初心者向けガイド

ウェブサイトの URL の確認と申し立てを行う

Merchant Center に商品データをアップロードするには、事前にショップのウェブサイトの URL の確認と申し立てをしておく必要があります。確認とは、そのウェブサイトの URL の正規の所有者がお客様であると Google に知らせることです。申し立てとは、確認済みのウェブサイトの URL を自分の Merchant Center アカウントに関連付けることです。
この記事では、ウェブサイトの確認と申し立てを行う方法を説明します。

仕組み

以前に Google でウェブサイトの URL を確認したことがない場合は、まずウェブサイトを確認します。確認するには、次の 4 つのいずれかの方法で Google がウェブサイトと通信できるようにします。いずれの方法でもサイトにマーカーが追加され、Google がサイトを見つけて、お客様がウェブサイトと Merchant Center アカウントの両方の正規の所有者であることを確認できるようになります。このコードは、その他のアクセスや許可を Google に与えるものではありません。

続いて、サイトの申し立てを行います。すると、確認した URL は、該当の Merchant Center アカウントでのみ使用できるようになります。

すでに Google で URL の確認を済ませている場合は、Merchant Center から離れずに操作を完了できます。Google で確認を行うと、お客様のウェブサイト情報は Google アカウントに紐付けられます。すでに Google Search Console をご利用で、URL を確認済みの方は、Merchant Center でも簡単に申し立てを行うことができます。詳しくは、Google Search Console の詳細をご覧ください。

注意事項
商品データで指定するリンクは、トップレベル ドメイン(.com や .net など)を含め、アカウントで申し立てを行う URL と一致している必要があります。Merchant Center に登録したドメイン以外のドメイン向けに商品アイテムを送信しても、正しく処理されません。

手順

ステップ 1: Merchant Center にウェブサイトの URL を登録する

Merchant Center アカウントの作成時にショップの URL を入力した場合は、ステップ 2 に進んでください。そうでない場合でも、次の手順でいつでも登録できます。

1. Merchant Center アカウントにログインします。
2. ナビゲーション パネルで [ビジネス情報] をクリックします。
3. ページメニューで [ビジネスの概要] をクリックして [ビジネスの概要] ページを開きます。
4. [ウェブサイト] セクションをクリックして開きます。
5. URL を入力します。登録する URL の要件の詳細をご覧ください。
6. [保存] をクリックします。

ステップ 2: ウェブサイトの URL の確認と申し立てを行う

すでにウェブサイトを確認済みの場合は、ステップ 3 に進んでください。

ウェブサイトの確認を通じて、お客様がそのウェブサイトの URL の所有者であることと、その内容を編集できることを証明することができます。ウェブサイトを確認するには、4 つの方法のいずれかを使用します。いずれの方法を使用しても、Google がお客様が所有者であることと、ウェブサイトの編集権限があることを確認できるようになります。
 

HTML ファイルをアップロード(最も一般的な方法)

ご自身のサーバーにアップロードした HTML ファイルを Google が確認します。サーバーに新しいファイルをアップロードできる場合はこの方法をご利用いただけます。確認状態を維持するために、確認と申し立ての処理が完了しても HTML ファイルを削除しないでください。
  1. このページの手順に記載されている HTML ファイルをダウンロードします。
  2. ウェブサイトにファイルをアップロードします。
  3. 同じページに記載されているサイトにアクセスして、アップロードが成功したことを確認します。

HTML タグ

ホームページにメタタグを追加します。短い HTML コードをコピーして、ウェブサイトのコードに貼り付けます。このコードはマーカーであって、その他のアクセスや許可を Google に与えるものではありません。サイトのインデックス ページの HTML コードを編集できる場合はこの方法をご利用いただけます。確認状態を維持するために、確認と申し立てが完了しても HTML タグを削除しないでください。

  1. Merchant Center にログインします。
  2. ページメニューで、[ビジネス情報]、[ウェブサイト] の順にクリックします。
  3. [その他の方法] で [HTML タグ] を選択します。
  4. アカウント用に生成されたメタタグをコピーします。
  5. サイトのホームページにタグコードを貼り付けます。最初の <body> セクションの前の <head> セクション内に貼り付けてください。

