検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

インデックス登録の対象範囲のステータス レポート

新しい Search Console のベータ版

このレポートを使用すると、どのページがインデックス登録されているかや、インデックス登録できなかったページの修正方法を確認できます。グラフの各バーは、Google が認識している URL の合計数を各ステータス(有効、エラーなど)別に表しています。

インデックス登録の対象範囲レポートを開く

 

レポートを共有する

問題の詳細を共有するには、ページで [共有] ボタンをクリックしてください。このリンクでは、現在のページと、この問題についての検証履歴ページへのアクセス権のみが付与されます。リソースのその他のページへのアクセス権は付与されません。また、共有ユーザーは、あなたのプロパティやアカウントに対して操作を実行することもできません。このページの共有を無効にすることで、いつでもリンクを取り消すことができます。

 

確認すべき点

通常は、サイトが拡大するにつれて、有効なインデックス登録済みページの数が徐々に増えていく状態になる必要があります。

  • インデックス登録エラーの急激な増加が見られる場合: テンプレートに変更を加えた際にエラーが混入したか、送信したサイトマップに記載されている URL のクロールがブロックされている(robots.txt や noindex によるブロック、ログインを求めるページによる保護など)ことが原因でエラーが発生している可能性があります。
  • インデックス登録済みページの総数が減少しており、対応するエラーがない場合: robots.txt、「noindex」、認証機能などによって既存のページへのアクセスがブロックされている可能性があります。ブロックされていない場合は、該当ページの数で並べ替えを行って除外の理由を確認し、減少を引き起こしている原因を調べます。
  • インデックス登録されるはずの大量のページがインデックス登録されていない場合: 除外された URL を調べて手がかりを探します。数多くのページが robots.txt や noindex によってブロックされている可能性があります。
こうした URL はどのようにして検出されるか: Google はさまざまな方法で URL を検出しますが、最も一般的なのは、クロール済みのページからリンクをたどる方法と、サイトマップを使用する方法です。こうして検出された中には間違ったリンクが含まれている場合があります(サイトで 404 エラーが発生する原因となります)。また、以前存在していたページが消滅していることもあります。Google では、一度認識した URL のクロールをしばらくの間試みます。これは通常の動作です。URL がクロールされないようにするには、インデックス登録をブロックしたり、アクセスをブロックしたりするか、301 リダイレクト(該当する場合)を使用できます。

最上位のレポート

最上位のレポートには、Google がクロールを試みたサイト上のすべてのページのインデックス ステータスが、ステータス別と理由別にグループ化されて表示されます。

ステータス

各ページは、次の一般的なステータスのクラスのいずれかになります。

  • エラー: ページはインデックスに登録されていません。詳細およびエラーの修正方法については、下記の各エラータイプの説明をご覧ください。最初にこうした問題に集中する必要があります。
  • 警告: ページはインデックスに登録されているか、最近まで登録されていましたが、気を付けておくべき問題があります。
  • 除外: なんらかの理由(通常はユーザーによる対処が不可能)によって、ページはインデックスに登録されていません。こうしたページはインデックス登録処理の途中段階にある可能性があります。また、ページが(noindex ディレクティブなどを使用して)意図的に除外されていて、正しい動作であることもあります。
  • 有効: ページはインデックスに登録されました。

理由

各ステータス(有効、警告、エラー、除外)にはそれぞれ固有の理由があります。表のデータは理由別にグループ化されており、各行には 1 つ以上の URL が記載されています。各ステータス タイプの説明と対処方法については、下のステータス タイプの説明をご覧ください。

検証

この問題に対してユーザーが開始した検証フローのステータスです。「失敗しました」または「開始前」となっている問題を優先する必要があります。

URL 検出方法のプルダウンによる絞り込み

グラフの上にあるプルダウンを使って、Google による URL の検出方法別にインデックス登録の結果を絞り込むことができます。次の値を使用できます。

  • すべての既知のページ(デフォルト) - 検出方法に関係なく Google が検出したすべての URL が表示されます。
  • すべての送信済みページ - Search Console、robots.txt ファイル、またはサイトマップの ping を使用してサイトマップで送信されたページのみが表示されます。
  • 特定のサイトマップ URL - Search Console を使用して送信された特定のサイトマップに記載されている URL のみが表示されます。サイトマップ インデックスの場合、含まれているサイトマップ内のすべての URL がレポートの対象となります。

