ビジネスデータを使ってキャンペーンを管理する

検索広告 360 のビジネスデータの概要

検索広告 360 のビジネスデータを使用すると、ビジネスに関する情報を基にレポートを作成して分析したり、キャンペーン管理を自動化したりできます。

Business data in DoubleClick Search

レポートを作成して分析する

ビジネスデータを使用すれば、ビジネスの構造に合わせてレポートを作成できます。検索マーケティング レポートを、既存のキャンペーンや広告グループの構造に無理に合わせる必要はありません。手順は次のとおりです。

  1. ビジネスデータを定義して、ビジネスがどのような構造になっているかを 検索広告 360 に伝えます。
    たとえば、チェーン展開するホテルを宣伝する場合であれば、各ホテルの地域、都市、地区などをアップロードできます。また、ホテルのサービスや料金に焦点を当ててレポートを作成したい場合は、ホテルのサービスや料金のデータをアップロードできます。

  2. ラベルの適用と同じ要領で、ビジネスデータを検索広告 360 のアカウントやキャンペーンなどの項目に適用します。
    Apply Business Data to campaigns.

  3. ビジネスデータに沿ってピボットするレポートを作成します。
    たとえば、地域別、都市別、地区別に、ホテルのインプレッション数、クリック数、コンバージョン数を比較できます。
    Create reports that pivot along the same lines as your Business Data.

キャンペーン管理を自動化する

アップロードしたビジネスデータは、マーケティングでの意思決定にも利用できます。また、検索広告 360 に自動化ルールを設定し、データの変化に応じて処理を変更することもできます。

たとえば、ホテルを宣伝する際、残室数に応じてキャンペーンを停止したり再開したりしたい場合は次のようにします。

  • 各ホテルの残室数の情報をビジネスデータに追加します。

  • 自動化ルールを作成して毎日実行し、ホテルの残室数が少なくなってきたらキャンペーン、広告グループ、キーワードを停止します。

ビジネスデータとラベルの違い

ビジネスデータはラベルと比べて、以下のような利点があります。

  • ビジネスデータは検証されます。ラベルとは異なり、検索広告 360 の項目に適用するビジネスデータは、表記や句読点が一貫しているかどうかが 検索広告 360 で確認されます。一方、ラベルに誤字がある場合や、句読点の付け方が異なる場合は、別のラベルとみなされます。
     
  • ビジネスデータは必要に応じて簡単に更新できます。最初にアップロードするデータが十分に詳細でなくても、必要に応じていつでも、詳細なデータを追加で適用できます。
     
  • ビジネスデータを使ってレポートの分割グループ化(ディメンション)をすることができます。これはラベルではできません。

ラベルとビジネスデータの比較についてのページをご覧ください。

ビジネスデータを適用できる項目

ビジネスデータは、検索広告 360 の以下の項目に適用できます。

  • エンジン アカウント

  • キャンペーン

  • 広告グループ

  • キーワード

ビジネスデータを広告に直接適用することもできますが、ビジネスデータを直接適用した広告については [ディメンション タブ] でレポートを作成できません。なお、ビジネスデータを広告グループに適用すると、そのデータを広告に継承できます。

利用を開始する

  1. 検索広告 360 で使用するビジネスデータを定義します。

  2. ビジネスデータを入力またはアップロードします

  3. アカウント、キャンペーンなどの項目ビジネスデータを適用します。

  4. ビジネスデータに基づいてピボットするレポートを作成したり、データの変化に応じて処理を変更する自動化ルールを作成したりします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。