予算入札戦略を使用した予算管理

予算管理について

予算管理では、プランの作成や、予算編成、レポートの作成のタスクを検索広告 360 内で行うことで、データをスプレッドシートにエクスポートすることなく、シームレスに支出額を管理し、キャンペーンの成果を把握することができます。

まず、各キャンペーンを、ビジネス構造や広告対象、ブランド、商品区分に基づく予算グループに整理することで、年度単位、四半期単位、月単位、週単位の広告費用を検索広告 360 内で管理できるようになります。次に、予算プランを作成して、特定の期間にいくら支出するかを定義します。

キャンペーンを予算グループに整理する

検索広告 360 内で予算を管理するには、まず、対象区分が同じキャンペーンを予算グループに整理します。たとえば、冷蔵庫やストーブを販売している場合は、家電を宣伝するすべてのキャンペーンを含む予算グループを 1 つ作成します。高級ホテルとビジネスホテルの両方のブランドを宣伝している場合は、さまざまなキャンペーンを「高級ホテル」と「ビジネスホテル」の予算グループに整理します。

1 つの予算グループに対して、サポートされている検索エンジン アカウントを横断して複数のキャンペーンを追加することができます。つまり、Google 広告、Microsoft Advertising、Yahoo! JAPAN など、さまざまなアカウント タイプのキャンペーンを同一のグループに含めることができます。ただし、各キャンペーンが同じ通貨を使用している必要があります

1 つの予算グループに複数のキャンペーンを追加することは可能ですが、1 つのキャンペーンを同時に複数の予算グループに所属させることはできません。

Diagram of 2 budget groups in an advertiser. Each budget group contains 3 or 4 campaigns and 2 or 3 quarterly budget plans impact campaign budgets

サポートされているキャンペーン タイプ

金額の管理方法に関係なく、サポートされているすべてのキャンペーン タイプを 1 つの予算グループに含めることができます。たとえば、日付単位のキャンペーン予算は手動でも自動でも管理可能で、支出ペースも「標準の広告配信」と「広告配信の集中化」のいずれでも選択できます。

2019 年 10 月 7 日より、Google 広告で [広告配信の集中化] が使われているすべての検索キャンペーンとショッピング キャンペーンが、[標準の広告配信] に切り替えられました。[広告配信の集中化] オプションは引き続き検索広告 360 で使用できますが、Google 広告キャンペーンでは [標準の広告配信] が使用されます。詳細

グループに含めるキャンペーンを指定する際は、キャンペーンの名前や、キャンペーンに適用したラベル、カスタム ビジネスデータなど、キャンペーン セットを一意に識別する条件を使用します。

予算プランで支出額を設定する

予算プランでは基本的に、予定支出額と、予算を使って広告目標を達成する期間(週、月、四半期、年)を指定します。

予算プランを作成すると、推定支出額グラフ、予算ペースグラフ、予算割り当て表が作成されます。これにより、累計支出額を視覚的に把握し、指定期間の予算消費ペースを確認することができます。グラフと割り当て表を利用することで、支出額に応じた掲載結果をトラッキングしてレポートを作成したり、プラン期間内の区分ごとに推定支出額を表示したり、1 つまたは複数の中間目標を設定したりすることができます。

予算入札戦略を使用して予算管理を自動化する

検索広告 360 では、予算入札戦略を使用して、個々のキャンペーンの予算、入札単価、入札単価調整の割り当てと再設定を自動的に行うことで、プラン期間中の支出額を最適化できます。詳細

検索広告 360 予算入札戦略を使用して支出額を管理していない限り、検索広告 360 がキャンペーン予算(および入札単価)を自動的に変更することはありません。

注:

共有予算(エンジンが提供している自動支出額割り当て方法)を使用しているキャンペーンは、予算入札戦略によって最適化することはできません。予算入札戦略を有効にして支出額を最適化する予定の場合は、この点にご注意ください。予算入札戦略を使用して割り当てや支出を自動化する手順についてご確認ください。

 

Example budget pacing chart with actual, estimated, and target spend

予算ペースグラフは、プラン期間中の推定支出額、目標支出額、実支出額をグラフで表示します。

予算割り当て表

予算割り当て表には、週単位または日付単位で分割した総予算、推定と実際の累計額、推定と実際の重要業績評価指標(収益、クリック数、CPA、コンバージョン数など)が表示されます。

 

Budget allocation table in new budget plan.  $750000 allocated weekly from April 1 to April 30.

