通知

@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

自殺、自傷行為、摂食障害に関するポリシー

クリエイター、視聴者、パートナーの皆様の安全は YouTube の最優先事項です。皆様お一人お一人のご協力なくして、このユニークで活気に満ちたコミュニティを守ることはできません。コミュニティ ガイドラインと、YouTube の安全性を維持するという共通の責任においてガイドラインが果たしている役割をご理解いただきたいと思っております。以下のポリシーをよくお読みくださいますようお願いいたします。また、ガイドラインの一覧はこちらのページでご確認いただけます。
: 2023 年 4 月 18 日、YouTube では、一部の視聴者にリスクをもたらす可能性があるデリケートなコンテンツからコミュニティをより確実に保護するために、摂食障害に関するポリシーを更新しました。摂食障害や自傷行為に関するトピックについては、真似されやすいコンテンツや年齢制限のあるコンテンツの削除、または心の健康に関する相談窓口を設けたパネルを表示することがあります。この変更に伴って更新されたポリシーは以下のとおりです。Google の取り組みについて詳しくは、こちらのブログ投稿をご覧ください。

YouTube は、すべてのクリエイターと視聴者の健康と福祉を重視しています。メンタルヘルスに対する意識と理解を高めることは重要なため、うつ病、自傷行為、摂食障害、他のメンタルヘルス問題に関する自身の体験を語るコンテンツの投稿など、自身のストーリーを共有することは YouTube で認められています。

ただし、自殺、自傷行為、摂食障害を助長して視聴者にショックや不快感を与えるコンテンツや、視聴者に多大なリスクをもたらすコンテンツは YouTube で許可されていません。

このようなコンテンツを見つけた場合

誰かに危険が迫っていると思われる場合は、次の方法で対処してください。

  • 地域の緊急サービスに連絡する
  • 動画を報告して YouTube に知らせる

メンタルヘルス、自殺、自傷行為、摂食障害に関連するコンテンツによって悪影響を受けていると感じた場合は、1 人で悩まずに誰かに相談しましょう。次のセクションでは、相談窓口となる関係機関や連絡先情報の一覧を掲載しています。

専門家と話す方法についての一般的なガイダンスについては、地域のヘルプラインにお問い合わせください。

支援が必要な場合

落ち込んでいたり自殺を考えたりしている場合や、自傷行為を行っている場合、摂食障害に悩んでいる場合には、1 人で悩まずに他人の助けを借りましょう。辛い感情に対処するとき、多くの人がこのような問題に直面する可能性があります。メンタルヘルスの専門家に相談することで、治療が必要な精神疾患を患っているかどうかを判断できます。また、健康的で効果的な対処方法を特定し、苦しい感情をコントロールするスキルを身につけることもできます。

自殺および自傷行為のサポート リソース

以下の一覧は、助けを必要としている人を支援している、さまざまな国と地域の機関であり、精神危機に関するサービス パートナーとして一般に認知されています。パートナーシップは国や地域によって異なります。

ウェブサイト findahelpline.comwww.wikipedia.org/wiki/List_of_suicide_crisis_lines を利用すると、この一覧にない地域に合った適切な機関を探すことができます。

オーストラリア

Lifeline Australia

Kids Helpline

13 11 14

1800 55 1800

アルゼンチン Centro de Asistencia al Suicida - Buenos Aires

135(desde Capital y Gran Buenos Aires)

(011)5275-1135(desde todo el país)

