Google Home で Google アシスタントのお支払い設定を行う

商品などを購入する際のお支払い情報や配送先住所をセットアップします。お支払い機能は米国でのみご利用になれます。

手順 1: お支払いをセットアップする

Google Home で Google アシスタントのお支払い機能を使用するには、お支払い設定をセットアップする必要があります。重要: このお支払い設定は、Google Home と Pixel の Google アシスタントに反映されます。Google Play、Google Express、YouTube といった他の Google サービスの設定には影響しません。

お支払いをセットアップする
  1. Google Home アプリ Google Home アプリ を起動します。
  2. ホーム画面の左上にあるメニュー アイコン Menu をタップします。
  3. 表示されている Google アカウントが、Google Home にリンク済みのアカウントであることを確認します。アカウントを切り替えるには、アカウント名の横の三角形をタップします。
  4. [その他の設定] をタップします。
  5. [アカウント] で [お支払い] 次に [使ってみる] をタップします。
  6. 利用規約を確認し、下にスクロールして [同意する] をタップします。
  7. デフォルトのお支払い方法を選択します。
    1. すでに別の Google サービス(Google Play など)にお支払い方法を追加済みの場合は、そのお支払い方法を選択できます。[次へ] をタップします。
    2. お支払い方法の追加が必要な場合は、[クレジット カードまたはデビットカードを追加] をタップします。
      1. カード情報、請求先の名前、請求先住所、電話番号を入力し、カード情報を確認して [保存] をタップします。​
      2. この新しいお支払い方法が、デフォルトのお支払い方法として選択されます。[次へ] をタップします。
  8. 配送先住所を選択します。
    1. すでに別の Google サービスに配送先住所を追加済みの場合は、その配送先住所を選択できます。[次へ] をタップします。
    2. 住所の追加が必要な場合は、[新しい住所を追加] をタップします。
      1. 名前、配送先住所、電話番号を追加して、[保存] をタップします。
  9. どの Google Home に支払い処理を許可するかを選択します。注: この画面は Google Home をセットアップ済みの場合にのみ表示されます。
    1. セットアップ済みの Google Home の一覧が表示されます。
    2. 各 Google Home の横には、そのデバイスでアカウントに基づく情報を利用するかどうかを指定するスライダーが表示されます。各 Google Home がお支払い情報、メール、カレンダー、フライトなどを含む個人情報を使用できるかどうかは、アカウントに基づく情報の利用設定によって決まります。
    3. Google Home に個人情報の使用を許可するには、そのデバイスの横にあるスライダーを右にスライド On して、[完了] をタップします。
    4. Google Home が個人情報を使用できないようにするには、そのデバイスの横にあるスライダーを左にスライド Off して、[完了] をタップします。
    5. 重要: アシスタントでのお支払いが不要となったときに、アカウントに基づく情報を無効にすると、フライト、ショッピング リスト、カレンダーといった他の個人的な情報もアシスタントで利用できなくなります。アシスタントでのお支払いを無効にし、アカウントに基づく情報を有効にしておけば、カレンダーやフライト情報といった他の個人的な情報は、引き続きアシスタントで利用できます。

手順 2: お支払い設定を変更する

Google Home アプリでお支払い設定を変更したり、お支払い機能を無効にしたりできます。 デフォルトのお支払い方法を変更する
  1. Google Home アプリ Google Home アプリ を起動します。
  2. ホーム画面の左上にあるメニュー アイコン Menu をタップします。
  3. 表示されている Google アカウントが、Google Home のセットアップに使用したアカウントであることを確認します。アカウントを切り替えるには、アカウント名の右にある三角形をタップします。
  4. [その他の設定] をタップします。
  5. 下にスクロールして [Google アカウント設定] という欄を探します。
  6. [お支払い] 次に [お支払い方法] をタップします。
  7. 別のお支払い方法を選択します。または、お支払い方法を追加する場合は [クレジット カードまたはデビットカードを追加] をタップします。
  8. 指定したカードがデフォルトのお支払い方法として使用されるようになります。
デフォルトの配送先住所を変更する
  1. Google Home アプリ Google Home アプリ を起動します。
  2. ホーム画面の左上にあるメニュー アイコン Menu をタップします。
  3. 表示されている Google アカウントが、Google Home のセットアップに使用したアカウントであることを確認します。アカウントを切り替えるには、アカウント名の右にある三角形をタップします。
  4. [その他の設定] をタップします。
  5. 下にスクロールして [Google アカウント設定] という欄を探します。
  6. [お支払い] 次に [配送先住所] をタップします。
  7. 別の配送先住所を選択します。または、住所を追加する場合は [新しい住所を追加] をタップします。
  8. 指定した住所がデフォルトの配送先住所として使用されるようになります。

お支払いを無効にする

お支払いを無効にする

すべてのデバイスですべての Google アシスタントのお支払いを無効にする

  1. Google Home アプリ Google Home アプリ を起動します。
  2. ホーム画面の左上にあるメニュー アイコン Menu をタップします。
  3. 表示されている Google アカウントが、Google Home のセットアップに使用したアカウントであることを確認します。Google Home のセットアップに使用した Google アカウントを確認する方法をご覧ください。 アカウントを切り替えるには、アカウント名とメールアドレスの右にある三角形をタップします。
  4. [その他の設定] をタップします。
  5. 下にスクロールして [Google アカウント設定] という欄を探します。
  6. [お支払い] をタップ 次に [アシスタントでのお支払い] の横のスライダーを左にスライド Off します。Pixel を含めたどのデバイスでも Google アシスタントでお支払いができなくなります。

特定の Google Home デバイスでのお支払いを無効にする

  1. Google Home アプリ Google Home アプリ を起動します。
  2. ホーム画面の左上にあるメニュー アイコン Menu をタップします。
  3. 表示されている Google アカウントが、Google Home のセットアップに使用したアカウントであることを確認します。Google Home のセットアップに使用した Google アカウントを確認する方法をご覧ください。 アカウントを切り替えるには、アカウント名とメールアドレスの右側にある三角形をタップします。
  4. [その他の設定] をタップします。
  5. 下にスクロールして [この Google Home デバイスの設定を調整] という欄を探します。
  6. Google Home が複数ある場合はデバイス名をタップします。利用可能な Google Home がすべて表示されたら、お支払いを無効にする Google Home を選択します。Google Home が 1 台のみの場合、下矢印は表示されません。
  7. [アカウントに基づく情報] の欄で、スライダーを右にスライド On します。重要: この操作を行うと、このデバイスでアカウントに基づく情報が使用されなくなります。Google アシスタントで、お支払いや、その他の個人の情報(フライト、ショッピング リスト、カレンダーなど)を使ったサポートを利用できなくなります。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。