすることが許可されているサービス アカウントを使用する必要があります。

    詳しくは、ドメイン全体に対する権限のサービス アカウントへの委任についてのページをご覧ください。

     

    この記事は役に立ちましたか?
    改善できる点がありましたらお聞かせください。
    アカウントにログインする

    ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。