検索向けの類似ユーザー機能について

リマーケティング機能を使用すれば、お客様のサイトを訪れたことがあるユーザーや、商品やサービスに関心を示しているユーザーに広告を表示できます。さらに、新規ユーザーもサイトに導きたい場合は、類似ユーザー機能を使って既存のリマーケティング リストのユーザーと検索傾向が似ているユーザーを見つけることができます。

メリット

  • サイト訪問者と検索傾向が似ているユーザーを見つけ、そうしたユーザーにリーチすることができる
  • 対象とすべきオーディエンスを容易に特定できる
  • 新しい見込み顧客を獲得できる

仕組み

Google 広告では、リマーケティング リストに追加されたユーザーの最近の検索アクティビティを分析し、こうしたユーザーの検索傾向に関するデータを集めています。この情報に基づいて、リマーケティング リスト内のユーザーと検索傾向が似ている新しい見込み顧客が自動的に割り出されます。

たとえばスポーツ用品関連のサイトを運営していて、サイトでランニング シューズを購入したユーザーのリマーケティング リストを持っているとします。類似ユーザー機能では、単に「ランニング」に興味のあるユーザーという幅広いグループにリーチするのではなく、リスト内のユーザーの行動に注目します。サイトにアクセスして商品を購入する前に、たとえば「トライアスロン 練習」や「軽量ランニング シューズ 購入」と検索することが多いといった傾向を見出し、同様の検索行動を取っている他のユーザーを探します。

類似ユーザーリストは、元となるリストの規模の拡大や、ユーザーの検索行動の変化に応じて自動的に更新されるため、作成後に手動で更新作業を行う必要はありません。

類似ユーザー機能の要件

Google 広告では Google で検索している膨大な数のユーザーを参照し、類似ユーザーの検出に活かしています。次のようなさまざまな要因に基づき、類似ユーザーリストの作成に適したリマーケティング リストが自動的に特定されます。

  • 元のリストに登録されているユーザーの数
  • これらのユーザーが元のリストに追加されてからの経過時間
  • こうしたユーザーの検索行動の類似性
  • 元のリストに加えられた調整

同様の検索傾向を持つ少なくとも 1,000 個の Cookie が含まれるリマーケティング リストまたはカスタマー マッチ リストから、類似するユーザーのリストが作成され、対応する類似ユーザーリストが作成されます。Google 広告でユーザー情報が収集される仕組みについては、リマーケティングの設定についてをご参照ください。

類似ユーザーリストは、ウェブサイト タグやルールベースのリマーケティング リストや、メールアドレス、住所、電話番号から作成したカスタマー マッチ リストから作成されます。こうした情報が不足しているときは、ユーザーのアクションや検索行動のデータが十分に蓄積されるまで待つことが必要になる場合もあります。その際は、共有ライブラリのオーディエンス マネージャーに「非対応」と表示されます。

留意点

類似ユーザーリストでは、デリケートな内容の情報(人種、宗教、性的指向、健康に関する検索行動など)は使用されません。詳しくは、パーソナライズド広告に関するポリシーをご参照ください。

ご自身のデータが類似ユーザーリストで使用されることを望まないユーザーは、広告設定でオプトアウトすることができます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。