収益化で IFTTT を利用する

YouTube パートナー プログラムに参加している場合、IFTTT(さまざまなアプリ、サービス、デバイスを連携できる、サードパーティの無料ウェブベース サービス)を利用して視聴者に楽しんでもらうことができます。

IFTTT アプレットを使って、ライブ配信中に実際のアクションを自動的にトリガーすることで、支払いをするファンの識別やコミュニティの管理のほか、多くのユニークで楽しい交流が可能になります。IFTTT は現在、次の YouTube 収益化機能と連携しています。

  • Super Chat視聴者が Super Chat メッセージを購入した際にアクションがトリガーされます。
  • チャンネル メンバーシップ視聴者がチャンネル メンバーとして参加した際にアクションがトリガーされます。

IFTTT に関するよくある質問​

この統合の概要

YouTube アカウントと IFTTT を接続すると、接続済みのアプリ、サービス、デバイスを Super Chat やチャンネル メンバーシップとリンクできます。これにより、Super Chat を購入したり、チャンネル メンバーとして参加したりする視聴者は、ライブ配信中に実際のアクションをトリガーできるようになります。
実際のアクションはアプレットによりトリガーされます。アプレットは、オンライン サービス(Google ドライブなど)、ソーシャル メディアのプラットフォーム、インターネットに接続されたデバイス(スマートライトやスマート スイッチなど)を Super Chat やチャンネル メンバーシップとリンクします。Super Chatチャンネル メンバーシップで利用できる既定のアプレットをご覧ください。また、IFTTT について詳しくは、こちらをご参照ください。

デバイスを購入する必要がありますか?

視聴者に向けて作成するインタラクションの種類に応じて異なります。インターネット接続デバイスを購入する必要が生じる場合もありますが、多くの場合は、すでにお持ちのインターネット接続デバイスでも問題なく機能します。
Super Chatチャンネル メンバーシップに関連するおすすめのインタラクションを使用することも、独自のインタラクションを作成することもできます。必要な作業は、アプリ、サービス、デバイスが IFTTT と連動することの確認のみです。

設定方法を教えてください。

まず、YouTube チャンネルを IFTTT と接続する必要があります。
  1. IFTTT アカウントをまだお持ちでない場合は、IFTTT アカウントを作成します。
  2. ライブ配信に使用するのと同じ YouTube のアカウントとチャンネルで YouTube に接続します。
アカウントが接続されたら、アクションをトリガーするアプレットを IFTTT で作成することで、インタラクションを作成できます。または、既存の公開済みアプレットを使用することもできます。

Super Chat 用の IFTTT アプレットを取得または作成する

要件

この機能を有効にするには、次の条件を満たしている必要があります。

既定のアプレットを利用する

さまざまな既定のアプレットから選択できます。表示されるアプレットを利用すれば、視聴者はライブ配信中に実際のアクションをトリガーできるようになり、ユーザーは支払いをするファンの識別やコミュニティの管理などが可能になります。

独自のアプレットを作成する

ユーザーのために機能をカスタマイズしたり、独自のアプレットを作成したりすることができます。独自のアプレットを作成する手順は次のとおりです。
  1. ifttt.com/create にアクセスします。
  2. [+this] をクリックします。
  3. YouTube ロゴを選択します。
  4. 手順に沿って YouTube アカウントに接続します。
  5. トリガーとして [New Super Chat message] を選択し、トリガーにする色を選択します。
  6. [+that] をクリックし、アクション サービスを選択します。
  7. 手順に沿ってそのサービスに接続し、アクションを選択します。
  8. アプレットを確認し、[Finish] をクリックします。

Super Chat のアプレットをテストする方法

アプレットを作成したら、テストする必要があります。アプレットの最も簡単なテスト方法は、メールを経由するやり方です。次の手順でテストを行います。
  1. ifttt.com/create にアクセスします。
  2. [+this] をクリックします。
  3. YouTube ロゴを選択します。
  4. 手順に沿って YouTube アカウントに接続します。
  5. トリガーとして [email] および [Send IFTTT any email] を選択します。
  6. [+that] をクリックし、アクション サービスを選択します。
  7. 手順に沿ってそのサービスに接続し、アクションを選択します。
  8. アプレットを確認し、[Finish] をクリックします。
  9. テストするには、IFTTT のメール アカウントにメールを送信します。問題がなければ、アプレットは数秒以内にトリガーされます。

​クリエイターと視聴者は、YouTube の利用規約コミュニティ ガイドラインを遵守する必要があります。また、著作権や他人のプライバシーの権利を侵害しないようにする必要もあります。

問題のトラブルシューティング

アプレットが機能していない場合は、トリガー、アクション、または IFTTT 自体に問題がある可能性があります。問題が発生している場合は、次の手順をお試しください。
  • デバイスの電源がオンであり、インターネットに接続されていることを確認します。
  • IFTTT に関するアクティビティ フィードを確認します。この情報により、アプレット上でのトリガーの各実行ステータスが判明し、エラーが明確になります。

詳しくは、IFTTT ウェブサイトのトラブルシューティングに関するヒントをご覧ください。

メンバーシップ用の IFTTT アプレットを取得または作成する

要件

この機能を有効にするには、次の条件を満たしている必要があります。

既定のアプレットを利用する

さまざまな既定のアプレットから選択できます。表示されるアプレットを利用すれば、視聴者はライブ配信中に実際のアクションをトリガーできるようになり、ユーザーは支払いをするファンの識別やコミュニティの管理などを行うことが可能になります。

独自のアプレットを作成する

ユーザーのために機能をカスタマイズしたり、独自のアプレットを作成したりすることができます。独自のアプレットを作成する手順は次のとおりです。
  1. ifttt.com/create にアクセスします。
  2. [+this] をクリックします。
  3. YouTube ロゴを選択します。
  4. 手順に沿って YouTube アカウントに接続します。
  5. トリガーとして [New channel membership] を選択します。
  6. [+that] をクリックし、アクション サービスを選択します。
  7. 手順に沿ってそのサービスに接続し、アクションを選択します。
  8. アプレットを確認し、[Finish] をクリックします。

メンバーシップのアプレットをテストする方法

アプレットを作成したら、テストする必要があります。アプレットの最も簡単なテスト方法は、メールを経由するやり方です。次の手順でテストを行います。
  1. ifttt.com/create にアクセスします。
  2. [+this] をクリックします。
  3. YouTube ロゴを選択します。
  4. 手順に沿って YouTube アカウントに接続します。
  5. トリガーとして [email] および [Send IFTTT any email] を選択します。
  6. [+that] をクリックし、アクション サービスを選択します。
  7. 手順に沿ってそのサービスに接続し、アクションを選択します。
  8. アプレットを確認し、[Finish] をクリックします。
  9. テストするには、IFTTT のメール アカウントにメールを送信します。問題がなければ、アプレットは数秒以内にトリガーされます。

クリエイターと視聴者は、YouTube の利用規約コミュニティ ガイドラインを遵守する必要があります。また、著作権や他人のプライバシーの権利を侵害しないようにする必要もあります。

問題のトラブルシューティング

アプレットが機能していない場合は、トリガー、アクション、または IFTTT 自体に問題がある可能性があります。問題が発生している場合は、次の手順をお試しください。
  • デバイスの電源がオンであり、インターネットに接続されていることを確認します。
  • IFTTT に関するアクティビティ フィードを確認します。この情報により、アプレット上でのトリガーの各実行ステータスが判明し、エラーが明確になります。

その他のトラブルシューティングのヒントもご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。