loyalty_points [ポイント]

loyalty_points [ポイント] 属性を使うと、商品を購入した買い物客がどのポイントを何ポイント獲得できるかを指定できます。

使用する場面

日本向けの商品では省略可

販売対象地域が日本で、かつ購入に対してポイントを付与する場合は、loyalty_points [ポイント] を使用してポイントの情報を登録します。

この loyalty_points [ポイント] 属性には次の 3 つのサブ属性があります。

  • name [プログラム名](省略可)
    ポイントプログラムの名称(全角 12 文字または半角 24 文字まで。例: プログラム A)。
  • points_value [ポイント価値](必須)
    商品を購入した買い物客に付与されるポイントの数量(例: 100)。
  • ratio [還元率](省略可)
    ポイントを通貨に換算するときの割合(例: 0.5)。値を指定しない場合、デフォルトの 1.0 となります。

形式

登録したデータを Google が認識できるようにするため、以下の入力形式に関するガイドラインに沿って設定してください。

Unicode 文字(推奨: ASCII のみ)
繰り返しフィールド 不可
 
ファイル形式 入力例
テキスト フィード

name [プログラム名]points_value [ポイント価値]ratio [還元率] を、コロン(:)で区切って記述します。引用符は使用できません。値が空白であってもコロンを入力する必要があります。つまり、コロンは 2 つ必要です。属性は優先度の高い順に指定してください。

たとえば、プログラム A に 0.5 通貨単位相当の 100 ポイントを付与する場合、次のように登録します。

プログラム A:100:0.5

デフォルトの 1.0 通貨単位相当を指定するには、コロンを入力し、値は空欄とします。

プログラム A:100:

100 ポイントのみで登録するには、コロンを入力し、指定しない値は空欄にします。

:100:
XML フィード

<g:loyalty_points>

  <g:name>プログラム A</g:name>

  <g:points_value>100</g:points_value>

  <g:ratio>1.0</g:ratio>

</g:loyalty_points>


形式の API については、Content API for Shopping をご覧ください。

ガイドライン

高品質な商品データを登録して広告の効果を最大限に高めるため、以下のガイドラインに沿って設定してください。

最小要件

商品の広告を表示するには、次の要件を満たしている必要があります。これらの要件を満たしていない場合は商品が不承認となり、お客様の Merchant Center アカウントの [診断] ページに通知が表示されます。

  • この属性には最小要件はありませんが、 ガイドラインに従っていない場合は、登録した情報を使用できなくなる点にご注意ください。

おすすめの方法

ここでは、商品データの基本的な要件を満たしたうえで、さらに効果を上げるための最適化方法を紹介します。

  • 一定の金銭的価値があるポイントを登録してください。サポートされるポイントは、金銭的価値があるものに限られます。サポートされないポイントの例: マイレージ、物品との引き換えのみが可能なポイント。
  • 自社で付与しているポイントを登録してください。自社でポイントを付与しているのであれば、業種をまたぐものでもかまいません。サポートされないポイントの例: クレジットカードや電子マネーに関連するポイント

テキスト フィード

サブ属性(name [プログラム名]points_value [ポイント価値]ratio [還元率])をコロン(:)で区切って入力します。

例: Google ポイント プログラムで、1 ポイントが「0.5 通貨単位」相当のポイントを「100 ポイント」付与する場合:

Google ポイント:100:0.5

ポイントの価値をデフォルトの「1.0 通貨単位」相当にするには、コロンを入力し、値は空欄とします。

Google ポイント:100:

「100 ポイント」のみで登録するには、コロンを入力し、指定しない値は空欄にします。

:100:

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。