URL がサイトマップ以外に別の方法(別のページからのオーガニック クロールなど)でも検出された場合、その URL はサイトマップで送信されたとみなされます。

詳細レポート(ステータス別、理由別)

トップページの行をクリックすると、特定のステータス タイプの詳細が表示されます。理由のレポートには次の情報が含まれています。

  • URL を全般的なステータス別(有効、エラー、警告、除外)に表示するグラフ
  • URL をステータス タイプと前回のクロール日時別に表示する

重要: すでに修正済みの URL に問題があると表示される場合、問題の修正が Google による前回のクロール後に行われた可能性があります。そのため、修正済みの URL に問題があると表示されている場合は、その URL のクロール日時を確認します。

  • URL の再クロールが修正のに行われている場合、Google 側で修正を確認できていません。修正を確認し、再クロールを待ちます。
  • URL の再クロールが修正よりに行われている場合、ページが再クロールされるのを待つか、[修正を開始] が表示されていればクリックして問題管理フローに沿って問題を修正します。

ページのトラブルシューティング

  1. 登録エラーの総数やインデックス登録されたページの総数に影響している可能性のある問題の手がかりとして、インデックス登録エラーの総数やインデックス登録の総数と特定のエラーのスパークラインとの間に対応関係がないかを調べます。
  2. 問題を修正します。
    1. URL の表は重大度および警告別にグループ化され、重大度、該当ページの数、およびページが現在確認中かどうかという条件の組み合わせに基づいて並べ替えられています。デフォルトで表示されている順に、問題に対応することをおすすめします。
    2. エラーの増加が見られる場合、上部のグラフでのエラーの急激な増加と同時期に周期的な急増が生じている行を探し、その行をクリックして詳細レポートを確認します(次で説明)。
    3. エラーの行をクリックして詳細ページを表示し、詳細情報を確認します(下記を参照)。該当するエラータイプの説明で、最適な対処方法を確認します。
    4. それぞれの理由のすべての箇所を修正し、各理由の詳細ページで [修正を検証] をクリックして検証をリクエストします。検証についての詳細
    5. 検証が進むと通知が届きますが、数日後にエラーの数が減ったかどうかを自分で再度確認することもできます。
  3. 除外 URL のフィルタを定期的に解除し、該当ページの数で並べ替えて、望ましくない問題がないかを確認します。

ステータスの理由

各ページのステータスについて、考えられる理由は次のとおりです。

「送信されました」と「送信されていません」

インデックス登録の結果に「送信されました」という語が含まれている場合は、その URL をサイトマップで送信することによって、インデックスに登録するよう Google に明示的にリクエストしたことを示します。

エラー


エラーがあるページはインデックスに登録されません。


サーバーエラー(5xx): ページをリクエストしたときに、サーバーから 500 レベルのエラーを返されました。

リダイレクト エラー: URL でリダイレクト エラーが発生しました。リダイレクト チェーンが長すぎる、リダイレクト ループが発生している、リダイレクト URL が最終的に URL の最大長を超えた、リダイレクト チェーンの URL が無効であるなどの可能性が考えられます。

送信された URL が robots.txt によってブロックされました: インデックスに登録するために送信したページが、robots.txt によってブロックされています。robots.txt テスターでページをテストしてみてください。

送信された URL に noindex タグが追加されています: インデックスに登録するために送信したページのメタタグまたは HTML レスポンスに、「noindex」ディレクティブがあります。このページをインデックスに登録するには、タグまたは HTTP レスポンスを削除する必要があります。

送信された URL はソフト 404 エラーのようです: インデックスに登録するために送信したページが、サーバーによってソフト 404 と判断されました。

送信された URL が未承認のリクエスト(401)を返しました: インデックスに登録するために送信したページから、Google が 401(承認されていない)レスポンスを受け取りました。ページの承認要件を削除するか、Googlebot からのアクセスであることを確認して、ページへのアクセスを許可してください

