エンコーダでライブ配信を作成する

YouTube でライブ配信を行うには、ウェブカメラ、モバイル デバイス、エンコーダ(ストリーミング ソフトウェアまたはハードウェア エンコーダ)の 3 つの方法があります。エンコーダを使用すると、次のことが行えます。

  • 画面の共有やゲームプレイの実況
  • 音声や映像用の外部ハードウェアの使用
  • 高度な制作の管理(例: 複数のカメラやマイクの使用)

初めてライブ配信を開始する際は、以下の手順に沿って操作します。

 

1. ライブ配信を有効にする

ライブ配信を初めて有効にする場合、最大 24 時間かかることがあります。有効になった後はすぐにライブ配信を開始できます。ライブ配信を有効にする方法については、こちらをご覧ください

2. エンコーダをインストールする

エンコーダは、コンテンツを YouTube で配信するためにデジタル形式に変換します。エンコーダは、パソコンのソフトウェア アプリケーションの場合もあれば、単独で動作するハードウェアの場合もあります。

エンコーダの仕組みと使用するメリットについて詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

Encoder Live Streaming: Basics on How to Set Up & Use an Encoder

YouTube ライブ認証を受けたエンコーダ

以下は、YouTube ライブ認証を受けたエンコーダの一覧です。いずれも YouTube 製ではありません。製品を評価し、ご自身やビジネスにとって最も有益な選択肢をご判断ください。

ソフトウェア エンコーダ

Open Broadcaster Software

動画録画とライブ配信のための無料のオープンソース ソフトウェア。

Stage TEN

制作スタジオやコントロール ルームからの実況放送のようなライブ配信を自宅から行える、使いやすいウェブ アプリケーションです。ソーシャル メディアでのライブ配信の複雑さを軽減し、YouTube ページをソーシャル テレビ チャンネルに早変わりさせるのに役立ちます。

Streamlabs OBS
Windows、iOS、Android

Streamlabs OBS は、ライブ配信者向けのトップ配信ソフトウェアです。成長、エンゲージメント、収益化に役立つ強力な機能を備えた、無料のオープンソース ソフトウェアです。

XSplit Broadcaster
Windows(無料バージョンが用意されています)

オーディオ / ビデオのミキサー機能を備えた画期的なアプリケーションで、プロフェッショナルなライブ配信や動画の録画を作成できます。

XSplit Gamecaster
Windows(無料バージョンが用意されています)

ボタンを 1 回クリックするだけで、プレイ中のゲームを簡単に配信したり録画したりできます。ゲームプレイの共有に最適なソフトウェアです。

Wirecast
Windows、Mac

使いやすく受賞歴があり、ライブ配信と制作が可能なソフトウェアです。ボタンを 1 回クリックするだけで、カメラやライブ スクリーンショット、タイトル、グラフィックスなどを追加でき、クリックとドラッグで位置やサイズを変更できます。YouTube または任意の RTMP 配信先に直接配信できます。YouTube API と連携してライブイベントの管理、作成、スケジュール設定を行うことで、アプリから離れることなくライブ チャンネルの配信が可能になります。

ハードウェア エンコーダ


AirServer
Windows、Mac

モバイル デバイスまたはパソコンを YouTube にミラーリングします。

Elgato Game Capture HD60
Windows、Mac

Xbox、PlayStation、Wii U でゲームプレイの録画と配信ができます。


Epiphan Webcaster X2
HDMI 搭載デバイス

HDMI カメラ、ミキサー、コンソールなどのデバイスからプロフェッショナルなライブ配信を行える、コンパクトなハードウェア エンコーダです。USB カメラを接続して、ライブ スイッチングやピクチャー イン ピクチャー レイアウトを使用できます。

LiveU Solo

ワイヤレスのライブ配信をワンタッチで行える動画エンコード デバイスです。

SlingStudio

業界初のポータブルかつマルチカメラ搭載のワイヤレス配信プラットフォームです。動画のモニタリング、録画、切り替え、編集ができるほか、HD 画質の動画をワイヤレスで YouTube にライブ配信できます。

Teradek VidiU Pro

外出先で HDMI カメラ、スイッチャー、または動画ソースから放送品質の動画をライブ配信できます。

モバイル エンコーダ


AirServer
Windows、Mac

モバイル デバイスから YouTube にミラーリングを行います。

Streamlabs OBS
Windows、iOS、Android

OBS 上に構築されており、Streamlabs のアラート、ウィジェット、寄付、フェイスマスクといった機能のほか、多数の無料テーマやオーバーレイを利用できます。

Wirecast Go
iOS

iOS App Store から無料でダウンロード可能です。プロフェッショナルなライブ配信を iPhone から簡単に作成し、YouTube に配信できます。同時に最大 3 つのレイヤーを扱って、ショットの切り替え、写真やグラフィックの追加などを行うことができ、モバイルで高度な制作が可能です。YouTube のコメントを読んだり、リアルタイムでチャットしたりすることで、視聴者と交流できます。アプリ内から直接 YouTube ライブイベントのスケジュール設定、作成、管理が可能です。無料版からアップグレードすることで、任意の RTMP 配信先に配信できるようになります。

3. ハードウェアを接続する

ウェブカメラ、マイク、ヘッドセットなどのハードウェアを追加する場合は、それらを接続し、エンコーダ内で設定してください。

使用するハードウェアは配信内容によって異なります。一般的な例を次に示します。

ゲーム、カジュアルなライブイベント
多くの配信者が外部マイク、ウェブカメラ、ヘッドフォンを使用しています。また、ゲーマーはグリーンスクリーンなどのツールを使用することもあります。

