目標コンバージョン単価制: トラフィックの量やコンバージョン率の低下に対処する方法

目標コンバージョン単価制を使用していると、トラフィックの量やコンバージョン率が低下することがあります。

この記事では、この問題に対処する方法について解説します。

はじめに

目標コンバージョン単価による入札戦略をまだ設定していない方は、まず目標コンバージョン単価制についてをご覧ください。

トラフィックの変化

目標コンバージョン単価による入札戦略を設定した後、トラフィック(クリック数やコンバージョン数)が減少した場合は、いくつかの原因が考えられます。

  • 目標コンバージョン単価が低すぎる。目標コンバージョン単価を、キャンペーンのこれまでの平均コンバージョン単価と比べてみることをおすすめします。目標コンバージョン単価の設定額が平均コンバージョン単価と比べて大幅に低いと、十分なトラフィックを維持しながら目標コンバージョン単価を実現できる可能性が低くなるため、単価の引き上げをご検討ください。
  • 減少しているのはクリック数や表示回数であって、コンバージョン数ではない。目標コンバージョン単価制の目的は、コンバージョンにつながらないトラフィックを減らして、コンバージョン数を増やすことにあるため、コンバージョン数が増える一方で表示回数やクリック数は減少することがあります。
  • コンバージョン トラッキングが無効になっている。トラッキングしていたコンバージョンを削除すると、目標コンバージョン単価制を使用していたキャンペーンの広告の掲載が停止されます。この場合に広告の掲載を再開するには、コンバージョン トラッキングを有効にするか、個別単価設定に切り替える必要があります。

コンバージョン率の変化

目標コンバージョン単価による入札戦略を使用すると、コンバージョン率が低下したように見える場合があります。特に、すべてのクリックのコンバージョン率の平均に着目するとこのような現象が見られます。たとえば、目標コンバージョン単価による入札戦略を使用したことで、入札単価が非常に低く、コンバージョン率も若干低いクリックが増えたとします。この場合、他の点でキャンペーンに変化がなければ、全体的なコンバージョン率は減少したように映りますが、費用も抑えられるため、キャンペーンの投資収益率は高まる可能性があります。

たとえば、あるウェブサイトではクリック 10 回につきコンバージョンが 1 回発生し、クリック単価が 100 円だったとします。この場合、コンバージョン率は 10%、コンバージョン単価は 1,000 円となります。このケースで目標コンバージョン単価制を利用した結果、クリック単価が 10 円のウェブサイトに広告が掲載され、クリックした 50 人中 1 人だけがコンバージョンを達成したとします。この場合、コンバージョン率は 2% に下がりますが、コンバージョン単価も 500 円にまで抑えられます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。