検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

総再生時間に関する最適化のヒント

総再生時間とは、視聴者が動画を見た時間の長さのことです。視聴者がクリックしたものの途中で再生を中止したコンテンツではなく、実際に興味を持って視聴しているのはどのコンテンツなのかを把握できます。

総再生時間は、おすすめ動画を表示するアルゴリズムの指標として使用されています。このアルゴリズムでは、多くのクリック数ではなく長い総再生時間(視聴セッション)を獲得できる動画が優先されます。クリックの後も視聴され続けている動画は、おすすめ動画として表示される回数が増えます。

このアルゴリズムは、視聴者により楽しめるコンテンツをおすすめし、クリエイターに熱心な視聴者を獲得してもらいたいという理念に基づいています。動画を最適化して総再生時間を向上させるため、以下でご紹介するおすすめの方法をお役立てください。

レポートを活用し、何が効果を上げているのか確認する

YouTube アナリティクスを使用すると、どの動画が視聴者の総再生時間を伸ばしているかを確認できます。

  • 総再生時間レポート: どの動画が最も長く再生され、ビュースルー率が高いか確認できます。
  • 視聴者維持率レポート: 総再生時間やビュースルー率の低い動画を確認できます。視聴者維持率グラフの下降が繰り返されるようすを見ることで、視聴者が再生をやめてしまう原因を突き止めることができます。
  • 視聴者の反応レポート: コメント、お気に入り、高評価などといったユーザーの反応を促している動画を確認できます。

タイトルとサムネイルで視聴者を惹きつける

動画がおすすめとして表示されたとき、ユーザーが最初に目にするのが動画のサムネイルとタイトルです。人を惹きつけるコンテンツを作るには、以下のおすすめの方法を参考にしてください。

  • 動画の内容をすぐに把握できる、わかりやすいサムネイルを作成しましょう。
  • 動画の内容を的確に表した、魅力的なタイトルを付けましょう(誤解を招くサムネイルやタイトルは使用しないでください)。
  • 視聴者提供字幕を活用して、タイトル、説明、字幕を翻訳しましょう。

動画を見続けてもらうためのテクニック

  • 動画に効果的な編集を施す。魅力的なオープニングを作成し、編成、ブランディング、構成のテクニックを駆使して、最後まで動画を楽しんでもらえるように工夫してください。
  • チャンネル登録者を増やす。チャンネル登録者は、あなたに特に関心を持ってくれているファンです。新しい動画や再生リストを追加すると、チャンネル登録者に通知されます。
  • 視聴者を取り込む。視聴者にも動画に参加してもらいます。コメントの投稿を呼びかけ、視聴者との交流をコンテンツの一部として取り入れましょう。

コンテンツの整理と編成

  • シリーズ再生リストを活用するなど、チャンネルでコンテンツを上手に整理して紹介し、長時間見続けたくなるような工夫をしましょう。
  • 定期的なリリース スケジュールに従って動画をアップロードして、動画を単独ではなく、複数のセットとして見るように視聴者にすすめます。動画の公開時刻を予約することもできます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。