プロフェッショナルなライブ配信
高度な配信設定では、複数のマイク、カメラ、ミキサー、ハードウェア エンコーダが含まれる場合があります。

4. エンコーダを接続してライブ配信を開始する

配信を開始するには、YouTube ライブのサーバー URL とストリームキーをエンコーダに入力します。音声や映像用のハードウェアを使用する場合は、エンコーダ(ストリーミング ソフトウェアとも呼ばれます)でそれらのハードウェアを設定します。

Introducing Live Control Room - for Live Streaming

今すぐライブ配信を開始する

まず、ライブ配信を作成します。

  1. YouTube Studio にアクセスします。
  2. 画面右上の [ライブ配信を開始] をクリックし、ライブ管理画面を開きます。
  3. [エンコーダ配信] タブをクリックします。
  4. ライブ配信を初めて行う場合: 配信設定を編集して [エンコーダ配信を作成] をクリックします。
    以前もライブ配信を行ったことがある場合: 前回の配信設定が読み込まれます。ストリーム キーも読み込まれるので、エンコーダを更新する必要はありません。
  5. YouTube パートナー プログラムに参加している場合は、ライブ配信を収益化することができます。詳細

次に、ストリームをエンコーダに接続してライブ配信を開始します。

  1. YouTube に配信するためのオプションがエンコーダの配信設定に表示されている場合は、それを選択します。表示されない場合は、YouTube からストリーム URL をコピーし、エンコーダの配信設定サーバーの入力欄に貼り付けます。この入力欄は「RTMP サーバー」と表示されている場合もあります。
  2. YouTube からストリームキーをコピーし、エンコーダの配信設定にあるストリームキーの入力欄に貼り付けます。
  3. エンコーダを設定し、エンコーダを使用して配信を開始します。配信用に動画再生ページが作成され、YouTube でライブ配信が開始されます。通知が送信され、[登録チャンネル] フィードにライブ配信が表示されます。
  4. 配信を終了するには、エンコーダ側でコンテンツの配信を停止します。12 時間未満の配信はすべて自動的にアーカイブされます。YouTube Studio ダッシュボードの [ライブ配信] タブでは、過去、配信中、近日配信のストリームにアクセスできます。詳細

ライブ配信をスケジュールする

配信をスケジュールすることで、ライブ配信を宣伝できます。視聴者は予定されたライブ配信に関する通知を受け取ることができ、ご自身もソーシャル メディアなどで URL を共有できます。

配信スケジュールを設定する

  1. YouTube Studio にアクセスします。
  2. 画面右上の [ライブ配信を開始] をクリックし、ライブ管理画面を開きます。
  3. [管理] タブをクリックします。
  4. [ライブ配信をスケジュール設定] をクリックします。
  5. 前回の配信で使用した設定を再利用する場合は [設定を再利用] をクリックし、新しく配信を作成する場合は [新規作成] をクリックします。
  6. YouTube パートナー プログラムに参加している場合は、ライブ配信を収益化できます。詳細  

配信の開始時間になったら

ストリームをエンコーダに接続してライブ配信を開始します。

  1. YouTube に配信するためのオプションがエンコーダの配信設定に表示されている場合は、それを選択します。表示されない場合は、YouTube からストリーム URL をコピーし、エンコーダの配信設定サーバーの入力欄に貼り付けます。この入力欄は「RTMP サーバー」と表示されている場合もあります。
  2. YouTube からストリームキーをコピーし、エンコーダの配信設定にあるストリームキーの入力欄に貼り付けます。
  3. エンコーダを設定して配信を開始します。
  4. ライブ管理画面でライブ配信のプレビューが表示されるまで待ち、[ライブ配信を開始] をクリックします。
  5. 配信を終了するには、[ライブ配信を終了] をクリックしてエンコーダからのコンテンツ送信を停止します。12 時間未満の配信はすべて自動的にアーカイブされます。YouTube Studio ダッシュボードの [ライブ配信] タブでは、過去、配信中、近日配信のストリームにアクセスできます。詳細

「今すぐ配信」と「ライブイベント」を使用する

  1. YouTube のエントリ ポイントを [取り込み設定] からエンコーダにコピーします。
    • ストリーム名 - YouTube サーバー上でストリームを識別するための名前です。
    • プライマリ サーバーの URL - YouTube でストリームを取り込むメインサーバーです。
    • バックアップ サーバーの URL - YouTube でストリームを取り込むバックアップ サーバーです。
    • バックアップの使用をおすすめしますが、配信を行うのに必須ではありません。バックアップを使用すると、上り帯域幅が 2 倍必要になります(冗長なストリーム データを同時に出力するため)。インターネット帯域幅の容量が十分であることをご確認ください。ストリームのバックアップは、物理的に完全に冗長なエンコーダで処理することが理想的です。
  2. YouTube のエンコード推奨設定に沿ってエンコーダを設定します。
  3. 音声ソースと動画ソースを設定します。
  4. エンコードを開始します。[今すぐ配信] では、エンコーダ経由で配信を開始すると自動的に配信が開始されます(同様にエンコーダを停止すると配信が終了します)。
  5. スケジュールされたイベントを使用している場合は、YouTube でもイベントを開始する必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。