広告のクリックを経由したコンバージョンのデータを Google 広告にインポートする

コンバージョン データをインポートすると、オフラインでの購入といった価値ある行動にオンライン広告がどの程度貢献しているかを分析できます。この記事では、インポート用ファイルを用意して、広告のクリックを経由したコンバージョンのデータを Google 広告にインポートする手順を解説します。

電話での問い合わせを経由したコンバージョンのデータをインポートする手順については、通話コンバージョンのデータをインポートするをご覧ください。

はじめに

コンバージョン データをインポートするには、事前にオフライン コンバージョンのトラッキングを設定する手順をすべて完了しておいてください。

Google 広告にデータをインポートするには、Google 広告管理画面でファイルをアップロードまたはリンクするか、Google Ads API(AdWords API)を通じてデータを送信します。この記事では、ファイルをアップロードまたはリンクしてコンバージョンをインポートする方法について解説します。Google Ads API(AdWords API)を通じてデータを送信する場合は、API デベロッパー ガイドのヘルプ記事をご覧ください。

注: 2021 年 6 月より、クライアント センター(MCC)アカウント単位のコンバージョン測定を有効にしているクライアント アカウントからは、オフライン コンバージョンをアップロードできなくなります。クライアント アカウントを使用してコンバージョンをアップロードすると、エラー メッセージが表示されるので、MCC アカウントに移動して、そこからコンバージョンをアップロードする必要があります。詳しくは、クライアント アカウントからオフライン コンバージョンをアップロードする場合の変更点をご覧ください。

手順

コンバージョン データを準備してインポートする手順は、以下のとおりです。

1. インポートするデータを準備する

  1. アップロードするコンバージョンの種類に応じて、ExcelCSVGoogle スプレッドシートのいずれかの形式でテンプレートをダウンロードします。Google 広告の管理画面から以下の手順でテンプレートをダウンロードすることもできます。
    1. Google 広告アカウントにログインします。
    2. 管理画面の右上にあるツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックします。
    3. [測定] で [コンバージョン] をクリックします。
    4. 左側のメニューで [アップロード] をクリックします。
    5. プラスボタン をクリックします。
    6. [テンプレートを表示] をクリックします。
    7. [クリックによるコンバージョン] 用のテンプレートを探し、ダウンロードするテンプレートの形式を選択します。
  2. スプレッドシートをアップロードする際は、次のガイドラインに従ってください。

    インポート対象のコンバージョンにクリックから 1 日が経過していないものが含まれている場合は、Google 広告でまだそのコンバージョンが記録されていないことがあります。このため、インポートの際には余分に 1 日分を追加したデータをアップロードすることをおすすめします。Google 広告でコンバージョンが重複してカウントされることはないため、コンバージョンが重複していることを示すエラー メッセージが表示されます。重複データを頻繁にアップロードすると、以前よりも多くのエラーが表示されることがあります。これは、以前はコンバージョンの重複は無視されていたためエラーが表示されることはなかったことが原因です。コンバージョンが一意であるかどうかを判断するために、Google 広告ではコンバージョンに関連付けられたコンバージョン アクション名、コンバージョンが発生した日時、Google クリック ID(GCLID)を使用します。

