Content ID の使用

Content ID は、著作権者が自分の所有するコンテンツを含む YouTube 動画を発見しやすくするための、柔軟性の高い自動識別システムです。

YouTube は、一定の基準を満たすコンテンツ所有者のみに Content ID の利用資格を付与しています。著作権者が承認を受けるには、YouTube ユーザー コミュニティによって頻繁にアップロードされるような大量コンテンツの独占的権利所有者である必要があります。

また、YouTube は Content ID の使用方法について明確なガイドラインを定めています。YouTube は Content ID の使用と異議申し立てを継続的に監視し、これらのガイドラインが守られていることを確認しています。

著作権者には、対象となるコンテンツの参照コピーを YouTube に提出していただきます。YouTube はその参照コピーを使用して、アップロードされた動画をスキャンし、一致するコンテンツがないかどうかを確認します。一致するコンテンツが見つかると、YouTube は著作権者の希望するポリシー(対象となる動画の収益化、追跡、またはブロック)を適用します。

Content ID を使用する主なステップは次のとおりです。

  1. コンテンツ所有者を設定します。

    著作権者が Content ID の承認を受けると、YouTube パートナー マネージャーがコンテンツ所有者(YouTube コンテンツ管理システムにおける著作権者を意味します)を作成し、クリエイター ツールコンテンツ マネージャ ツールへのアクセス権を付与します。著作権者はコンテンツ所有者アカウントを設定する必要があります。著作権者のニーズに合わせて、コンテンツ所有者と AdSense アカウントを関連付けるか、コンテンツ マネージャ ツールへのアクセス権を他のユーザーに付与することができます。

  2. YouTube にコンテンツを送信します

    参照ファイル(音声、映像、または映像と音声)と、コンテンツの内容および著作権を保有している地域について説明したメタデータを送信して、著作権で保護されたコンテンツを YouTube コンテンツ管理システムに追加します。

    YouTube は送信された各アイテムのアセットをコンテンツ管理システムで作成します。それに加えて、YouTube はコンテンツの種類と送信方法に応じて、再生可能な YouTube 動画、Content ID の照合用の参照、またはその両方を作成します。

  3. Content ID がユーザーのアップロードをスキャンし、一致しているかどうかを判断します。

    Content ID は、新しいアップロードとアセットの参照を絶えず比較します。一致する動画があった場合は、アセットの所有者に代わって自動的に申し立てを行います。申し立てが行われた動画は YouTube に公開される前に、指定した一致ポリシーが適用されます。

    また、Content ID は、参照が作成される前にアップロードされた動画で一致しているものがないかどうかを判断する「レガシー スキャン」も実行します。完全なレガシー スキャンは完了するまでに最大で 6 か月かかります。最近のアップロードや人気のある動画が最初にスキャンされます。
  4. コンテンツを管理、監視します。

    コンテンツ マネージャには、申し立ての確認所有権の競合の解決といったアクションのタスクリストが含まれています。また、分析情報、収益レポート、コンテンツ管理ツールの全機能にもアクセスできます。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。