Google スプレッドシートで商品データを設定する

この記事では、Google スプレッドシートで商品データを作成してアップロードする方法について説明します。Merchant Center には、テンプレートと Google スプレッドシート アドオンが用意されており、商品データの作成に役立ちます。

商品データの作成とアップロードを開始する前に、Google スプレッドシートを Merchant Center に登録する必要があります。

データを追加する

使用しているスプレッドシートの種類に応じて下記の手順に沿ってフィードを記入すると、Merchant Center アドオンによってさまざまなデータがオートコンプリートされ、正確なデータを入力できます。オートコンプリート機能は、アドオンのメニューから無効にすることもできます。

  • 属性名: スプレッドシートのヘッダー行に入力するときは、使用可能な属性名のリストから選択します。詳細
  • 許容値: 標準化された値を使用する属性については、許容値のリストから選択します。詳細
  • Google 商品カテゴリ: 属性に商品値の一部を入力すると、アドオンによって Google の商品分類に基づいた候補が表示されます。候補のリストから正しいカテゴリを選択します。詳細

オートコンプリート機能は、アドオンのメニューから無効にすることもできます。

ウェブサイトで schema.org のアノテーションを使用してデータを追加する

ウェブサイトを構造化データ マークアップでアノテーション付けすると、アドオンを使用して、一致する属性をウェブサイトから直接フィードに入力したり更新したりできるようになります。

このアドオン機能を使用するには、サイトが schema.org の構造化アノテーションによって適切にアノテーション付けされている必要があります。サイトが正しくアノテーション付けされていないと、フィードを自動入力するツールを使うことができません。詳細

まず Merchant Center アドオンで [ウェブサイトから更新] を選択します。アノテーションを付けた商品それぞれのランディング ページ URL がフィード内の各商品アイテムの link [商品リンク] 属性で指定されていることと、id [ID] 属性がフィード内の各商品アイテムの SKU に一致するよう設定されていることを確認します。すべてのランディング ページ URL は Merchant Center で申し立てを行ったウェブページの URL に一致している必要があります。

[更新] をクリックすると、すべての行の処理と更新が開始します。選択した行のみを更新する場合は、ボタンのドロップダウン矢印を選択して、[選択した行を更新] を選択します。

注: この機能を使って一度に作成、検証できる行数は 1,000 行までです。1,000 行を超えるフィードの場合は、[選択した行を更新] オプションを使用して一括でフィードを作成、検証します。

更新処理中に Google スプレッドシートに変更を加えると、変更が上書きされてしまうことがあります。誤って変更内容を上書きしてしまった場合、スプレッドシートの変更履歴機能を使用して、過去に遡ることができます。更新処理は、処理対象の商品の数によっては、数分かかることがあります。

アノテーションを検証する

更新処理中にアドオンによってウェブサイトのエラーが検知されると、そのエラーがサイドバーに表示されます。アノテーションに誤りや不足があるとエラーが発生します。こうしたエラーはスプレッドシートを利用したフィード内で修正する必要があります。サイト上の構造化データが正しいことと、ID と SKU が正確に一致していることを確認します。エラーが発生した場合は、構造化データ テスト ツールを使用して、構造化データが正しく設定されていることを確認します。ツールの使用、問題のデバッグ、ツールでの結果の解釈について詳しくは、Google Search Console ヘルプセンターをご覧ください。

データを確認してすべてのエラーを修正すると、すべてのデータの検証と送信の処理を開始できます。

詳細設定

ウェブサイトから自動入力される値とフィード内で行われる処理をさらに詳細に管理したい場合は、アドオンの詳細設定を使用します。
  • 選択した属性のみ更新: 特定のアノテーション付き属性を更新したいときはこのオプションを使用します。利用できるすべての属性で自動入力機能を使いたい場合はこのオプションを選択しないでください。
  • すべての値を上書き: 自動入力される値でフィード内の既存データを上書きしたい場合はこのオプションを使用します。

データを検証する

アドオン下部にある [シートを検証] をクリックすると、記入した商品データが正しく処理されるかどうかを検証できます。処理エラーまたは警告がデータに存在する場合は、各問題をクリックしてスプレッドシート内で例を表示します。スプレッドシート全体を検証できるのは、行数が 1,000 行以下の場合のみです。

スプレッドシート内の特定の行を検証することもできます。目的の行を強調表示すると、検証ボタンが [選択した行を検証] に変わります。

ウェブサイトで構造化データ マークアップを使用している場合は、構造化データ テスト ツールを使用して、Schema.org の実装をテストします。ツールの使用、問題のデバッグ、ツールでの結果の解釈について詳しくは、Google Search Console ヘルプセンターをご覧ください。

フィードを送信する

アドオン下部の [シートをアップロード] を選択すると、Google スプレッドシートから Merchant Center に直接スプレッドシートを送信できます。アドオンから行ったこのフィードの直近 5 つのアップロードの処理結果を確認できます。シートをアップロードした後は、必ず [診断] ページを確認してください。[診断] タブでは、データに関するすべてのエラーや警告の一覧を確認できます。

Google スプレッドシートの形式の要件

  • Google スプレッドシート ファイルの最初のページには、登録する商品データが含まれている必要があります。このページの最初の行はヘッダーでなければなりません。ヘッダーには、セルごとに 1 つの属性を含める必要があります。サポートされている属性以外の値があると、検証とアップロードの処理中にエラーが発生します。
  • 各セルには、商品アイテムごとに 1 つの値のみを含めることができます。この値は、商品データ仕様に示されている値のルールに従う必要があります。
  • tax [税金] や shipping [送料] などのグループ属性については、コロンで区切ったサブ属性を使用します。詳しくは、税金の設定および送料の設定についての記事をご覧ください。
  • 複数の値を指定できる属性の場合は、各値をカンマで区切って入力します(例: 「blue, green, red」)。複数の値を指定できる属性で、値を区切るためのものではないカンマがある場合は、バックスラッシュをカンマの前に追加してください(例: 「\,」)。詳しくは、商品データ仕様を参照してください。なお、複数の値を指定できる属性は一部に限られます。たとえば、id [ID] や description [商品説明] に指定できる値は 1 つのみです。

 


関連リンク:

Google スプレッドシート用の Merchant Center アドオンについて
Merchant Center に Google スプレッドシートを登録する
Merchant Center 用の構造化データのマークアップについて
Merchant Center 向けの構造化データの設定

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。