検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

初心者向けガイド

ウェブサイトの URL の確認と申し立てを行う

Merchant Center に Google ショッピングの商品データをアップロードするには、事前にショップのウェブサイトの URL の確認と申し立てをしておく必要があります。確認とは、そのウェブサイトの URL の正規の所有者がお客様であると Google に知らせることです。申し立てとは、確認済みのウェブサイトの URL を自分の Merchant Center アカウントに関連付けることです。
この記事では、ウェブサイトの確認と申し立てを行う方法を説明します。

仕組み

Google Search Console は Google 検索結果におけるお客様のサイトのパフォーマンスを確認、管理できるサービスで、Merchant Center ではウェブサイトの確認と申し立てにこれを活用します。Merchant Center から移動しなくてもウェブサイト URL の確認と申し立てを行うことができ、お客様のウェブサイトの情報はご利用の Google アカウントを通じて Search Console に関連付けられます。既に Google Search Console を利用しており、ウェブサイトの URL を確認済みの場合は、Merchant Center でその URL の申し立てを簡単に行うことができます。

注意事項
商品データで指定するリンクは、トップレベル ドメイン(.com や .net など)を含め、申し立てを行う URL と一致している必要があります。Merchant Center に登録したドメイン以外のドメイン向けに商品アイテムを送信しても、正しく処理されません。

手順

ステップ 1: Merchant Center にウェブサイトの URL を登録する

Merchant Center アカウントの作成時にサイトの URL を入力しなかった場合でも、次の手順でいつでも登録できます。

  1. Merchant Center アカウントにログインします。
  2. ナビゲーション パネルで [ビジネス情報] をクリックします。 
  3. ページメニューで [ビジネスの概要] をクリックして「ビジネスの概要」ページを開きます。
  4. [ウェブサイト] セクションをクリックして開きます。
  5. URL を入力します。登録する URL の要件の 詳細をご覧ください。
  6. [保存] をクリックします。

ステップ 2: ウェブサイトの URL の確認と申し立てを行う

Google Search Console で確認されていない新しい URL を確認します。

アカウントの作成時、または [ビジネスの概要] ページに、4 つの方法が表示されます。

Google Search Console で既に確認済みの URL の申し立て

既存の Google Search Console アカウントで確認済みのドメインについて Merchant Center で申し立てを行うには、確認済みの Google Search Console アカウントの所有者として、その Google アカウントを Merchant Center アカウントに追加する方法が簡単です。または、Search Console アカウントの既存の所有者である Google アカウントを Merchant Center アカウントのログインとして追加します。

Merchant Center と確認済みの Search Console アカウントの両方で同じログイン メールアドレスを使用すると、ウェブサイトは既に確認済みのものとして Merchant Center に表示されます。そのため、アカウントの登録時、または [ビジネスの概要] ページで [ウェブサイトの申し立て] を選ぶだけでウェブサイト URL の申し立てを行うことができます。

  • HTML ファイルをアップロード(最も一般的な方法): ご自身のサーバーにアップロードした HTML ファイルを Google が確認します。サーバーに新しいファイルをアップロードできる場合はこの方法をご利用いただけます。確認状態を維持するために、確認と申し立ての処理が完了しても HTML ファイルを削除しないでください。

  • HTML タグ: メタタグをサイトのトップページに追加します。サイトのインデックス ページの HTML コードを編集できる場合はこの方法をご利用いただけます。確認状態を維持するために、確認と申し立ての処理が完了しても HTML タグを削除しないでください。

  • Google アナリティクス: Google アナリティクスのコードを追加します。お客様が Google アナリティクス アカウントの管理者で、非同期トラッキング コードを使用している場合に利用できる方法です。トラッキング コードは、ウェブサイトの所有権の確認のみに使用され、Google アナリティクス データにアクセスされることはありません。

  • Google タグマネージャ: Google タグマネージャ コンテナ スニペットをウェブサイトに追加します。Google タグマネージャ アカウントで「表示、編集、管理」の権限が必要です。Google タグマネージャのコンテナ ID は、ウェブサイトの所有権の確認のみに使用され、Google タグマネージャのデータにアクセスされることはありません。

トラブルシューティング

Google Merchant Center では、ウェブサイトの URL の確認は複数のユーザーが行うことができますが、その URL の申し立てを行い、商品データをアップロードできるのは 1 つのアカウントに限られます。ウェブサイトの URL の申し立てが失敗する場合や、既存の申し立てが失効する場合の理由については、以下をご覧ください。

ウェブサイトの URL の申し立てが失敗する

ウェブサイトの URL の申し立てが失敗する主な理由は次の 2 つです。

  • ウェブサイトの確認が行われていない: Merchant Center で申し立てを行うことができるのは、確認済みのウェブサイトの URL のみです。前述のウェブサイトの URL の確認に関する説明を見直し、そのステップが完了していることを確認してください。
  • より高いレベルで URL の申し立てが行われている: 別の Merchant Center アカウントからの申し立てが優先されている場合に表示されるエラーです。たとえば、別の Merchant Center アカウントで既に http://example.com というドメインの申し立てが行われていたため、ご自身の Merchant Center アカウントで http://www.example.com という URL の申し立てができなかったとします。この場合は、http://example.com がより上の階層のドメインパスにある申し立てとして扱われるため、同じドメインの一部となる http://www.example.com の申し立てはできません。この場合は、より上位階層のドメインパスにあるウェブサイトの URL の確認を行うようにしてください。
より上位階層にあるウェブサイトの URL の確認を行うと、もう一方の Merchant Center アカウントでは既存の申し立てが失効し、商品データをアップロードできなくなります。その場合、申し立てが失効する Merchant Center ユーザーのメールアドレスが表示されます。

ウェブサイトの URL の既存の申し立てが失効した

  • 別のサイト所有者が URL の確認と申し立てを正常に行った場合、お客様には、申し立てが失効した旨のメール通知が送られます。この場合は、より上位階層のドメインパスにある URL で確認と申し立てを行うか、Google にお問い合わせください。
  • ウェブサイトの「確認済み」ステータスが失効すると、ウェブサイトの申し立ても失効します。ウェブサイトの「確認済み」ステータスは、ウェブサイトから識別メタタグや HTML ファイルが削除された場合などに失効します。「確認済み」ステータスを失った場合、上記の手順に沿ってウェブサイトの URL の確認と申し立てをもう一度行う必要があります。
  • Merchant Center アカウントの [全般設定] タブで新たに別の URL を入力すると、以前に確認と申し立てを行った既存のウェブサイトの URL の申し立てが失効します。別の URL の申し立てを行う場合は、前述の手順に沿って操作してください。

マルチクライアント アカウント

マルチクライアント アカウントを使用すると、複数のウェブサイト ドメインの商品アイテムを送信することができます。

マルチクライアント アカウントの所有者は、親アカウント用のウェブサイトの URL の確認と申し立てを行うことができます。通常、親アカウントでは、たとえば http://example.com などのトップレベル ドメインの確認と申し立てを行うことをおすすめします。これにより、各サブアカウントに申し立てが自動的に継承され、サブアカウントでもそのドメインの商品を送信できるようになります。

代わりに、それぞれのサブアカウントがまったく異なるウェブサイトの URL を確認し申し立てることもできます。

マルチクライアント アカウントのウェブサイト URL の確認と申し立てに関する詳細をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
Policy changes

過去または今後のポリシー変更については、ショッピング ポリシーの変更記録をご覧ください。