検索広告 360 は、過去の掲載結果データを基に掲載結果を推定し、各予算プラン内の推奨割り当て額の提示のみを行います。

予算管理に関するレポート

検索広告 360 では、すべての予算グループおよびキャンペーン、個々の予算グループ、個々の予算プランを対象にして掲載結果のレポートを作成できます。これにより、実際の支出額とターゲット予算を比較できます。詳しくは、予算に関するレポートの作成についての説明をご覧ください。

予算グループの掲載結果に関するレポートを表示できるのは、予算管理内に限られます。

予算管理の主なメリット

予算管理の主なメリットは次のとおりです。

  • 広告主内のすべての予算グループの目標支出額、推定支出額、重要業績評価指標(CPA や収益など)をグラフ化し、予算と掲載結果のペースを簡単に確認できます。
  • 必要に応じて、予算入札戦略を使用して、予算割り当て、入札単価、入札単価調整を自動的に設定できます。
  • レポートの表で、広告主内のすべての予算グループ、予算プラン、およびその掲載結果を一覧表示できます。
  • 掲載結果履歴データと目標を使用して、支出額や他の目標を推定できます。初期割り当てを推定する場合は、過去の掲載結果を基に季節的な傾向を組み込むこともできます。
  • さまざまな目標や割り当てに基づいて推定累計支出額を算出し、目標支出額がそのキャンペーン グループの支出額履歴の範囲内に収まっているかどうかを示すことができます。
  • 日付単位、週単位、月単位、四半期単位、年単位の予算レポートを作成することで、最適な予算割り当てを導き出し、支出ペースを確認できます。
予算管理は、予算ペースレポートの後継となる支出額レポートツールです。詳しくは、予算管理を使用して予算ペースレポートを再作成するをご覧ください。

サポートされている機能とサポートされていない機能

予算管理コンポーネントで使用できる検索広告 360 機能の概要を以下に示します。

サポートされている機能

  • 目標 - 予算プランを作成するには、コンバージョン目標または目標クリック数が必要です。
  • 一括編集 - 管理画面または一括送信シートを使用して、1 つの予算グループに対して複数のキャンペーンの追加や削除を行うことができます。
  • ビジネスデータとフィルタ - ビジネスデータを使用して、予算グループに含めるキャンペーンのリストをフィルタリングすることができます。
  • 検索エンジンのみ - 予算グループのメンバーになることができるのは、検索エンジン キャンペーンに限られます。エンジン トラッキング キャンペーンやソーシャル エンジン キャンペーンを予算グループに含めることはできません。
  • 変更履歴 - 予算管理に関する一部の変更は、変更履歴レポートに記録されます。たとえば、予算グループ、プラン、予算、入札単価、入札単価調整に関する変更などが記録されます。
  • 1 か月の費用の予算入札戦略 - 1 か月の費用の入札戦略は予算入札戦略に置き換えられます。予算入札戦略では、週ごと、四半期ごと、またはカスタマイズした期間の費用を最適化することもできます。詳細

サポートされていない機能

  • ルール - ルールを使用して、予算グループに対するキャンペーンの追加や削除、予算の変更を行うことはできません。
  • エグゼクティブ レポート - エグゼクティブ レポート内では、予算グループや予算プランの掲載結果を利用することはできません。
  • 入札戦略 - 入札戦略を予算グループや予算プランに適用することはできません。代わりに、予算プラン内で予算入札戦略を作成して、予算や、入札単価、入札単価調整の変更を自動化することができます。
  • キャンペーンのコピー - 予算グループ、予算プラン、予算入札戦略はコピーされません。

予算管理を使用する手順の概要

  1. 予算グループを作成し、キャンペーンを追加します。
  2. 1 つ以上の予算プランを作成し、予算入札戦略を有効にして予算の自動化を有効にします。

 

次のステップ

  1. 予算グループを作成します。
  2. 予算プランを作成します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。