「コンバージョン数の最大化」による入札について

この設定では、指定の予算を消化しつつ最大限のコンバージョン数が得られるよう、入札単価を自動設定します。高度な機械学習とオークションごとの自動入札機能により、オークションのたびに入札単価が自動的に最適化されます。この記事では、「コンバージョン数の最大化」の仕組みについて説明します。

入札単価調整とコンバージョン数の最大化

入札単価調整を使用すると、ユーザーが検索を行う場所、時間、方法に応じて、広告を表示する頻度を調整できます。コンバージョン数の最大化を使った入札では、リアルタイムのデータに基づいて入札単価が調整されるため、既存の入札単価調整は使用されません。ただし、例外的にモバイルの入札単価調整は -100% に設定できます。

: 「コンバージョン数の最大化」入札戦略に切り替えた場合、既存の入札単価調整は使用されないため、削除する必要はありません。

はじめに

どの自動入札戦略を使用すればよいかわからない場合は、まず自動入札機能についてをご覧ください。

機能

「コンバージョン数の最大化」入札戦略では、キャンペーンの過去の情報や、オークション時の状況を基に、広告が表示されるたびに最適な入札単価が自動的に算出されます。予算を消化しながら最大限のコンバージョン数が得られるよう、これらの入札単価が設定されます。

「コンバージョン数の最大化」に切り替える前に:

  • 1 日の平均予算額を確認します。「コンバージョン数の最大化」では、1 日の平均予算を完全に使い切ることを目指します。このため、現在の費用が予算を大きく下回っている場合は、費用が大幅に増える可能性があります。

  • 投資収益率の目標を確認します。目標コンバージョン単価(CPA)や広告費用対効果(ROAS)など、キャンペーンで投資収益率の目標を設定している場合は、目標コンバージョン単価または目標広告費用対効果の入札戦略に切り替えてください。これらの戦略では「コンバージョン数の最大化」と同様、各オークションの入札単価が自動的に設定されますが、コンバージョンを最大化するために予算全体を費やすのが目標ではなく、設定した平均コンバージョン単価や平均広告費用対効果を達成することが目標になります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。