ブラジル Centro de Valorização da Vida 188
ベルギー

Centre de Prévention du Suicide /

Zelfmoordlijn 1813

0800 32 123

1813

ブルガリア Български Червен Кръст 02 492 30 30
チェコ共和国 Psychiatrická léčebna Bohnice - Centrum krizové intervence
+420 284 016 666
デンマーク Livslinien 70201201
フランス S.O.S Amitié 09 72 39 40 50
フィンランド Suomen Mielenterveysseura / Kansallinen kriisipuhelin 09-2525-0111
ドイツ Telefonseelsorge 0800-1110111
ギリシャ ΚΛΙΜΑΚΑ 1018
801 801 99 99
香港 香港撒瑪利亞防止自殺會 2389 2222
ハンガリー S.O.S. Telefonos Lelki Elsősegély Szolgálat 06 1 116-123
インド आसरा
AASRA
91-9820466726
アイルランド Samaritans 116 123
イスラエル ער"ן - עזרה ראשונה נפשית 1201
イタリア Samaritans Onlus 800 86 00 22
日本 こころの健康相談統一ダイヤル 0570-064-556
ニュージーランド Lifeline New Zealand 0800 543 354
オランダ Stichting 113Online 0900-0113
シンガポール Samaritans of Singapore 1800-221-4444
スペイン

Telèfon de l'Esperança de Barcelona

Teléfono de la Esperanza

93 414 48 48

717 003 717

韓国 보건복지부 자살예방상담전화 1393
台湾 生命線協談專線 1995
タイ กรมสุขภาพจิต กระทรวงสาธารณสุข 1323
英国 Samaritans 116 123
アメリカ

Suicide & Crisis Lifeline

988 /Chat

YouTube を安心してご利用いただくためのヒントや動画については、クリエイター セーフティ センターをご覧ください。

摂食障害支援リソース

以下は、摂食障害を持つ個人を支援する組織のリストです。これらの組織は、メンタルヘルスの支援パートナーです。パートナーシップは国や地域によって異なります。

米国 NEDA +1 800 931-2237
英国 BEAT Eating Disorders +44 0808 801 0677 イングランド
    +44 0808 801 0432 スコットランド
    +44 0808 801 0433 ウェールズ
    +44 0808 801 0434 北アイルランド
インド Vandrevala Foundation +91 9999 666 555

自殺、自傷行為、摂食障害のコンテンツの投稿に関するコミュニティ ガイドライン

YouTube ユーザーの皆様には、メンタルヘルス、自殺、自傷行為、摂食障害のトピックに関して、率直に意見を述べていただきたいと考えています。

しかし、デリケートなコンテンツについては、一部のユーザーにリスクをもたらす可能性があります。自殺、自傷行為、摂食障害に関連するトピックを含むコンテンツを作成する際は、他のユーザー(特に未成年者や、このようなコンテンツに敏感なユーザー)に与える悪影響について考慮してください。

視聴者や他のユーザーを守り、サポートするため、自殺、自傷行為、摂食障害に関連するコンテンツを作成する際は、以下のコミュニティ ガイドラインを遵守してください。これらのコミュニティ ガイドラインを遵守していない場合は、ユーザーの保護を理由に、違反警告、コンテンツの削除、その他の制限を受けることがあります。詳細

このコミュニティ ガイドラインのポリシーは、動画、動画の説明、コメント、ライブ配信などの YouTube のサービスや機能に適用されます。なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。これらのポリシーは、コンテンツ内の外部リンクにも適用される点にご注意ください。これには、クリック可能な URL、動画内で口頭により外部サイトに誘導するなどの形式が含まれます。

次のようなコンテンツは投稿しないでください。

  • 自殺、自傷行為、摂食障害を助長または美化するコンテンツ
  • 自殺、自傷行為、摂食障害それぞれの方法(それらを隠す方法も含む)の解説
  • 未成年者をターゲットとした、自殺、自傷行為、摂食障害に関連するコンテンツ
  • 自傷行為の生々しい画像
  • 自殺者の遺体の映像(ぼかしがかかっていない、または完全に隠されていないもの)
  • 自殺に至るまでの過程、自殺未遂、自殺からの救助などの映像を十分なコンテキストなしで映した動画
  • 自殺や自傷行為チャレンジ(例: ブルー ホエール チャレンジ、モモチャレンジなど)を促す、またはその手順を示すコンテンツ
  • 十分なコンテキストのない自殺の遺書や手紙
  • 摂食障害のコンテキストで体重を理由にしたいじめを扱うコンテンツ

自殺、自傷行為、摂食障害に関連するコンテンツが次の条件のいずれかに該当する場合、削除ではなく制限が課されることがあります(たとえば、動画上に年齢制限、警告、心の健康に関する相談窓口情報パネルを表示するなど)。なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。

