コメント機能が無効になっている原因

動画の下に「コメントはオフになっています」と表示される場合、次のような原因が考えられます。

  1. 設定で [コメントを無効にする] を選択している。
  2. 未成年者の保護などを目的とした安全対策のため、YouTube が動画のコメント機能を無効にしている。詳しくは、このような種類のコンテンツについての説明をご覧ください。
  3. チャンネルまたは動画の視聴者が子ども向けとして設定されている。詳しくは、この設定についての説明をご覧ください。
: チャンネルまたは動画が子ども向けとして設定された場合、その 30 日後にコメントが完全に削除されます。

クリエイターが動画の設定でコメントを無効にしている

YouTube Studio では、特定の動画に対するコメント機能を有効にするか無効にするかを選択できます。動画のコメント機能を無効にした場合、視聴者は動画にコメントできなくなります。詳しくは、コメント設定を選択する方法をご覧ください。

YouTube がコメント機能を無効にしている

YouTube は、未成年者の保護などを目的とした安全対策のため、一部の動画のコメント機能を無効にすることがあります。これは、コンテンツが YouTube ガイドラインに違反したことによる措置ではありません。

動画によっては、チャンネル所有者がコメント機能を再度有効にできます。クリエイターと視聴者の双方にとってコメントが重要な機能であることは理解しておりますが、未成年者を保護するための重点的な取り組みとして、このような措置を講じています。

動画のコメントをもう一度有効にする方法

動画のコメントが一時的に無効になっている場合は、動画のコメント設定を変更すると、再びコメントが表示されるようになります。

未成年者が出演している動画でコメント機能を再度有効にする場合は、すべての新しいコメントを保留して確認する設定にしておくことをおすすめします。この設定にしておくことによって、動画ページでコメントが公開される前にその内容を確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。