チャットの基本

チャットはデフォルトで有効になり、ライブ配信中に動画プレーヤーの右側に表示されます。ライブ配信が終了すると動画はアーカイブされ、視聴者はチャットを見ながら動画を再生できます。チャットが表示されるのは YouTube の動画再生ページのみです。埋め込みプレーヤーには表示されません。

注: チャンネルまたはライブ配信の視聴者設定を子ども向けとしている場合、チャットは使用できません。

チャットビュー

視聴者は 2 種類のチャットビューをいつでも切り替えることができます。

  • トップチャット: このビューではスパムなどの可能性のあるメッセージがフィルタリングされ、チャットがより読みやすく、使いやすくなります。
  • チャット: このビューはフィルタリングされません。すべてのチャット メッセージがそのまま表示されます。

: 動画エディタでカットされたライブ配信では、チャットのリプレイが表示されません。

チャットバッジ

チャットバッジは、配信者 とモデレーター を区別します。チャンネルでメンバーシップを利用できる場合は、メンバーシップのカスタムバッジを作成し、チャットに表示させることもできます。

メッセージを送信する

チャットに投稿するには、[メッセージを入力] をクリックして入力してから、送信アイコン をクリックします。

チャット フィード内のユーザーに返信する

チャット フィード内のユーザーに返信するには、ユーザーの名前リンクを付けて投稿します。

  1. 「@」を入力します。
  2. ユーザー名の入力を開始します。
  3. ユーザー名を選択します。

メッセージを送信したユーザーのユーザー名がオレンジ色で強調表示されます。名前リンク付きで言及されたユーザーだけが、このオレンジ色のユーザー名を見ることができます。これにより、返信を受け取ったユーザーはチャット フィード内で返信を確認しやすくなります。

メッセージの制限

視聴者が投稿できる文字数は 1 件あたり半角で 200 文字(全角で 100 文字)までです。30 秒ごとに最大 11 件まで投稿できます。イベントのオーナーには、この頻度の制限が適用されません。視聴者は特殊文字、URL、HTML タグなどを投稿に含めることはできません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。