組織のデータを書き出す

特権管理者は、組織のユーザーのデータを Google Cloud アーカイブに書き出すことができます。Google Workspace データの大部分が書き出し可能です。詳しくは、書き出しの対象となるデータをご確認ください。ただし、削除済みのユーザーデータは Google Vault の保持ポリシーの適用対象でない限り書き出すことはできません。

データのダウンロードを各ユーザーに任せる場合は、Google データをダウンロードする方法をご案内ください。Google データ エクスポートが有効になっていることを確認してください。

重要: 現在のところ、データ エクスポート ツールには、書き出せない種類のデータがあります。書き出しを開始する前に、書き出せないデータのリストをご確認いただくことをおすすめします。

要件

組織のデータを書き出すには、次の要件を満たしている必要があります。

  • ドメインが 30 日以上前に作成されている場合は、ドメイン内に 30 日間以上アカウントを保持していること。
  • ご利用の Google サービス ドメインの特権管理者であること。
  • 2 段階認証プロセス(2SV)がアカウントに対して有効になっていること(書き出しを実施する管理者のアカウントのみ必須)。2 段階認証プロセスが有効になっているかどうか確認する方法について詳しくは、こちらをご確認ください。

    ヒント: 管理者のアカウントで 2 段階認証プロセスを有効にする必要があるものの、組織部門内のすべてのユーザーに対して有効にする必要がない場合は、まず子組織部門を作成し、管理者アカウントをその組織部門に移動してから 2 段階認証プロセスを適用してください。

  • Google アカウントのユーザー数が 1,000 以下であること。ユーザー数が 1,000 を超える場合は、Google Cloud サポートまでご連絡ください。データ エクスポート ツールを一時的にご利用いただけるようにいたします。

始める前に

  • データ エクスポート ツールでは、データ書き出し開始の 24 時間前以内に作成されたユーザー アカウントからの書き出しは行われません。
  • 組織に特権管理者が複数存在する場合は、データの書き出しが保留中であることがすべての管理者にメールで通知され、書き出し処理の開始から 48 時間後に実際の書き出しが開始されます。この待機時間は、組織データの安全性を確保するためのものです。
  • 組織に特権管理者が 1 人しかいない場合、書き出しに関する通知メールは送信されません。
  • 自分が開始したエクスポートの実行中に、ご利用の Google アカウントの特権管理者権限が失われた場合、その書き出しは自動的にキャンセルされます。データの書き出しは行われず、書き出しに失敗したことを示すメール通知が他の特権管理者に送信されます。

ユーザーのデータを書き出す

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで "" をクリックし、[ツール] の [データ エクスポート] を選択します。
  3. [エクスポートを開始] をクリックします。

データの書き出しは通常 72 時間ほどで完了しますが、書き出すデータ量によっては最長で 14 日ほどかかる場合があります。処理が完了すると、管理者に通知メールが届きます。メール通知が送信されるのは書き出しを開始した管理者のみですが、書き出したデータはすべての特権管理者が閲覧できます。

書き出しエラーがないかどうかの確認: 通知メールには、発生した書き出しエラー(書き出しに失敗したデータ)をすべて示したエクスポート レポートへのリンクが含まれます。詳しくは、このページのデータ エクスポート レポートを表示するをご確認ください。

書き出しエラーがある場合は、書き出しを再試行できます。詳しくは、このページのエラーが発生した書き出しを再試行するをご確認ください。

また、管理コンソールの [データのエクスポート] ページには、エクスポート アーカイブについて次のいずれかのステータス インジケーターが表示されます。

  • 失敗 - データは書き出されませんでした
  • 完了(エラーあり) - 一部のデータがアーカイブに含まれていません
  • 完了 - すべてのデータが書き出されました

エラーが発生した書き出しを再試行する

書き出されなかったデータがある場合は、エクスポート レポートにエラーとして記載されます。また、管理コンソールの [データのエクスポート] ページには、書き出しのステータス インジケーターとして [完了(エラーあり)] と表示されます。

注: エラーが発生した書き出しを再試行すると、データ エクスポート ツールによって別の書き出し処理が開始され、不足しているデータのみが書き出されます。

エラーが発生した書き出しを再試行する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで "" をクリックし、[ツール] の [データ エクスポート] を選択します。
  3. [修復を開始] をクリックします。

修復処理が完了すると、管理者に通知メールが届きます。

修復されたデータを含む新しいアーカイブが作成されます。修復処理を行っても書き出しエラーがある(書き出されないデータがある)場合は、上述の手順に沿って書き出しを再試行してください。アーカイブの修復はすべてのデータを書き出すまで継続できます。

書き出されなかったファイルを取得する方法については、Google Workspace サポートにお問い合わせください。30 日待たずにもう一度書き出しを行えるように、書き出しの時間制限をリセットいたします。

修復されたアーカイブの内容

修復されたアーカイブに含まれるデータ:

  • 一時的なエラーが発生したために欠落したデータ - 例: 書き出し処理中にドキュメント内に画像が追加されなかった
  • 管理者による複数回にわたる書き出し試行間にユーザーがアクセス権を失ったデータ - 例: ユーザーのライセンスがダウングレードされたため

