「コンバージョン数の最大化」による入札について

「コンバージョン数の最大化」はスマート自動入札戦略の 1 つで、予算全体を使おうとしながらキャンペーンのコンバージョン数を最大化できるように入札単価を自動的に調整します。高度な機械学習によって、オークションごとに入札単価が自動的に最適化されます。この記事では、「コンバージョン数の最大化」の仕組みについて説明します。

はじめに

どの自動入札戦略を利用すればよいかわからない場合は、まず自動入札戦略をご覧ください。

「コンバージョン数の最大化」を設定するには、コンバージョン トラッキングを設定してください。

仕組み

「コンバージョン数の最大化」では、キャンペーンの過去の情報や、オークション時の状況を基に、広告が表示されるたびに最適なクリック単価が自動的に算出されます。予算全体を使おうとしながらキャンペーンのコンバージョン数を最大化できるように自動的に入札単価が調整されます。

「コンバージョン数の最大化」に切り替える前に:

  • キャンペーンで共有予算を使用していないことをご確認ください。「コンバージョン数の最大化」を使用するキャンペーンでは、独自の予算が必要です。

  • 1 日の予算額をご確認ください。「コンバージョン数の最大化」は 1 日の予算全体を使おうとするため、現在予算を大幅に下回っている場合は、「コンバージョン数の最大化」を使用することによって費用が大幅に増える場合があります。

  • 投資収益率の目標をご確認ください。目標コンバージョン単価(CPA)や広告費用対効果(ROAS)など、キャンペーンに投資収益率の目標がある場合は、目標コンバージョン単価目標広告費用対効果の入札戦略に切り替えることができます。これらの戦略では「コンバージョン数の最大化」と同様、各オークションの入札単価が自動的に設定されますが、コンバージョンを最大化するために予算全体を費やすのが目標ではなく、設定した平均コンバージョン単価や平均広告費用対効果を達成することが目標になります。
     

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。