有害で危険なコンテンツに関するポリシー

問題行動を促す可能性のある動画について、行動を起こすのは動画ではなく見る側の問題だという考えもありますが、YouTube では、暴力の扇動、深刻な身体的危害あるいは死亡の恐れがある危険行為や違法行為を誘発することが目的のコンテンツを許可していません。

YouTube では、規制対象または違法となる所定の商品やサービスを直接販売しようとするコンテンツ、または販売サイトへのリンク経由で間接的に販売しようとするコンテンツも制限しています。制限対象となる品目には、薬物、処方薬、アルコール、ニコチン製品、オンライン カジノ、偽造書類、盗難クレジット カード情報などが含まれます。

有害で違法行為を助長すると見なされるのは、爆弾の作成手順、窒息ゲーム、覚せい剤の使用など、重傷につながるおそれのある動画です。危険な行為を描写している動画でも、教育、ドキュメンタリー、科学、芸術(EDSA)が主な目的であり、過激な映像でなければ許可されます。たとえば、窒息ゲームの危険性に関するニュース動画は適切であると判断されても、同じドキュメンタリーから抜粋した映像を投稿することは適切だと判断されない可能性があります。

他のユーザーに対して暴力的な行為を扇動するような動画は YouTube では厳しく禁止されています。暴力行為の行使や暴力行為による脅しを他のユーザーに対して促すような動画は、サイトから削除されます。

YouTube では、未成年者を巻き込む有害で危険なコンテンツに対して細心の注意を払って対応しています。有害で危険な行為に未成年者が関与している映像を含む動画は投稿しないでください。未成年者を保護する目的で、けがや死亡のリスクが高い行為を含む動画については、その行為を大人が行っている場合であっても年齢制限を設けることがあります。

動画に年齢制限を設けるか、警告を出すかどうかを決定する際に考慮される内容
  • 問題の行為が重傷や死亡につながるかどうか
  • 問題の行為を行っている個人が訓練されたプロで、けがを防ぐために必要な事前対策がとられているかどうか
  • 未成年者が簡単にまねできる行為かどうか
  • コンテンツを利用して深刻な暴力行為を行える可能性があるかどうか
  • 本質的に教育、ドキュメンタリー、科学、芸術的なものであるかどうか

有害で危険なコンテンツを報告する

問題の動画を報告する: このポリシーを遵守していないと思われる動画や、未成年者にふさわしくないと思われる動画は、動画を報告する機能を使用して報告できます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。