送信された URL が見つかりませんでした(404): インデックスに登録するために送信した URL が存在しませんでした。

送信された URL のクロールに問題があります: インデックスに登録するために送信したページで、上記のいずれにも該当しない不明のクロールエラーが発生しました。Fetch as Google でページをデバッグしてみてください。

警告


ステータスが警告であるページには対応が必要となることがあります。特定の結果に応じて、インデックスに登録されなかった可能性があります。


robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました: このページは robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録されています(Google では、常に robots.txt に従いますが、他のユーザーがこのページにリンクしている場合は robots.txt は使用されません)。このページを検索結果からブロックしてもよいかどうかわからないため、警告としました。このページをブロックしたい場合robots.txt ではインデックス登録を回避できません インデックスに登録されないようにするには、「noindex」を使用するか、auth を使ってページへの匿名アクセスを禁止してください。このページをブロックするルールについては、robots.txt テスターをご利用ください。robots.txt のため、このページに対し表示されるスニペットは最適化されない可能性があります。このページをブロックしたくない場合は、ページのブロックを解除するよう robots.txt ファイルを更新してください。

有効


ステータスが有効であるページはインデックスに登録済みです。

送信して登録されました: インデックスに登録する目的でこの URL を送信し、インデックスに登録されました。

インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません: この URL は Google によって検出され、インデックスに登録されました。重要な URL はすべて、サイトマップを使用して送信することをおすすめします。

インデックス登録されましたが、正規ページとしての登録を検討してください: この URL はインデックスに登録されています。重複する URL があるため、明示的にこの URL を正規 URL として指定することをおすすめします。

Excluded


These pages are typically not indexed, but probably for intentional reasons.


Blocked by ‘noindex’ tag: When Google tried to index the page it encountered a 'noindex' directive, and therefore did not index it. If you do not want the page indexed, you have done so correctly. If you do want this page to be indexed, you should remove that 'noindex' directive.

Blocked by page removal tool: The page is currently blocked by a URL removal request. Removal requests are only good for a specified period of time (see the linked documentation). After that period, Googlebot may go back and index the page, even if you do not submit another index request. If you do not want the page to be indexed, use 'noindex', require authorization for the page, or remove the page. If you are a verified site owner, you can use the URL removals tool to see who submitted a URL removal request.

Blocked by robots.txt: This page was blocked to Googlebot with a robots.txt file. You can verify this using the robots.txt tester. Note that this does not mean that the page won't be indexed through some other means. If Google can find other information about this page without loading it, the page could still be indexed (though this is less common). To ensure that a page is not indexed by Google, remove the robots.txt block and use a 'noindex' directive.

Blocked due to unauthorized request (401): The page was blocked to Googlebot by a request for authorization (401 response). If you do want Googlebot to be able to crawl this page, either remove authorization requirements, or allow Googlebot to access your pages by verifying its identity.

Crawl anomaly: An unspecified anomaly occurred when fetching this URL. This could mean a 4xx- or 5xx-level response code; try fetching the page using Fetch as Google to see if it encounters any fetch issues. The page was not indexed.

Crawled - currently not indexed: The page was crawled by Google, but not indexed. It may or may not be indexed in the future; no need to resubmit this URL for crawling.

Discovered - currently not indexed: The page was found by Google, but not crawled yet.

Alternate page with proper canonical tag: This page is a duplicate of a page that Google recognizes as canonical, and it correctly points to that canonical page, so nothing for you to do here!

Duplicate page without canonical tag: This page has duplicates, none of which is marked canonical. We think this page is not the canonical one. You should explicitly mark the canonical for this page. To learn which page is the canonical, click the table row to run an info: query for this URL, which should list its canonical page.

Duplicate non-HTML page: A non-HTML page (for example, a PDF file) is a duplicate of another page that Google has marked as canonical. Typically only the canonical URL will be shown in Google Search. If you like, you can specify a canonical page using the Link HTTP header in a response.

Google chose different canonical than user: This URL is marked as canonical for a set of pages, but Google thinks another URL makes a better canonical. Because we consider this page a duplicate, we did not index it; only the canonical page is indexed. We recommend that you explicitly mark this page as a duplicate of the canonical URL. To learn which page is the canonical, click the table row to run an info: query for this URL, which should list its canonical page.

