Google アナリティクスを導入する

 

Google タグ マネージャーは、Google アナリティクスと密接に統合されています。タグ マネージャーを使用して、Google アナリティクス タグを設定したり、設定したタグを導入したりすることができます。

Google アナリティクス設定変数

Google アナリティクス設定変数は、複数のタグで使用される共通の Google アナリティクス設定を一元的に設定、共有するために、ウェブとモバイル(Firebase)コンテナのユニバーサル アナリティクス タグで使用されます。ユニバーサル アナリティクスを使用して Google アナリティクス タグを作成すると、Google アナリティクス設定変数を選択または作成するよう求めるメッセージが表示されます。

ほとんどのユーザーは、Google アナリティクス トラッキング ID のみを含む Google アナリティクス設定変数をまず使用します。同じ Google アナリティクス トラッキング ID を使用するタグを追加設定する場合、この変数を使えば ID を再入力せずに済みます。詳細設定には、カスタム フィールド、カスタム ディメンションとカスタム指標、またはクロスドメイン トラッキングなどがあり、この変数を使用するタグ同士でこれらの設定が共有されます。Google アナリティクス設定変数はいくつでも作成でき、それぞれにカスタム設定を指定して、似たようなタグ同士で共有させることができます。詳しくは、タグ設定についての詳細をご覧ください。

タグに Google アナリティクス設定変数を使用すると、設定をタグごとにオーバーライドできます。指定したタグのパラメータのみを変更するには、[このタグでオーバーライド設定を有効にする] を使用します。この機能を使用して、別の Google アナリティクス トラッキング ID を入力したり、サポートされている設定を有効または無効にしたり、変更したりすることができます。

このオーバーライド機能を使用すると、Google アナリティクス タグに対して、Google アナリティクス設定変数で設定した同じ設定をすべて使用しながら、別のトラッキング ID にデータを送信することができます。
一貫して同じ設定を同じようにオーバーライドする場合は、冗長さを省くため、新しい Google アナリティクス設定変数を作成することをおすすめします。

新しい Google アナリティクス タグの作成

新しい Google アナリティクス タグを設定するには:

  1. [ワークスペース] の [サマリー] ページで [新しいタグ] をクリックします。または、コンテナ内から [タグ] 次へ [新規] の順にクリックします。新しいタグの設定画面が表示されます。
  2. [タグの設定] をクリックし、[ユニバーサル アナリティクス] を選択します。
  3. 目的の [トラッキング タイプ] を選択します(たとえば、ユーザーがどのページにアクセスするかを調べる場合は、ウェブサイトにページビューを使用し、プロモーションのボタンをクリックするなどの特定のインタラクションを測定する場合は、イベントを使用します)。
  4. Google アナリティクス設定変数を選択する、または新しく作成するには:
    • すでに設定されている Google アナリティクス設定変数を再利用するには:
      1. メニューから目的の変数を選択します。Google アナリティクス トラッキング ID とその変数のすべての設定がタグに適用されます。
    • 新しい Google アナリティクス設定変数を設定するには:
      1. [新しい変数…] を選択します。
      2. [変数の設定] 画面で、Google アナリティクス トラッキング ID を入力します。
      3. Cookie ドメイン: analytics.js またはタグ マネージャーを通してサイトに他の Google アナリティクス タグを導入していない場合は、この値を「auto」に設定してください。サイトまたはタグ マネージャーで他の Google アナリティクス タグを設定している場合は、Cookie ドメインの値が一致していることを確認してください。
      4. カスタム フィールド、ディメンション、指標、コンテンツ グループ、ディスプレイ広告機能、拡張 e コマース機能、クロスドメイン トラッキングなどの追加設定が必要な場合は、[詳細設定] をクリックして関連するフィールドを設定します。
      5. [保存] をクリックします。
      6. 変数の名前の変更がまだ済んでいない場合は、名前を変更するように求められます。デフォルト設定を使用するか、自分で名前を入力するかを選択できます。[保存] をクリックしてタグの設定を完了します。
  5. [トリガー] をクリックして、タグの配信に使用するトリガーを選択します。既存のトリガーを選択するか、+ アイコンをクリックして新しいトリガーを定義します。

Google アナリティクス タグを設定する

Google アナリティクス タグは、Google タグ マネージャー内で設定することで、コードを手動で実装する場合と同じ機能を持たせることができます(注: 現在、ユニバーサル アナリティクスのカスタム プラグインは、Google タグ マネージャーではサポートされていません)。設定は、[詳細設定] メニューから行います。

