ID [id]

ID [id] 属性を使用すると、それぞれの商品を一意に識別できます。この ID はオンラインで商品を見ているユーザーには表示されません。販売者が商品を検索したり、入札単価を設定したり、商品の掲載結果を確認したりするために使用できます。商品の SKU をこの値に指定することをおすすめします。

使用場面

ショッピング広告では必須ですが、Shopping Actions では省略可です。

形式

登録したデータを Google が認識できるようにするため、以下の入力形式に関するガイドラインに沿って設定してください。

英語で値を登録するケースとその方法について詳しくは、商品データの登録方法をご覧ください。

Unicode 文字(推奨: ASCII のみ): 英数字、アンダースコア、ダッシュ
制限 1~50 文字
繰り返しフィールド 不可
Schema.org のプロパティ
説明
Product.sku、タイプ: Text
 
ファイル形式 値の例
テキスト フィード tddy123uk
XML フィード <g:id>tddy123uk</g:id>


Content API 用にデータをフォーマットするには、Content API for Shopping をご覧ください。

ガイドライン

高品質な商品データを登録するため、以下のガイドラインに沿って設定してください。

最小要件

商品を表示するには、次の要件を満たす必要があります。これらの要件を満たしていない場合は商品が不承認となり、Merchant Center アカウントの [診断] ページに通知が表示されます。

  • 異なる商品にはそれぞれ一意の ID を登録します。
  • 各商品に永続的な ID を指定します。 一度割り当てた ID は変更しないでください。指定された ID と、販売先の国および言語の組み合わせによって商品が識別され、商品に固有の情報を Google が取得できるようになります。また、Merchant Center と Google 広告で商品のパフォーマンス履歴を追跡する際にもこの ID が使われます。そのため、ID を変更すると商品とその履歴が上書きされてしまいます。
  • 同一国内では、異なる国や言語が対象であっても、同一の商品には共通の ID を指定します。詳しくは、言語の要件をご覧ください。
    • スイスのような多言語国家を対象にする場合は、サポートする各言語(ドイツ語、フランス語、イタリア語など)で共通の商品には同一の ID を指定します。
    • 複数の国(米国とカナダなど)を対象にしている場合は、それらの国で共通の商品には同一の ID を指定します。
  • 大文字と小文字の違いだけで一意になるような ID を作成しないでください。商品 ID の大文字と小文字は Merchant Center では区別されますが、大文字と小文字が異なるだけでは同じ商品と見なされてしまうようなケースもあります。たとえば、ある商品に「abc123」という ID を指定し、別のコレクションに「ABC123」という ID を指定した場合は、Google 広告のフィルタリングでこうした商品が混同されたり、補助フィードやメインフィードの照合処理で問題が起きたりする可能性があります。大文字と小文字で区別するのではなく、別々の文字と数字を一意に組み合わせた ID で商品を区別してください。
  • 同じ ID を異なる商品で再利用しないでください。 例:
    • 同じ国や言語を対象とする異なる商品で ID を再利用しないでください
    • バリエーションがある商品で ID を再利用しないでください。バリエーション商品はそれぞれ固有の商品として扱い、固有の ID を割り当てる必要があります。
    • 「本日の特売品」を販売する場合は ID を再利用しないでください。ID はプロモーションではなく商品と関連付けられます。
    • 新しい商品で ID を再利用しないでください。販売を終了した商品や在庫がない状態の商品の ID を別の商品の ID として再利用しないでください。
  • 余白を挿入しないでください。連続したスペースや ID の前後にあるスペースは自動的に削除されます。
  • 無効な Unicode 文字を登録しないでください。 こうした文字は通常、ファイルのエンコード処理時に挿入されます。無効な Unicode 文字が挿入されないようにするには、UTF-8 エンコードを使用します。エンコードの問題が発生するのを防ぐため、ファイルは圧縮して送信してください。無効な Unicode 文字には次のようなものがあります。
    • 制御文字(例: U+200D など)
    • 機能文字
    • 私用領域文字
    • サロゲートペア
    • 未割り当ての符号位置

おすすめの方法

ここでは、商品データの基本的な要件を満たしたうえで、さらに効果を上げるための最適化方法を紹介します。

  • ID にはできる限り SKU を指定します。SKU を指定することで、ランディング ページの構造を Google が把握しやすくなります。SKU は一意であるため、同じ ID の意図しない再使用を防ぐうえでも役立ちます。

バリエーションがない商品
ドロイド君のぬいぐるみの商品データ
属性
ID [id] 01ABC
バリエーションがある商品

各バリエーション商品に固有の ID を指定してください。たとえば、同じ商品の 4 種類のバリエーションに対する親 SKU がある場合は、商品グループ ID [item_group_id] 属性の値にその親 SKU を指定し、親 SKU に基づく一意の ID を ID [id] 属性に指定します。

赤色の Google マリブ サングラスの商品データ
属性

[color]

商品グループ ID [item_group_id]

12345

ID [id]

12345-R
   
緑色の Google マリブ サングラスの商品データ
属性

[color]

商品グループ ID [item_group_id]

12345

ID [id]

12345-G
   
黄色の Google マリブ サングラスの商品データ
属性

[color]

商品グループ ID [item_group_id]

12345

ID [id]

12345-Y
   
青色の Google マリブ サングラスの商品データ
属性

[color]

商品グループ ID [item_group_id]

12345

ID [id]

12345-B
複数の対象国に登録する商品
米国で販売されているドロイド君のぬいぐるみの商品データ
属性
販売先の国 米国
ID [id] 01ABC
   
カナダで販売されているドロイド君のぬいぐるみの商品データ
属性
販売先の国 カナダ
ID [id] 01ABC
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
71525
false