    注: コンバージョンのインポートで外部のアトリビューションを使用している場合は、下の外部で貢献度が割り当てられたコンバージョンのインポートについての説明で、アップロード用の適切なテンプレートとその他の機能をご確認ください。
    • [Google Click ID] で始まる列を削除すると、データをインポートできなくなるのでご注意ください。
    • データに不要な列や個人情報が含まれていないことをご確認ください。
    • コンバージョン データを定期的に自動で Google 広告にインポートする場合(ステップ 2: コンバージョン データをインポートするを参照)は、Google スプレッドシートを使用するか、HTTPS または SFTP を使ってファイルをリンクしてください。
  3. タイムゾーンは、次のいずれかの形式で入力します(タイムゾーンを引用符やその他の特殊文字で囲まないでください)。
    • タイムゾーン ID を入力します。サマータイムへの移行時にエラーが発生するのを避けるため、この方法をおすすめします。例 - パラメータ: TimeZone = America/Chicago
    • グリニッジ標準時(GMT)との時差。「+」か「-」記号の後に 4 桁の数値を入力して指定します(たとえば、ニューヨークの時差は「-0500」、東京の時差は「+0900」になります)。グリニッジ標準時を使用する場合は、「+0000」と入力します。例 - パラメータ: TimeZone = -0500
  4. 次に、オフライン コンバージョンごとに新しい行を追加し、各列に次のように情報を入力します。
    • Google Click ID: オフライン コンバージョンにつながった GCLID を入力します(まだ設定が済んでいない場合は、オフライン コンバージョンのインポートを設定するで手順をご確認ください)。
    • Conversion Name: コンバージョン データのインポート先とするコンバージョン アクションの名前を入力します(「見込み顧客の獲得」や「契約成立」など)。ここで入力する名前は、Google 広告アカウントで作成したコンバージョン アクションの名前と厳密に同じものにする必要があります(大文字と小文字も区別されます)。
    • Conversion Time: コンバージョンが発生した日時を入力します。使用可能な日付の形式については、下の表をご確認ください(例: MM/dd/yyyy HH:mm:ss)。[Conversion Time] にタイムゾーンも含める場合は、下の表に示された形式のうち、最後の 4 つのいずれかを使用してください。「+z」の部分は、グリニッジ標準時との時差(「+」または「-」記号の後に 4 桁の数値を入力して指定。たとえば、ニューヨークの時差は「-0500」、東京の時差は「+0900」になります)と置き換えます。または「zzzz」の部分をコードと形式リストに記載されているタイムゾーン ID と置き換えます。
形式
MM/dd/yyyy hh:mm:ss aa 「08/14/2012 5:01:54 PM」
MMM dd, yyyy hh:mm:ss aa 「Aug 14, 2012 5:01:54 PM」
MM/dd/yyyy HH:mm:ss 「08/14/2012 17:01:54」
yyyy-MM-dd HH:mm:ss 「2012-08-14 13:00:00」
yyyy-MM-ddTHH:mm:ss 「2012-08-14T13:00:00」
yyyy-MM-dd HH:mm:ss+z 「2012-08-14 13:00:00+0500」
yyyy-MM-ddTHH:mm:ss+z 「2012-08-14T13:00:00-0100」
yyyy-MM-dd HH:mm:ss zzzz 「2012-08-14 13:00:00 America/Los_Angeles」
yyyy-MM-ddTHH:mm:ss zzzz 「2012-08-14T13:00:00 America/Los_Angeles」
  • Conversion Value: (省略可)コンバージョンに設定する値を入力します。通貨での値または 0~10 の相対値を入力できます。このフィールドを空白のままにすると、ステップ 2 の項目 8 (新しいオフライン コンバージョン アクションの作成)で定義した「コンバージョン値」が自動的に適用されます。
  • Conversion Currency:(省略可)コンバージョン値の通貨を入力します。この列は、コンバージョン値で複数の通貨を使う場合や、異なる通貨で請求される複数のアカウントがある場合に使用します。通貨は ISO 4217 の通貨コードで定められた 3 文字で指定します。たとえば、米ドルは「USD」、日本円は「JPY」です。
外部で貢献度が割り当てられたコンバージョンのインポートについて

外部のアトリビューション システムを使ってコンバージョンの貢献度を複数のクリックに割り当てている場合は、コンバージョンのインポートにも外部のアトリビューションを使用することをおすすめします。外部システムによって貢献度の割り当てられたコンバージョン アクションを使用すると、各クリックに対して割り当てられたコンバージョンの貢献度の一部をインポートできます。

インポートに外部のアトリビューションを使用する場合は、Google 広告でコンバージョン アクションを作成(こちらの手順のステップ 1、項目 14)する際に [外部のアトリビューションを使用] を選択します。貢献度を反映したコンバージョンをアップロードする際は、外部アトリビューション向けのコンバージョンのインポート用テンプレートを、ExcelCSVGoogle スプレッドシートのいずれかの形式でダウンロードします。以下の点にもご注意ください。

