名誉毀損

名誉毀損に関する法律は国によって異なりますが、他の人物や会社の評判を傷つけるようなコンテンツは通常これに該当します。名誉毀損の定義は世界中で異なりますが、一般的には誰かの評判を傷つけるような、事実とは異なる言動や、誰かが孤立したり、避けられたりするよう仕向けることが名誉毀損とされます。

YouTube では名誉毀損を理由とするブロックの手続きをする際に、その地域の法律的な側面も考慮します。場合によっては、裁判所命令を要求することもあります。名誉毀損を理由とするブロックのリクエストの手続きを進めるには、申し立てに具体性と確固とした根拠が必要です。たとえば、その言動がなぜ事実ではないと考えるのか、その言動によってどのように自分の評判が傷つくのかを説明する必要があります。

場合によっては、アップロードしたユーザーが有害なコンテンツの削除を快諾することもあります。裁判所命令を取得するにはコストと時間がかかる可能性があるため、YouTube では問題のコンテンツをアップロードしたユーザーに直接連絡することをおすすめしています。

アップロードしたユーザーと連絡が取れない場合は、その動画が YouTube のプライバシー ポリシーや嫌がらせ行為に関するポリシーに基づいて削除される対象となるかどうか検討してみてください。

アップロードしたユーザーに連絡を試みたけれども、プライバシー侵害や嫌がらせに対する申し立てよりも名誉毀損の申し立ての方が適切であると思われる場合は、ウェブフォームに必要事項をご記入ください。

名誉毀損の申し立てを行う

また、YouTube ではメール、ファックス、郵便による自由形式での名誉毀損の申し立ての提出も受け付けています。

法的な申し立てフォームを不正使用した場合、YouTube アカウントが停止される可能性がありますのでご注意ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。