Not found (404): This page returned a 404 error when requested. The URL was discovered by Google without any explicit request to be crawled. Google could have learned of the URL through different ways: for example, another page links to it, or it existed previously and was deleted. Googlebot will probably continue to try this URL for some period of time; there is no way to tell Googlebot to permanently forget a URL, although it will crawl it less and less often. 404 responses are not a problem, if intentional. If your page has moved, use a 301 redirect to the new location. Read here to learn more about how to think about 404 errors on your site.

Page removed because of legal complaint: The page was removed from the index because of a legal complaint.

Page with redirect: The URL is a redirect, and therefore was not added to the index.

Queued for crawling: The page is in the crawling queue; check back in a few days to see if it has been crawled.

Soft 404: The page request returns what we think is a soft 404 response. This means that it returns a user-friendly "not found" message without a corresponding 404 response code. We recommend returning a 404 response code for "not found" pages to prevent indexing of the page.

Submitted URL dropped: You submitted this page for indexing, but it was dropped from the index for an unspecified reason.

Submitted URL not selected as canonical: The URL is one of a set of duplicate URLs without an explicitly marked canonical page. You explicitly asked this URL to be indexed, but because it is a duplicate, and Google thinks that another URL is a better candidate for canonical, Google did not index this URL. Instead, we indexed the canonical that we selected. The difference between this status and "Google chose different canonical than user" is that, in this case, you explicitly requested indexing.

 

About validation

After you fix all instances of a specific issue on your site, you can ask Google to validate your changes. If all known instances are gone, the issue is marked as fixed in the status table and dropped to the bottom of the table. Search Console tracks the validation state of the issue as a whole, as well as the state of each instance of the issue. When all instances of the issue are gone, the issue is considered fixed. (For actual states recorded, see Issue validation state and Instance validation state.)

More about issue lifetime...

An issue's lifetime extends from the first time any instance of that issue was detected on your site until 90 days after the last instance was marked as gone from your site. If ninety days pass without any recurrences, the issue is removed from the report history.

The issue's first detected date is the first time the issue was detected during the issue's lifetime, and does not change. Therefore:

  • If all instances of an issue are fixed, but a new instance of the issue occurs 15 days later, the issue is marked as open, and "first detected" date remains the original date.
  • If the same issue occurs 91 days after the last instance was fixed, the previous issue was closed, and so this is recorded as a new issue, with the first detected date set to "today".

Basic validation flow

Here is an overview of the validation process after you click Validate Fix for an issue. This process can take several days, and you will receive progress notifications by email.

  1. When you click Validate Fix, Search Console immediately checks a few pages.
    • If the current instance exists in any of these pages, validation ends, and the validation state remains unchanged.
    • If the sample pages do not have the current error, validation continues with state Started. If validation finds other unrelated issues, these issues are counted against that other issue type and validation continues.
  2. Search Console works through the list of known URLs affected by this issue. Only URLs with known instances of this issue are queued for recrawling, not the whole site. Search Console keeps a record of all URLs checked in the validation history, which can be reached from the issue details page.
  3. When a URL is checked:
    1. If the issue is not found, the instance validation state changes to Passing. If this is the first instance checked after validation has started, the issue validation state changes to Looking good.
    2. If the URL is no longer reachable, the instance validation state changes to Other (which is not an error state).
    3. If the instance is still present, issue state changes to Failed and validation ends. If this is a new page discovered by normal crawling, it is considered another instance of this existing issue.
  4. When all error and warning URLs have been checked and the issue count is 0, the issue state changes to Passed. Important: Even when the number of affected pages drops to 0 and issue state changes to Passed, the original severity label will still be shown (Error or Warning).

Even if you never click "start validation" Google can detect fixed instances of an issue. If Google detects that all instances of an issue have been fixed during its regular crawl, it will change the issue state to "N/A" on the report.

When is an issue considered "fixed" for a URL or item?

An issue is marked as fixed for a URL when either of the following conditions are met:

  • When the URL is crawled and the issue is no longer found on the page. Note that for an AMP tag error, this can mean that you either fixed the tag or that the tag has been removed (if the tag is not required). During a validation attempt, it will be considered as "passed."
  • If the page is not available to Google for any reason (page removed, marked noindex, requires authentication, and so on), the issue will be considered as fixed for that URL. During a validation attempt, it is counted in the "other" validation state.

