YouTube で収益を得るには

YouTube で収益を得るには、YouTube パートナー プログラム(YPP)に申し込み、参加を認められることが必要です。詳細

注意事項

  • クリエイターが作成できるコンテンツの内容まで具体的にお伝えすることはありませんが、YouTube には、視聴者やクリエイター、広告主を正当に扱う責任があります。YouTube パートナー プログラムに参加する場合、YouTube を通じて収益を得ることが可能になります。そのため、クリエイターにはより厳しい基準を守っていただく必要があります。
  • 優れたクリエイターに報酬を受け取っていただくため、YouTube パートナー プログラムへの参加を承認する前にチャンネルを審査します。また、YouTube では常にチャンネルを審査し、ポリシーとガイドラインを遵守しているかを確認しています。
  • クリエイターは、YouTube からの収益に対して税金を支払う義務を負う場合があります。これについては、後ほど詳しく説明します。

YouTube パートナー プログラムで収益を得る方法

YouTube では次のような機能を通して収益を得られます。

  • 広告収益: ディスプレイ広告、オーバーレイ広告、動画広告から広告収益を得られます。
  • チャンネル メンバーシップ: メンバーは定期的に月額料金を支払うことで、クリエイターが提供する特典を獲得できます。
  • グッズ販売: ファンは動画再生ページで紹介された公式ブランドグッズを閲覧して購入できます。
  • Super Chat と Super Stickers: ファンは料金を支払って、チャット ストリーム内で自分のメッセージを目立たせることができます。
  • YouTube Premium の収益: YouTube Premium ユーザーがコンテンツを視聴した場合、その利用料金の一部を得られます。

各機能には、チャンネル登録者数や視聴回数の条件に加えて、それぞれ異なる資格要件があります。審査担当者によってチャンネルや動画が要件を満たしていないと判断された場合、特定の機能を有効にできないことがあります。このように追加の条件を設定している理由は主に 2 つあります。最も重要な理由は、YouTube の提供する機能があらゆる分野の法的要件を満たす必要があるということです。また、YouTube では優れたクリエイターに報酬を受け取っていただけるよう、チャンネルに関する十分な背景情報を入手する必要があります。そのため、より多くのコンテンツを確認する必要が生じることになります。

YouTube では常にチャンネルを審査し、コンテンツがポリシーに準拠していることを確認しています。

収益化機能を有効にするための最小限の資格要件

各機能にはそれぞれ異なる資格要件があります。各地域の法的要件により、一部の機能を利用できない場合があります。

YouTube パートナー プログラムに参加すると、次のような収益化機能を利用できるようになります。

  要件
広告収入

チャンネル メンバーシップ

  • 18 歳以上である
  • チャンネル登録者数が 3 万人以上である
グッズ販売
  • 18 歳以上である
  • チャンネル登録者数が 1 万人以上である
Super Chat と Super Stickers
  • 18 歳以上である
  • Super Chat を利用できる国や地域に居住している
YouTube Premium の収益 YouTube Premium ユーザーに視聴されるコンテンツを作成している

YouTube の収益と納税義務

YouTube で収益を上げることで、よくできた魅力的なコンテンツに対する対価を得ることができます。ただし、収益化の対象となっている YouTube 動画から得た収入に対して、お住まいの国で納税義務が生じる可能性がある点にご注意ください。詳細については、お住まいの国の税務署にお問い合わせください。

 

チャンネルを収益化する方法を知りたい場合は、クリエイター アカデミーの YouTube パートナー プログラムに関するコースをご覧になり、YouTube での収益化について学んでください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。