Google アナリティクス

Google アナリティクスをご利用の場合は、現在サイトのトラッキングにお使いの Google アナリティクス コードを追加することで、確認処理を行うことができます。この方法を使用するには、Google アナリティクス アカウントの管理者である必要があります。トラッキング コードは、ウェブサイトの所有権の確認のみに使用され、Google アナリティクス データにアクセスすることはありません。
  1. Google アナリティクス アカウントにログインします。
  2. [管理者] をクリックします。
  3. [アカウント] 列のメニューからアカウントを選択します。
  4. [プロパティ] 列のメニューからプロパティを選択します。
  5. [プロパティ] で [トラッキング情報] > [トラッキング コード] の順にクリックします。
  6. トラッキング ID とプロパティ番号がページの上部に表示されます。
  7. ウェブサイトのトラッキング コード スニペットが [ウェブサイトのトラッキング] の下に表示されます。
  8. Google アナリティクス アカウント用に生成されたメタタグをコピーします。
  9. サイトのホームページにタグコードを貼り付けます。最初の <body> セクションの前の <head> セクション内に貼り付けてください。

Google タグマネージャ

ウェブサイトにコンテナをインストールします。Google タグマネージャ アカウントで「表示、編集、管理」の権限が必要です。Google タグマネージャのコンテナ ID は、ウェブサイトの所有権の確認のみに使用され、Google タグマネージャのデータにアクセスすることはありません。
  1. Google タグ マネージャーにログインします。
  2. コンテナを作成します。
  3. コンテナ スニペットをサイトに追加して、コンテナをインストールします。

ステップ 3: ウェブサイトの URL の申し立てを行う

ウェブサイトの URL の申し立てを行うと、Merchant Center アカウントに関連付けられたウェブサイトを使用する独占的権利が与えられます。

これまで Google に登録したことがない URL の申し立て

HTML ファイルのアップロード、HTML タグ、Google アナリティクス、Google タグマネージャのいずれかの方法で確認作業が完了したら、次の手順を行います。
 
  1. Merchant Center アカウントのウェブサイト ページに戻ります。
  2. 使用した確認方法に応じて、[HTML ファイルのアップロード] ボックスまたは [その他の方法] ボックスを展開します。
  3. [確認と申し立て] をクリックします。

Google Search Console ですでに確認済みの URL の申し立て

  1. Merchant Center アカウントと Search Console アカウントの両方に同じメールアドレスを追加して、URL の申し立てを行うことができます。
    1. 既存の Google Search Console アカウントでドメインが確認済みの場合、Merchant Center で URL の申し立てを行うには、確認済みの Google Search Console アカウントの所有者として、Merchant Center アカウントにその Google アカウントを追加する方法が簡単です。
    2. または、Search Console アカウントの既存の所有者である Google アカウントを Merchant Center アカウントのログインとして追加することもできます。
  2. Merchant Center と確認済みの Search Console アカウントの両方に同じログイン メールアドレスを追加すると、ウェブサイトはすでに確認済みのものとして Merchant Center に表示されます。アカウントの登録時、または [ビジネスの概要] ページで [ウェブサイトの申し立て] を選んでウェブサイト URL の申し立てを行う必要があります。

複数のウェブサイトのドメインを使用する場合の確認方法

マルチクライアント アカウントを使用すると、複数のウェブサイト ドメインの商品アイテムを送信することができます。

マルチクライアント アカウントの所有者は、親アカウント用のウェブサイトの URL の確認と申し立てを行うことができます。通常、親アカウントでは、たとえば http://example.com などのトップレベル ドメインの確認と申し立てを行うことをおすすめします。これにより、各サブアカウントに申し立てが自動的に継承され、サブアカウントでもそのドメインの商品を送信できるようになります。

代わりに、それぞれのサブアカウントがまったく異なるウェブサイトの URL を確認し申し立てることもできます。

詳しくは、マルチクライアント アカウントの設定をご確認ください。

 

関連リンク

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。