  • [Google Click ID] で始まる列を削除すると、データをインポートできなくなります。
  • データの中に余計な列や個人情報が含まれていないことも確認してください。
  • [Parameters] 行 と [Conversion Time] 列の両方、またはいずれか一方で、TimeZone の値を忘れずに設定してください。通貨とタイムゾーンの設定に関する詳細
  • コンバージョンの貢献度の割り当てに使用しているアトリビューション モデルの名前を入力する必要があります(「線形(liner)」、「データドリブン(data-driven)」など)。
  • コンバージョン値(Conversion Value)を含める場合は、割り当てられたコンバージョン貢献度(Attributed Credit)に対応する値を使用します(下記の例を参照)。
  • [Attributed Credit] 列には、0 より大きい 1 以下の値を入力します。
  • [Conversion Value] 列と [Conversion Currency] 列は、どちらも省略できます。

外部のアトリビューションでコンバージョンのインポート用テンプレートを使用する例としては、購入をトラッキングし、ユーザーの各クリックから GCLID を収集するケースが考えられます。たとえばウェブサイト上で、あるユーザーが 3 回のクリックを経て 1 万円の商品の購入に至ったとします。Google 広告のディスプレイ広告のクリックが 1 回、別の広告掲載ネットワークでのクリックが 1 回、そして最後のクリックが Google 広告の検索広告だった場合に、線形アトリビューション モデルを使用すると、アップロードは次のようになります。

Parameters:Attribution Model = linear
Parameters:TimeZone=-0800 # [Attributed Credit] には 0~1 の値を入力する必要があります # # 省略可 # # 省略可 #
Google Click ID Conversion Name Conversion Time Attributed Credit Conversion Value Conversion Currency
googleclickid1 External Attribution Conversion action name 05/01/2017 3:42:01 PM 0.33 3333 JPY
googleclickid2 External Attribution Conversion action name 05/01/2017 3:42:01 PM 0.33 3333 JPY

2. コンバージョン データをインポートする

オフライン コンバージョンを Google 広告にインポートするには、コンバージョンを管理している Google 広告アカウントに作成したコンバージョン ファイルをアップロードする必要があります。クロスアカウント コンバージョン トラッキングを設定している場合は、MCC アカウント単位でコンバージョンをアップロードすることが必要です。ファイルは 1 回だけアップロードすることも、スケジュールを設定して定期的にアップロードすることもできます。いずれかの方法を選んで、以下に説明するそれぞれの手順を行ってください。

カスタム変数を作成するには、コンバージョン トラッキング タグを使用するか、オフライン コンバージョンをアップロードします。

重要: 新しく作成したコンバージョン アクションについては、4~6 時間ほど待ってからデータをアップロードしてください。
コンバージョンを 1 回のみアップロードする方法
  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックします。
  3. [測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  4. 左側のメニューで [アップロード] をクリックします。
  5. プラスボタン をクリックします。
  6. [ソース] メニューをクリックし、ファイルのソースを選択します。パソコンや Google スプレッドシートからファイルをアップロードしたり、HTTPS や SFTP 経由でファイルを転送したりすることができます。
  7. 選択したソースに基づいて、以下のいずれかの手順を行ってください。
    • [ファイルをアップロード] または [Google スプレッドシート] を選択した場合は、[ファイルを選択] をクリックして、オフライン コンバージョンの情報を含むファイルを選択します。
    • HTTPS または SFTP を選択した場合は、ファイルの URL と、ファイルにアクセスするためのユーザー名とパスワードを入力します。
      注: SFTP を選択して「ファイルが見つかりません」というエラーが発生した場合は、ファイルのパスと名前の間に二重スラッシュ(「//」)を挿入してみてください(例: SFTP://sftp.mysite.com/conversions//conv.csv)。
  8. アップロード結果をプレビューせずにファイルの内容をインポートするには、[適用] をクリックして残りの手順を省略します。アップロード結果をプレビューするには、[プレビュー] をクリックします。ファイルのプレビューでは、アカウントにインポートされるコンバージョン数がハイライト表示されます。プレビューにはファイル内のエラーも含まれ、ファイル内のエラーを修正して再度アップロードすることも、エラーを無視することも可能です。
    • プレビューを準備した後に [詳細] をクリックすると、ファイル内容の一部が表示されます。ここでは、エラーが最初に表示されます。
    • ファイルの内容をすべて表示するには、[詳細] をクリックします。
    • [ファイルを適用] をクリックします。ファイル内のコンバージョン データのインポートが完了すると、ページの下部にある進行状況バーで通知されます。このバーの [詳細] をクリックすると、インポートされたすべてのコンバージョンが表示されます。

