コミュニティ ガイドラインの違反警告に関する基礎知識

この記事では、コミュニティ ガイドラインの違反警告についてご説明します。コミュニティ ガイドラインの違反警告は著作権侵害とは異なります。著作権侵害の警告について詳しくは、著作権侵害の警告に関する基礎知識をご覧ください。

コミュニティ ガイドラインは、YouTube での行動を定めた「交通ルール」のようなものです。お客様のコンテンツがコミュニティ ガイドラインに違反すると、チャンネルに対して違反警告が発行されます。

場合によっては、コミュニティ ガイドラインの違反以外の理由(プライバシー侵害を受けた本人からの申し立て、裁判所命令など)でコンテンツが削除されることがあります。このような場合、アップロードしたユーザーに対して違反警告は発行されません。

違反警告を受けた場合

違反警告が発行されると、メール、モバイルやパソコンの通知、[チャンネル設定] でお知らせします。お知らせする内容は以下のとおりです。

  • 削除されたコンテンツ
  • 違反したポリシー(ハラスメント暴力など)
  • チャンネルへの影響
  • 対処方法

コンテンツがコミュニティ ガイドラインに違反している場合のチャンネルへの影響は以下のとおりです。

事前警告

通常、初回の違反には事前警告のみを出します。それは、誰しも間違いはあるもの、最初から YouTube のポリシーに違反する意図はないという理解によるものです。事前警告が出されるのは 1 回だけで、この事前警告はチャンネルに残ります。次のコミュニティ ガイドライン違反には、違反警告が発行されます。場合によっては、悪質な嫌がらせ行為を 1 度でも行うと、事前警告なしでチャンネル停止になることがあります。YouTube 側に誤りがあると思われる場合は、再審査請求を行うことができます。

1 回目の違反警告

事前警告を受けた後に再度ポリシーに違反した場合、最初の違反警告が発行されます。

その場合、以下の操作を 1 週間行えなくなります。

  • 動画、ライブ配信、ストーリーのアップロード
  • カスタム サムネイルまたはコミュニティ投稿の作成
  • 再生リストの作成、編集、共同編集者の追加
  • 動画再生ページでの [保存] ボタンを使用した、再生リストの追加または削除
  • プレミア公開中の予告編の表示
  • ライブ配信からプレミア公開へ、またはプレミア公開からライブ配信へと視聴者を誘導すること

機能制限は 1 週間後にすべて自動的に解除されますが、違反警告は 90 日間チャンネルに残ります。

2 回目の違反警告

最初の違反警告から 90 日以内に 2 回目の違反警告を受けるとコンテンツを 2 週間投稿できなくなります。その後問題がなければ、2 週間後にすべての権限が自動的に回復します。ただし、違反警告は発行後 90 日間有効です。

3 回目の違反警告

90 日以内に 3 回目の違反警告を受けると、チャンネルは YouTube から永久に削除されます。繰り返しますが、違反警告は発行後 90 日間有効です。

注: コンテンツを削除しても、違反警告はチャンネルに残ります。また、削除されたコンテンツに対してもコミュニティ ガイドラインの違反警告が発行される場合があります。どのような場合に YouTube が削除されたコンテンツを保持するかについて詳しくは、プライバシー ポリシーをご覧ください。

違反警告を受けた場合の対処方法

引き続き YouTube を利用できるよう、次の対応をお願いいたします。

  1. コミュニティ ガイドラインをご覧いただき、ご自身のコンテンツがポリシーに準拠しているか確認します。
  2. チャンネルが違反警告を受けたことが誤りであると思われる場合は、お知らせください。今回の決定に対する再審査請求は、こちらで行えます。

なお、YouTube は独自の裁量により、クリエイターのコンテンツ作成機能を制限する権利を有します。YouTube のいずれかの機能が無効化または制限されているアカウントが、別のチャンネルを使用して制限を回避する行為は禁止されています。これは、アカウントへの制限が有効である限り適用されます。この制限に対する違反は利用規約の迂回とみなされ、アカウントが停止される場合があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。