設定するフィールド: ハードコーディングされたカスタム Google アナリティクス タグでは、create()set() API コールを使用して、トラッカーの作成とカスタム設定の追加を行います。タグ マネージャーでは、[設定するフィールド] を使用してこの機能を再現します。フィールド名と値を追加するには、[+ フィールド] ボタンを使用します。

カスタム ディメンション: カスタム ディメンションを追加するには、[+ カスタム ディメンションを追加] ボタンを使用します。各エントリのインデックスとディメンションの値を指定します。カスタム ディメンションの使用についての詳細

カスタム指標: カスタム指標を追加するには、[+ カスタム指標を追加] ボタンを使用します。各エントリのインデックスおよび指標の値を指定します。カスタム指標の使用についての詳細

コンテンツ グループ: カスタム コンテンツ グループを追加するには、[+ コンテンツ グループの追加] ボタンを使用します。各エントリのインデックスとコンテンツ グループを指定します。コンテンツ グループの使用についての詳細

ディスプレイ広告向けの機能: ユーザー属性レポートやインタレスト カテゴリ レポート、リマーケティング、DoubleClick 統合などの機能を有効にします。Google アナリティクスのインターフェースで、対応する設定も行う必要があります。ディスプレイ広告向けの機能についての詳細プライバシー ポリシーへの影響についての詳細

拡張 e コマース: ユーザーがオーダーに商品を追加した、決済手続きを開始した、購入を完了したなどの e コマースに関連する操作を確認できるデータを送信します。また、e コマースの目標到達プロセスから離脱したユーザーのセグメントを識別することもできます。詳細

クロスドメイン トラッキング: 異なる複数のトップレベル ドメインを 1 つのエンティティとしてトラッキングし、複数のトップレベル ドメインのデータを同じ Google アナリティクス レポートにまとめます。詳しくは、クロスドメイン トラッキングについての詳細をご覧ください。その他のオプションは次のとおりです。

  • 自動リンクドメイン: ドメインをカンマで区切って入力し、複数のドメイン間でクライアント ID を自動的に共有します。
  • 区切り文字としてハッシュを使用: 疑問符(?)の代わりに番号記号(#)を使用し、Cookie 値を URL に付け加えます。true または false に設定するか、true または false を返すタグ マネージャー変数に設定してください。
  • 装飾フォーム: フォームの操作にトラッキング情報を追加します。true または false に設定するか、true または false を返すタグ マネージャー変数に設定してください。

高度な設定: 拡張機能を提供します。経験豊富なユーザーのみ使用することをおすすめします。

  • グローバル関数名: ユニバーサル アナリティクス タグで使用されるグローバル関数の名前を変更します。詳細
  • デバッグ バージョンを使用: Google アナリティクスでは、詳細なメッセージを JavaScript コンソールに記録するデバッグ バージョンの analytics.js ライブラリを提供しています。true または false に設定するか、true または false を返すタグ マネージャー変数に設定してください。詳細
  • 拡張リンクのアトリビューションを有効化: 拡張リンクのアトリビューションを使用すると、ページ解析レポートの精度が向上します。ページに同じ URL へのリンクが複数含まれている場合に、各リンクに一意の要素 ID が追加されます。true または false に設定するか、true または false を返すタグ マネージャー変数に設定してください。詳細
  • トラッカー名を設定する: タグ マネージャーでは、名前が付いたトラッカーの使用はおすすめできません。詳細

タグ設定

一度実装すると、Google タグ マネージャーから Google アナリティクス タグを導入できるため、ウェブサイトやアプリのソースコードを変更することなく、さまざまなタグ設定を柔軟に導入できるようになります。タグ マネージャーで設定できる Google アナリティクス設定には、次のような例があります。

  • 基本的なウェブページ上のアクティビティ: 最も一般的な Google アナリティクスの実装です。タグのトラッキング タイプで [ページビュー] を選択し、すべてのページでタグを配信するようにトリガーを設定します。
  • Google アナリティクス イベント: タグ マネージャーを使用して、ウェブページ上のリンクやボタンのクリックなどのイベントをトラッキングする Google アナリティクス タグを設定、導入できます。詳細
  • 複数のドメインにまたがるトラッキング: タグ マネージャーを使用して、複数のドメインをまたいでユーザーをトラッキングします。詳細
  • e コマース トラッキング: e コマース イベントをトラッキングし、拡張 e コマースを実装します。
  • 動的リマーケティング: Google アナリティクスを使って動的リマーケティングを実装します。

関連資料

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。