  • 教育、ドキュメンタリー、科学、芸術を目的とするコンテンツ
  • 公共の利益に資するコンテンツ
  • 十分なぼかしが入っている刺激の強いコンテンツ
  • アニメ、ビデオゲーム、ミュージック ビデオ、映画や番組のクリップ(これらは一例です)など、ドラマ化されたり脚本が用意されたコンテンツ
  • 自殺や自傷行為に関する方法、場所、名所などの詳しい説明
  • 自傷行為や自殺の生々しい描写
  • 摂食障害回復のためのコンテンツで、リスクのある視聴者を刺激するような内容を含むもの。

自殺、自傷行為、摂食障害に関するコンテンツを投稿するクリエイター向けのおすすめの方法

自殺や自傷行為に関連するコンテンツでは、視聴者を危害や苦痛から守るため、以下の方法をおすすめします。

  • 自殺した人の姿は見せないようにし、本人や家族のプライバシーを尊重する。詳細
  • 回復、予防、希望のあるストーリーに焦点を当て、ポジティブで支えになる言葉を使う。
  • 自殺や自傷行為の防止と対処方法に関する情報を含める。この情報を動画自体と動画の説明に必ず含めるようにする。
  • 人を扇動するような表現や過激な描写をしない。
  • コンテキストのみを伝え、自殺者がどのように自殺したかについては言及しない。自殺の方法や場所を伝えない。
  • 自殺者の画像が含まれているコンテンツをぼかす。YouTube Studio の [エディタ] で動画にぼかしを入れることができます。詳細

視聴者を危害や苦痛から守るため、摂食障害に関連するコンテンツにおいては以下のベスト プラクティスをおすすめします。

  • 異常な食行動の詳細ではなく、障害がもたらす影響に注目しましょう。
  • 摂食障害は一般的に複雑な合併症を引き起こすと視聴者に伝えましょう。
  • 摂食障害の予防と対処法に関する情報とリソースを含めましょう。動画自体と動画の説明の両方に含めるようにしてください。

このポリシーに違反するコンテンツへの措置

コンテンツがこのポリシーに違反している場合は、そのコンテンツを削除し、その旨をメールで通知します。投稿されたリンクが安全であることを確認できない場合、そのリンクは削除されることがあります。違反している URL が動画内または動画のメタデータにある場合、動画が削除されることがあります。

コミュニティ ガイドライン違反が初めての場合、通常は事前警告を受けるだけで、チャンネルに罰則が適用されることはあまりありません。ポリシーに関するトレーニングを受講すると、事前警告は 90 日後に失効します。ただし、90 日以内に同じポリシーに違反した場合、事前警告は失効せず、チャンネルは違反警告を受けます。トレーニングの完了後に別のポリシーに違反した場合、再び事前警告が発行されます。

90 日以内に違反警告を 3 回受けると、そのチャンネルは停止されます。詳しくは、違反警告システムについての記事をご覧ください。

コミュニティ ガイドラインまたは利用規約に違反する行為を繰り返し行った場合、チャンネルやアカウントが停止されることがあります。また、悪質な不正行為が一度でも行われた場合や、ポリシー違反をチャンネルの主な活動としている場合も、チャンネルまたはアカウントが停止される可能性があります。違反を繰り返すと、今後ポリシーに関するトレーニングを受講できなくなる可能性があります。詳しくは、チャンネルまたはアカウントの停止をご覧ください。

また、コミュニティ ガイドラインに違反するコンテンツのライブ配信を予定していると思われる場合、ライブ配信へのアクセスが制限されることがあります。詳しくは、ライブ配信に関する制限をご覧ください。

警告と支援関連情報

自殺や自傷行為のトピックがコンテンツに含まれている場合、ユーザーに特定の機能や支援関連情報が表示されることがあります。例:

  • 動画の再生が始まる前に、自殺や自傷行為に関連するコンテンツが含まれていることを示す警告が表示される
  • 動画の下のパネルに、自殺防止組織の電話番号などの支援関連情報が記載される

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
2056882811313000480
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
59