商標

商標とは、商品を他の商品と区別するために使われる、提供者を識別するための語句やマーク(またはそれらの組み合わせ)をいいます。商標は、企業やその他の当事者が法的な手続きによって取得するものです。商標権所有者には、関連する商品で独占的にその商標を使用する権利が与えられます。

商標権侵害とは、その商品の提供者に関して誤解を招くような方法で商標を不適切に、または無断で使用することを指します。YouTube のポリシーでは、商標権を侵害する動画やチャンネルを禁止しています。誤解を招くような方法で他者の商標を使用している場合、動画がブロックされることがあります。チャンネルが停止されることもあります。

貴社の商標が侵害されていると思われる場合であっても、YouTube は、クリエイターと商標権所有者との間の商標権に関する争議を仲裁する立場にはないことをご理解ください。商標に関する問題については、商標権所有者が問題のコンテンツを投稿したクリエイターと直接話し合うことを強くおすすめします。コンテンツをアップロードしたユーザーに直接連絡する方が迅速に問題を解決でき、すべての関係者にとっても最善の策と言えます。クリエイターによってはチャンネル内で連絡方法を公開しています。連絡方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

問題のアカウント所有者との間で解決に至らない場合は、商標権侵害の申し立てフォームを使用して商標権侵害の申し立てを行ってください。

商標権侵害の申し立てを行う

正当な申し立てについては、YouTube において既定の調査を行い、商標権の侵害があると判断した場合はコンテンツを削除します。問題の解決を促進するため、YouTube では商標権侵害の申し立てを受け取ると、なんらかの措置を講じる前に、アップロードしたユーザーにその申し立てを転送します。これにより、そのユーザーに商標権侵害の問題に対処する機会が与えられます。

また、YouTube では商標権侵害の申し立てについて、メール、ファックス、郵便による自由形式での申し立ての提出も受け付けています。

偽造品の販売や販売促進活動に関係する申し立ての場合は、偽造品に対する申し立てを行ってください。

保護対象の作品(楽曲、映画、書籍など)に関係する申し立ての場合は、著作権侵害の申し立てを行ってください。

 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。