自動入札戦略とは

入札戦略の一種で、クリックやコンバージョンにつながる可能性に基づいて、広告の入札単価を自動的に調整します。自動入札戦略にはいくつかのタイプがあり、いずれもビジネスの特定の目標を達成することを目的としています。

  • 自動入札機能を利用すると、入札単価を設定する際の手間のかかる作業や推測に頼った作業を排除できます。個別クリック単価制とは異なり、特定の広告グループやキーワードの入札単価を手動で更新する必要はありません。
  • 自動入札戦略にはさまざまなタイプがあり、クリック数や検索結果ページでの視認性、コンバージョン数、コンバージョン値の増大に役立てられます。
  • コンバージョン重視の自動入札戦略では、オークションの時点で利用可能な情報に基づいて、オークションごとに固有の入札単価が設定されます。こうした情報には、時間帯、表示されている広告、ユーザーの端末、地域、ブラウザ、オペレーティング システムなどが含まれます。
  • 自動入札戦略では、入札単価の成果に関する情報に基づいて将来の単価設定が行われるため、適用される状況に柔軟に対応します。
  • 自動入札戦略はすべて、ポートフォリオ戦略として利用できます。一部は、標準戦略としても利用可能です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false