修復されたアーカイブに含まれないデータ:

  • 永続的なエラーが発生したために欠落したデータ - 例: 書き出し処理の開始前または複数回にわたる書き出し試行間に、ユーザーがドキュメントのオーナー権限を削除または変更した
  • 以前に書き出されたデータ(ただし部分的に書き出された項目は除く): - 例: ドキュメント内の画像やコメントが欠落していた(この場合、データ エクスポート ツールでは、その項目全体が再度書き出されます)

書き出したデータを確認する

  1. 確認メールまたはデータ エクスポート ツールを開き、[アーカイブにアクセスする] をクリックします。

    注: メール通知が送信されるのは書き出しを開始した管理者のみですが、書き出したデータにはすべての特権管理者がアクセスできます。

  2. Google Cloud Storage のアーカイブでルートフォルダをクリックすると、ユーザー フォルダのリストが表示されます。各ユーザー フォルダには、そのユーザーのデータの zip ファイルが含まれています。
  3. zip ファイルをクリックしてユーザーのデータをダウンロードします。
  4. ファイルを解凍して、各ユーザーのデータをサービスごとに確認します。書き出したデータにアクセスできるのは 30 日間です。その後、データは完全に削除されます。

zip ファイルをクリックしてユーザーのデータをダウンロードし、ファイルを解凍して各ユーザーのデータを Gmail やドライブなどのサービスごとに確認します。書き出したデータにアクセスできるのは 30 日間です。その後、データは完全に削除されます。

注: 一部のデータ(共有ドライブ内のファイルなど)は、ユーザーではなくサービス アカウントが所有者です。エクスポート アーカイブでは、サービス アカウントには「リソース」という名前が付けられます。

データ エクスポートのレポートを確認する

データ エクスポートのアーカイブのルートフォルダに、そのエクスポートに関するステータス レポートが保存されます。このレポートはウェブブラウザで開くことができます。

書き出しエラーが発生した場合、レポートには次の情報が含まれます。

  • ユーザー ID または サービス ID - ユーザー アカウントのユーザー名、グループ名、または書き出しに失敗したサービス アカウントの ID。アカウントはアルファベット順に表示されます。
  • アカウントの種類 - 次のいずれかが表示されます。
    • ユーザー
    • グループ
    • 組織が所有するデータ - 個々のユーザーではなく、組織が所有するファイル。

      注: このレポートには、組織が所有する特定の種類のデータ(共有ドライブなど)が表示されます。これらは「リソース」と記載されます。

    • サービス アカウント - 所有者のいないデータ(Google Jamboard コンテンツなど)用に自動的に作成されたアカウント。
  • アーカイブ - ユーザーまたはサービス アカウントが所有するコンテンツを含むアーカイブ ファイルへのリンク。
  • エラーの概要 - 書き出されたファイルの数と、書き出されなかったファイルの数。書き出されなかったファイルのリストを表示するには、エラーの概要の左側にある矢印をクリックします。

書き出しエラーを含むレポートの例

サンプルデータのレポートが示されています。

質問

すべて開く  |  すべて閉じて一番上に移動すべて閉じて一番上に移動

ユーザーのデータをもう一度書き出すことはできますか?
はい。最後の書き出しが完了してから 30 日後に、再び書き出し処理を開始できます。
一部のユーザーのデータのみを書き出すことはできますか?

いいえ。データ エクスポート ツールを使用すると、ドメイン内の全ユーザーのすべてのデータが書き出されます。特定の種類のデータ、または特定のユーザーのデータのみを書き出すことはできません。

なお、ユーザーが各自でデータを書き出す際には、データの種類を選択できます。詳しくは、データのダウンロードをご確認ください。

メールのデータのみを書き出したいのですが、データ エクスポート ツールでそのように指定することはできますか?

いいえ。データ エクスポート ツールでは、書き出すデータの種類を指定することはできず、ドメイン内の全ユーザーのデータがすべて書き出されます。

なお、ユーザーが各自でデータを書き出す際には、データの種類を選択できます。詳しくは、データのダウンロードをご確認ください。

どのようなデータが書き出されますか?

書き出しの対象となるデータ

通常、データ エクスポート ツールを使用すると、ユーザーが Google データ エクスポートで書き出せるデータに加え、管理者のみが利用できるデータも書き出すことができます。データ エクスポート ツールを使用してデータを書き出す場合、対象となるデータは以下のとおりです。

書き出せないデータの種類の最新の一覧については、Google Workspace に関して報告されている問題をご確認ください。

書き出し対象となるアカウントの種類

  • ライセンスを持つアクティブ ユーザー
  • 管理者によって停止中のユーザー
  • アーカイブ ユーザー
  • Vault 元従業員ユーザー
  • Chrome での書き出し: アクティブな Google Workspace for Education ユーザー
書き出したデータが保存される地域
書き出したデータは米国内に保存されます。
書き出したデータを別の Google Workspace ドメインで読み込めますか?
いいえ。書き出したデータを別の Google Workspace ドメインで読み込むことはできません。詳しくは、Google Workspace アカウント間でデータを移行するをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false