アップロードと適用が完了しているファイルだけでなく、アップロードしたものの適用が済んでいないファイルも表示できます。アップロードしたファイルの表示についての詳細

設定したスケジュールでコンバージョンをアップロードする方法

Google 広告では定期的にコンバージョン データを自動インポートできます。この場合は、Google スプレッドシートでコンバージョン データを含むファイルを作成するか、HTTPS または SFTP を使用してオンラインでファイルを保存する必要があります。ファイルをアップロードするスケジュールの設定手順は以下のとおりです。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックします。
  3. [測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  4. 左側のメニューで [アップロード] をクリックします。
  5. ページ上部にある [日程] をクリックします。
  6. プラスボタン をクリックします。
  7. [ソース] メニューをクリックし、ファイルのソースを選択します。Google スプレッドシートからファイルをアップロードしたり、HTTPS や SFTP 経由でファイルを転送したりすることができます。
  8. 選択したソースに基づいて、以下のいずれかの手順を行ってください。
    • [Google スプレッドシート] を選択した場合は、[ファイルを選択] をクリックして、オフライン コンバージョンの情報を含むファイルを選択します。
    • HTTPS または SFTP を選択した場合は、ファイルの URL と、ファイルにアクセスするためのユーザー名とパスワードを入力します。
      注: SFTP を選択して「ファイルが見つかりません」というエラーが発生した場合は、ファイルのパスと名前の間に二重スラッシュ(「//」)を挿入してみてください(例: SFTP://sftp.mysite.com/conversions//conv.csv)。
  9. [頻度] メニューをクリックし、ファイルをインポートする頻度を選択します。
  10. [時間] メニューをクリックし、ファイルをいつインポートするかを選択します。
  11. [保存してプレビュー] をクリックします。プレビューには、スケジュールが正常に保存されたかどうかが表示されます。ユーザー名やパスワードが間違っていることが原因で Google 広告がファイルソースにアクセスできない場合や、ファイルが正しい形式になっていない場合、スケジュールが保存されないことがあります。
  12. [OK] をクリックすると [日程] に戻ります。このページには、スケジュールが設定されたすべてのアップロードが一覧で表示されます。

    注: スケジュールが設定されたアップロードに問題があると、アカウントにアラートが表示され、メールでもアラートが届きます。その場合は、オンライン ファイルを確認し、問題を解決してください。

  13. スケジュールが設定されたアップロードを変更するには、[アクション] 列で [オプション] をクリックし、以下のいずれかを行います。
    • スケジュールが設定されたアップロードの設定を変更するには、[編集] をクリックします。
    • スケジュールが設定されたファイルのアップロードを停止するには、[一時停止] をクリックします。
    • スケジュールが設定されたファイルのアップロードの一時停止を解除し、アップロードを再開する場合は、[再開] クリックします。
    • ファイルのコンバージョン データをアップロードする必要がなくなった場合は、[削除] をクリックします。
  14. Google 広告アカウントのアクセス権が読み取り専用の場合、スケジュールが設定されたアップロードのオプションを変更することはできません。

3. 結果を確認して、問題を解決する

コンバージョン データのインポート プロセスを最初に設定する場合は特に、アップロード ファイルにエラーが発生することがよくあります。すべての広告主様に、アップロードの結果を確認することをおすすめします。

