ライブ配信に関する制限

次のいずれかに該当する場合、チャンネルのライブ配信機能は自動的に無効となります。

ライブ配信の制限は、90 日間または関連する問題が解決されるまで継続します。チャンネルがライブ配信できるかどうかはこちらでご確認いただけます。どの問題がライブ配信に影響を及ぼしているかを確認するには、チャンネルのイベントページをご覧ください。他のライブ コンテンツと一致している場合は再審査請求ができないため、配信は慎重に行ってください。

注: YouTube は、お客様のコンテンツが過去に YouTube のコミュニティ ガイドラインを満たしていなかった場合に、特定の機能へのアクセスを制限する権利を有します。たとえば、ライブ配信、チャット、コメントなどの機能が制限されることがあります。

広告

利用規約により、ライブ配信にはサードパーティの広告を含めることはできません。これには、焼き込まれたコマーシャル(テレビ番組の動画コンテンツなど)も含まれます。

ライブで配信するすべてのコンテンツは、YouTube のコミュニティ ガイドライン利用規約に準拠している必要があります。コミュニティ ガイドラインに違反するコンテンツをライブ配信していると思われる場合、YouTube はそのライブ配信に年齢制限を設けたり、削除したりする場合があります。また、YouTube は独自の裁量により、クリエイターのライブ配信機能を制限する権利を有します。

ライブ配信が制限されると、アカウントに対しても違反警告を受けることがあります。その場合、3 か月間はライブ配信ができなくなります。アカウントのライブ配信を制限されている方が、別のチャンネルを使用して YouTube でライブ配信を行う行為は禁止されています。これは、アカウントへの制限が有効である限り適用されます。この制限に対する違反は利用規約の迂回とみなされ、アカウントが停止される場合があります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。