ファインド キャンペーンについて

ファインド キャンペーンは、Google 広告の成果目標を達成できるように、よく利用されている各種の Google 関連サイトでユーザーにアプローチすることを目的としたキャンペーンです。

このキャンペーン タイプでは、Google の豊富なオーディエンスとユーザーの意向シグナルを組み合わせて、お客様のブランドを探して利用しようとしている個々のユーザーに合わせた視覚に訴える魅力的な広告エクスペリエンスを、1 つの Google 広告キャンペーンで提供できます。

この記事では、ファインド キャンペーンの概要を紹介します。すぐに試してみたい場合は、ファインド キャンペーンの作成と管理に関する記事をご確認ください。

メリット

1 つのキャンペーンで、最適なユーザーに幅広くアプローチできます。広告の構成要素(広告見出し、画像、ロゴなど)を入力すると、高い関心を寄せているユーザーに、設定されたアクション単価(CPA)と予算に基づいて広告が表示されます。

ファインド キャンペーンには次のような特長があります。

  • 1 つの広告キャンペーンだけで、大多数の Google サービスで他に類を見ない規模のユーザーにリーチ可能。 YouTube のホームフィードGmailDiscover で、それぞれ毎月 10 億人を超えるアクティブ ユーザー1 へのリーチを活かして、よく利用されている Google 関連サイトで最新のファッション トレンドや新しい料理レシピ動画といった各種のコンテンツを閲覧しているより多くの見込み顧客にアプローチできます。
  • 豊富なオーディエンス シグナルを基に質の高いコンバージョンを獲得。 Google の意向シグナルに基づいて、ユーザーがブランドに高い関心を持って利用しようとしているタイミングを捉えて、そのユーザーに合った関連性の高い広告を個別に表示できます。
  • 視覚的表現の豊かなネイティブ広告を大規模に配信。ユーザーが探している商品を見つけられるように、広告フォーマットで機械学習に基づいてアセットが構成され、端末をまたいで掲載対象となる関連サイトにシームレスに配信されるため、手間と労力をかけずにユーザーの目を引き付けて行動を引き出すことができます。
  • メディアでの成果目標を達成できるように単価設定が可能。自動入札を使用して、メディアでのマーケティング目標を達成できるようにキャンペーンを最適化することもできます。

活用例

ファインド キャンペーンは次のような場合に適しています。

  • メディアでの掲載結果を大幅に伸ばしたい場合(サポートされているマーケティング目標を使用)
  • 新規顧客を獲得したい場合: よく利用される各種の Google 関連サイトで個々のユーザーに合わせた魅力的な広告を使用してブランド ストーリーを発信し、新しいブランドを試すことに積極的な見込み顧客の関心を新たに引き出すことができます。
  • 価値の高いユーザーに再アプローチしたい場合: ユーザーは新たなコンテンツを求めて、よく利用する Google 関連サイトに繰り返しアクセスします。ファインド キャンペーンでは、ウェブサイトを訪れたことがある、または商品を購入したことがあるなど、お客様のブランドに親しんでいて再度利用する可能性が高いユーザーに確実にアプローチして、コンバージョンを促すことができます。

ファインド キャンペーンを設定するには、次の要件を満たしている必要があります。

キャンペーンの設定

ファインド キャンペーンでは、単価設定やターゲティングなどのいくつかのキャンペーン設定を自動的に行って、選択したマーケティング目標、入札単価、予算に基づいて手間をかけずに最適な掲載結果を得ることができます。なお、このキャンペーン タイプではサポートされていない機能があり、ファインド キャンペーンを使用している場合、次の設定を調整することはできません。

  • 個別単価設定を使った入札戦略
  • 配信方法
  • モバイル端末のターゲット設定
  • プレースメント ターゲティング(プレースメントの除外を含む)
  • フリークエンシー キャップ
  • 広告のローテーション
  • コンテンツ ターゲット
  • 手動による広告の作成

詳細

1出典: Google 2015 年第 4 四半期収支報告

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。