アップロードしたファイルを表示する

コンバージョン データのファイルのアップロードが完了すると、アップロード ページにそのファイルが追加表示されます。ファイルのアップロードと適用には数分かかる場合があります。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックします。
  3. [測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  4. 左側のメニューで [アップロード] をクリックします。
  5. プレビュー済みで適用が済んでいないファイルは、[保留中のアクション] の表に表示されます。[アクション] 列で [適用] をクリックしてファイル内のコンバージョン データをインポートするか、[破棄] をクリックしてアップロード済みのファイルを削除します。
  6. [保留中のアクション] の表の下に、アップロードおよび適用したファイルが一覧で表示されます。ファイルについて詳しくは、以下の列を確認してください。
    • [ステータス] 列では、ファイル内のコンバージョン データが正常にインポートされたかどうかをすばやく確認できます。
    • [結果] 列には、インポートのステータスの詳細が表示されます。ファイルのインポートが失敗した場合は、この列で失敗の原因を確認できます。また、この列には、インポートされたコンバージョンと、ファイルエラー以外の原因でインポートに失敗したコンバージョンを確認するためのリンクも表示されています。
    • [アクション] 列には、以下のリンクが表示されます。
      • 結果をダウンロード: アップロードしたファイルのコピーをダウンロードします。このリンクは、ファイル内のすべてのコンバージョン データが正常にインポートされた場合に表示されます。
      • すべてダウンロード: インポートできなかったコンバージョン データを含め、アップロードしたファイルのコピーをダウンロードします。
      • エラーをダウンロード: インポートできなかったファイルのコンバージョン データとエラー メッセージを一覧表示したスプレッドシートをダウンロードします。
      上記の 3 つのリンクのどれを選択しても、ダウンロードされたファイルには「結果」列が含まれ、コンバージョンが正常にインポートされたかどうかや、インポートされなかった理由を確認できます。このリンクは、初回のアップロードから 30~60 日後に削除されます。
インポートに関する問題の解決方法
  1. アップロードしたファイルを表示し、エラーのあるファイルを探します。
  2. [アクション] 列で、[エラーをダウンロード] をクリックしてスプレッドシートをダウンロードします。スプレッドシートにはファイル内のインポートできなかったコンバージョンが一覧で表示されています。
  3. スプレッドシートの [Results] 列にあるエラー メッセージを確認し、Google 広告でコンバージョンのインポートができなかった原因を確認します。
  4. 必要な修正を加えたうえでスプレッドシートを保存し、改めてアップロードします。
  5. ファイルの処理に問題が生じることもあります。その場合は、最初の行(.csv または .tsv ファイルの場合)や、新しい「General Errors」ワークシート(Excel ファイルの場合)にエラー メッセージが表示されます。

コンバージョンのインポートについてのガイドライン

適切なタイミングでアップロードする

最後のクリックから 90 日以上経ってアップロードされたオフライン コンバージョン データは Google 広告にインポートされません。コンバージョンのデータにも表示されません。

同じクリックに由来する複数のコンバージョンのアップロード

同じコンバージョンを何度もインポートすることはできません。このため、GCLID、"ConversionName"、日時の組み合わせが同じコンバージョン、またはコンバージョン調整が重複しているコンバージョンをアップロードしようとした場合、そうしたコンバージョンは 1 回しかカウントされないため、重複アップロードのエラー メッセージが表示されます。

ただし、同じクリックに由来する同じ種類の複数のコンバージョン(オフラインで複数回発生した商品購入コンバージョンなど)をアップロードすることは可能です。GCLID とコンバージョン名が同じでも日時が異なる場合で、コンバージョンのカウント設定を [すべて] に設定している場合は、別々のコンバージョンとして記録できます。

最後のアップロードの直前に発生したコンバージョンについては、一部が処理されていない可能性があるため、再度アップロードすることをおすすめします。Google 広告では、広告のクリックから 4~6 時間経過しないとコンバージョン データを正常にアップロードできません(コンバージョン データのアップロードが早すぎると、「このクリックの情報は処理中です。4~6 時間後に再度アップロードしてください」という内容のエラー メッセージが表示されます)。

たとえば、コンバージョン データを毎日アップロードしている場合、2 日前のコンバージョンの一部が処理されていない可能性があります。必ず、過去 2 日間のすべてのコンバージョンをアップロードすることをおすすめします。同じコンバージョンを複数回アップロードしても、重複してカウントされる心配はありません。同じクリックに由来する複数のコンバージョンをアップロードすると、重複するコンバージョンごとにエラーが表示されます。

インポートしたコンバージョン データを Google 広告で表示する

インポートしたコンバージョンのデータは、Google 広告アカウントに表示されるようになるまでに 3 時間ほどかかります。このデータは、必要な処理が完了した後にコンバージョン関連の列に表示されます。コンバージョン関連の列と、これらの列をレポートに追加する方法について詳しくは、コンバージョン トラッキングのデータについてをご覧ください。コンバージョン アクションごとの成果の違いを確認する場合は、[コンバージョン] 列のデータを [コンバージョン アクション名] でセグメント化します。

