YouTube ショートの利用を開始する

YouTube ショートはベータ版です。現時点において、インドにお住まいのクリエイターは、YouTube の最新の短編動画作成ツールである「YouTube ショートカメラ」をご利用いただけます。それ以外のクリエイターが YouTube ショートを利用する場合は、短い縦向き動画(最大 60 秒)をアップロードし、必要に応じてタイトルや説明欄に #Shorts を含めることをおすすめします。

YouTube ショートとは、最大 60 秒までの縦向き動画です。ショート動画は、チャンネルに加え、トップページの [ショート] セクションにも表示される場合があります。視聴者が動画をタップすると、ショート動画用に特別にデザインされた縦向きのレイアウトで再生されます。

短編作成ツールである「YouTube ショートカメラ」を利用すると、複数のクリップを撮影して、最大 15 秒までの動画を簡単に作成できます。また、さまざまなクリエイティブ機能も利用できます。

  • 音楽: 自由に使用できる曲を一覧から選べます。
  • スピード コントロール: 録画速度を速くしたり遅くしたりできます。
  • タイマー: ハンズフリーで録画できる「カウントダウン」や、自動で録画が停止する「停止位置」を設定できます。
注: YouTube ショートカメラを使用して作成されたコンテンツは、15 秒までに制限されています。[ショート] セクションには最大 60 秒までの動画を表示できますが、視聴者が手軽に楽しめる 15 秒の動画を作成することをおすすめします。

YouTube ショートの詳細

ショート動画を録画するにはどうすればよいですか?

YouTube でショート動画を作成するには:

  1. モバイル デバイスで YouTube にログインします。
  2. [作成] をタップします。
  3. [ショート用動画を作成] をタップします。
  4. クリップを録画するには、撮影ボタン を長押しするか、タップして録画を開始し、もう一度タップしてセグメントを終了します。
  5. [元に戻す] white x over gray backward-pointing pentagon をタップすると録画した動画クリップを削除でき、[やり直し] をタップすると削除したセグメントを動画に戻すことができます。
  6. [次へ] をタップすると動画をプレビュー 次の操作 でき、もう一度 [次へ] をタップすると動画に詳細を追加できます。
  7. ショート用動画にタイトル(最大 100 文字)を追加します。
  8. [視聴者層の選択] をタップして、ショートが子ども向けに制作されたコンテンツであるかどうかを選択します。詳細
  9. [アップロード] をタップして終了します。
視聴者はどのようにしてショート動画を見つけるのですか?

YouTube は、コンテンツを視聴者に配信するための新しい方法を常にテストしています。YouTube ショートに関しては、特にこれが当てはまります。現時点において、視聴者がショート動画を見つけられる方法は以下のとおりです。

  • YouTube トップページの [ショート] セクション
  • デフォルトでチャンネル ページに表示
  • [次のおすすめ] モジュールを選択する
  • YouTube を検索する
  • 登録チャンネルのフィードを確認する

[ショート] セクションに表示される機会を増やすには、動画のタイトルに #Shorts を含めることをおすすめします(YouTube ショートカメラを利用している場合)。他のツールで作成したショート動画をアップロードする場合は、タイトルや説明欄に #Shorts を含めます。

YouTube のハッシュタグについて詳しくは、動画検索でのハッシュタグの使用をご覧ください。

ショート動画に音楽を追加するにはどうすればよいですか?

YouTube でショート動画を録画する際に、[音楽を追加] をタップすると、ショート動画に追加できるトラックの一覧を表示できます。こちらの曲は自由に使用できます。

どのような音声をショート動画で使用できますか?
以下の方法で、ショート動画に音楽や音声を追加できます。
  • [音楽を追加] 機能を使用して、さまざまな言語のトラックの一覧から音楽や音声を選択してショート動画の魅力を高めることができます。なお、適切なライセンスを所有している場合を除き、この機能で選択した音楽は個人使用または非営利使用に限定されます。
  • また、利用が許可されている他のショート動画の音声を使用して自分のショート動画を作成できます。詳細
他のツールで作成したショート動画をアップロードする場合、動画内に含まれる著作権で保護された素材に関して、YouTube での使用が許可されていることを確認してください。著作権で保護された素材を適切な権利を得ずに使用すると、Content ID の申し立てを受ける場合があります。また、お客様のショート動画に対して、著作権者が有効かつ完全な著作権侵害による削除通知を送信すると、動画が削除され、著作権侵害の警告を受ける可能性があります。
ショート動画を収益化できますか?
[ショート] セクションにある場合も、YouTube ショート動画プレーヤーで再生される場合も、ショート動画に広告は配信されません。また、ショート動画からは YouTube Premium のサブスクリプション収入も発生しません。
また、ショート動画は YouTube のパートナー プログラムの資格要件に直接寄与しません。ただし、ショート動画を視聴したユーザーがチャンネル登録をした場合は、資格要件を満たすためのカウントに加算されます。
YouTube では、YouTube ショートの機能に関するテストや改善を引き続き進めており、将来的にはショート動画の収益化も行われる可能性があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。