アートトラックとは

この記事で説明する機能は、YouTube のコンテンツ マネージャを使って著作権で保護されたコンテンツを管理しているパートナー様にのみご利用いただけます。

アートトラックとは、自動的に生成される YouTube 版のサウンド レコーディングのことを言います。アートトラックはサウンド レコーディング、アルバムアート、レコーディングに関するメタデータ(タイトルやアーティスト名など)で構成されます。

アートトラックの目的は、各サウンド レコーディングの唯一公式なレーベル公認の YouTube バージョンを提供することです。現在は、レーベルまたはアーティストが制作に多大な時間とリソースを投じなければ、レコーディングの公式ミュージック ビデオは作成できません。アートトラックにより、ミュージック ビデオが制作されていないレコーディングで使用するバージョンが自動的に作成されます。

YouTube は、YouTube ミュージックの DDEX フィードまたは [オーディオ - アートトラック] 一括アップロード スプレッドシートを使ってアップロードされた 1 つのサウンド レコーディングに対し、1 つのアートトラックを作成します。レコーディングは、ISRC、リリース ID(UPC、EAN、GRid)、レーベルに基づいて識別されます。アートトラックは、これらのフィールドの一意の組み合わせごとに作成されます。

YouTube で完全なミュージック カタログが作成されるようにするため、アートトラックによって不足分が補足されます。また、アートトラックは制作済みのミュージック ビデオと同じ場所に表示されます。たとえば、主要アーティストに関する YouTube のトピック別のチャンネル、アルバム再生リスト、アーティストの動画再生カードを含む検索結果などです。制作済みのミュージック ビデオが存在するレコーディングについては、YouTube はそのミュージック ビデオを使用します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。