コンバージョンのインポートが機能しているかどうかを確認するには、[すべてのコンバージョン(コンバージョンの日時別)] 列を選択します。他のコンバージョン列とは異なり、この列にはコンバージョンの日付ごとの合計コンバージョン数が表示されます。これは、アップロード ファイルにコンバージョンの日時が記録されるためです。

なお、クリックからコンバージョンまでの期間が長いほど(オンライン コンバージョンでもインポートされたコンバージョンでも)、コンバージョンの統計情報が出揃うまでの時間も長くなります。

例: コンバージョン データを毎晩アップロードしていて、クリックからコンバージョンの達成までに 3 日かかるとした場合、月曜日のコンバージョンに関する正確なデータを確認するには、金曜日の午前中まで待つ必要があります。

SFTP URL を設定する

「ファイルが見つかりません。URL、名前、パスワードに誤りがないか確認してください。」

正しいユーザー名とパスワードを入力したにもかかわらずこのようなアップロード エラーが表示された場合、ファイルがホーム ディレクトリにあることを明確に示すため URL を修正する必要があると考えられます。

SFTP サーバー(例: ftp.example.com)上のすべてのユーザー(例: Jon)に固有のホーム ディレクトリが存在します(例: /home/Jon/)。一部の SFTP サーバーでは、ユーザーがリクエストしたファイル(例: upload.csv)は常にそのユーザーのホーム ディレクトリ内にあるものと認識されます。このような場合、URL にホーム ディレクトリを含めると、FTP サーバーは間違った場所でファイルを探すことになります。

アップロード エラーを修正する

次に、アップロード エラーの例とその解決方法をいくつか示します。

ファイルがホーム ディレクトリ(/home/Jon/)に保存されている場合

ステータス URL 理由
悪い ftp.example.com/home/Jon/upload.csv 論理的に正しい URL として使用できるように見えますが、FTP サーバーでは、ファイルがユーザーのホーム ディレクトリに保存されていると認識されます。そのため、このファイルパスは/home/Jon/home/Jon/ と解釈されます
良い ftp.example.com/upload.csv ホーム ディレクトリへのパス(/home/Jon/)を削除すると適切な形になります。
良い ftp.example.com//home/Jon/upload.csv ドメインとファイルパスの間に「//」を挿入すると、FTP サーバーでは、ファイルがホーム ディレクトリにあると認識されなくなります。

ファイルがホーム ディレクトリ内のディレクトリ(/home/Jon/data/)に保存されている場合

ステータス URL 理由
悪い ftp.example.com/home/Jon/data/upload.csv

ここでも、FTP サーバーはファイルがユーザーのホーム ディレクトリに保存されていると認識するため、このファイルパスは /home/Jon/home/Jon/data/ と解釈されます

良い ftp.example.com/data/upload.csv ホーム ディレクトリへのパス(/home/Jon/)を削除すると適切な形になります。
良い ftp.example.com//home/Jon/upload.csv ドメインとファイルパスの間に「//」を挿入すると、FTP サーバーでは、ファイルがホーム ディレクトリにあると認識されなくなります。

ファイルがホーム ディレクトリに保存されていない場合(代わりに /foo/bar/ に保存)

ステータス URL 理由
悪い ftp.example.com/foo/bar/upload.csv 論理的に正しい URL として使用できるように見えますが、FTP サーバーでは、ファイルがユーザーのホーム ディレクトリに保存されていると認識されます。そのため、このファイルパスは /home/Jon/foo/bar/ と解釈されます
良い ftp.example.com//foo/bar/upload.csv ドメインとファイルパスの間に「//」を挿入すると、FTP サーバーでは、ファイルがホーム ディレクトリにあると認識されなくなります。

第三者統合を使用してオフライン コンバージョンをインポートする

Google 広告アカウントを Salesforce や Zapier と統合することにより、第三者統合を使用して CRM システムからのコンバージョンのインポートを自動化できます。

注: 2021 年 6 月より、MCC アカウント単位のコンバージョン測定を有効にしている Google 広告のクライアント アカウントからは、オフライン コンバージョンをアップロードできなくなります。クライアント アカウントを使用してコンバージョンをアップロードすると、エラー メッセージが表示されるので、MCC アカウントに移動して、そこからコンバージョンをアップロードする必要があります。詳しくは、クライアント アカウントからオフライン コンバージョンをアップロードする場合の変更点をご覧ください。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false