Revalidation

When you click Revalidate for a failed validation, validation restarts for all failed instances, plus any new instances of this issue discovered through normal crawling.

You should wait for a validation cycle to complete before requesting another cycle, even if you have fixed some issues during the current cycle.

Instances that have passed validation (marked Passed) or are no longer reachable (marked Other) are not checked again, and are removed from the history when you click Revalidate.

Validation history

You can see the progress of a validation request by clicking the validation details link in the issue details page.

Items in validation history are grouped by URL for the AMP report and Index Status report. In the Jobs report or other structured data reports, items are grouped by the combination of URL + structured data item (as determined by the item's Name value).

Issue validation state

The following validation states apply to a given issue:

  • Not started: There are one or more pages with an instance of this issue that you have never begun a validation attempt for. Next steps:
    1. Click into the issue to learn the details of the error. Inspect the individual pages to see examples of the error on the live page using the AMP Test. (If the AMP Test does not show the error on the page, it is because you fixed the error on the live page after Google found the error and generated this issue report.)
    2. Click "Learn more" on the details page to see the details of the rule that was violated.
    3. Click an example URL row in the table to get details on that specific error.
    4. Fix your pages and then click Validate fix to have Google recrawl your pages. Google will notify you about the progress of the validation. Validation takes anywhere from a few days up to about two weeks, so please be patient. 
  • Started:  You have begun a validation attempt and no remaining instances of the issue have been found yet. Next step: Google will send notifications as validation proceeds, telling you what to do, if necessary.
  • Looking good: You started a validation attempt, and all issue instances that have been checked so far have been fixed. Next step: Nothing to do, but Google will send notifications as validation proceeds, telling you what to do.
  • Passed: All known instances of the issue are gone (or the affected URL is no longer available). You must have clicked "Validate fix" to get to this state (if instances disappeared without you requesting validation, state would change to N/A). Next step: Nothing more to do.
  • N/A: Google found that the issue was fixed on all URLs, even though you never started a validation attempt. Next step: Nothing more to do.
  • Failed: A certain threshold of pages still contain this issue, after you clicked "Validate." Next steps: Fix the issue and revalidate.

Instance validation state

After validation has been requested, every known issue instance is assigned one of the following validation states for a specific issue (states Passed and Other not used in Index Status report):

  • Pending validation: Queued for validation. The last time Google looked, this issue instance existed.
  • Passed: Google checked for the issue instance and it no longer exists. Can reach this state only if you explicitly clicked Validate for this issue instance.
  • Failed: Google checked for the issue instance and it's still there. Can reach this state only if you explicitly clicked Validate for this issue instance.
  • Other: Google couldn't reach the URL hosting the instance, or (for structured data) couldn't find the item on the page any more. Considered equivalent to Passed.

Note that the same URL can have different states for different issues; For example, if a single page has both issue X and issue Y, issue X can be in validation state Passed and issue Y on the same page can be in validation state Pending.

 

既知の問題

この新しい Search Console のベータ版には、次のような既知の問題があります。こうした問題について報告していただく必要はございませんが、その他の機能についてのご意見や、発見した問題がありましたら、ナビゲーション バーのフィードバック機能を使ってお知らせください。

  • インデックス登録のデータは毎日更新ではないため、データに数日の遅れがある場合や、一部のデータ点が補間されている場合があります。
  • グラフには過去 90 日間のデータが表示されますが、現時点では表示されるデータがそれより少ない場合があります。
  • サイトマップのプルダウンによる絞り込みには、Search Console または robots.txt のディレクティブで送信されたサイトマップのみが表示されます。
  • ステータスの一覧は現在見直しが進められており、変更される可能性があります。例を以下に示します。
    • 「エラー」のラベルが付いた項目には、異なる種類のレスポンスが混在しています(4xx と 5xx)。
    • 「詳細不明の理由により削除されました」または「その他」となっている項目は無視して差し支えありません。
  • 現時点では、特定の理由の行をクリックすると従来の Search Console のツールに移動します。この動作は今後改善される予定です。
  • モバイル版は現在開発中です。
  • プロパティ セットとモバイルアプリのプロパティはまだサポートされていません。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false