アカウントのデフォルトのコンバージョン目標について

コンバージョン目標ごとに、アカウント内のすべてのキャンペーンにこの目標をデフォルトで含めるかどうかを指定できます。コンバージョン目標で「アカウントのデフォルト」設定を有効にすると、(キャンペーン固有の目標を設定したキャンペーンを除く)すべてのキャンペーンで、その目標内のメインのコンバージョン アクションがレポートのコンバージョンとしてトラッキングされ、入札に使用されます。

: [コンバージョン値] に表示されるのは、[コンバージョン] 列に含まれるコンバージョンの価値(コンバージョン値)の合計です。詳細: コンバージョン トラッキング データについて

この記事では、アカウントのデフォルトの目標とそのメリットについて説明します。詳しくは、コンバージョン目標の管理をご覧ください。


メリット

「アカウントのデフォルト」設定を使用すると、以下のことができます。

  • [コンバージョン] 列に、広告主様にとって意味のあるコンバージョン アクションに関するデータだけを表示する
  • 自動入札戦略で最適化の基準にするべきコンバージョン アクションを指定する
  • 個別単価設定の参考となるよう、[コンバージョン] 列の表示内容を調整する
注: キャンペーンにコンバージョン目標を適用すると、Google 広告レポートの [コンバージョン] 列にその目標が表示されます。キャンペーンに適用されていないコンバージョン目標は、[コンバージョン] 列に表示されません。レポートの [すべてのコンバージョン] 列で、すべてのコンバージョン目標のレポートを表示できます。

アカウントのデフォルトの目標の仕組み

「アカウントのデフォルト」設定を使用すると、コンバージョン目標に関連するコンバージョン アクション データを、デフォルトでキャンペーン全体のコンバージョン レポートに含めるかどうかを指定できます。目標コンバージョン単価(CPA)や拡張クリック単価(CPC)などの自動入札戦略を使用すると、コンバージョン レポートに含まれたデータに基づいて入札単価が最適化されます。算入しないよう設定したコンバージョン アクションは、自動入札戦略による単価設定の基準からも外れます。単価設定の基準にしたいコンバージョンとそうでないコンバージョンがある場合は、この方法で反映することができます。

: コンバージョン目標とは、コンバージョン アクションのグループであり、特定のコンバージョン アクションをコンバージョン レポートに含めて入札に使用するには、そのアクションを「メイン アクション」としてマークする必要があります。個々のコンバージョン アクションをデフォルトでキャンペーン全体の測定と入札に使用するには、(コンバージョン目標単位で設定する)「アカウントのデフォルト」設定に加えて、この設定を有効にする必要があります。メインとサブのコンバージョン アクションについて

衣料品のオンライン ショップで、ユーザーがショッピング カートに商品を入れるたびにトラッキングするコンバージョン アクションを 1 つ含む「ショッピング カートへの追加」と、衣料品およびスタイリング サービスの購入のトラッキングという 2 つのコンバージョン アクションを含む「購入」の 2 種類のコンバージョン目標を設定しているとします。

単価設定の最適化で基準にしたいのは購入コンバージョン目標で、レポートで確認したいのはこれらのコンバージョンです。「カートに追加」のコンバージョン アクションを単価設定の基準にするつもりはなく、レポートに含める必要もありません。

この場合、購入コンバージョン目標を [アカウント目標として使う] チェックボックスをオンにし、「カートに追加」の目標についてはチェックボックスをオフにします。これで、自動入札戦略では購入目標のみを基準にキャンペーンが最適化され、レポートには購入コンバージョンのみが表示されるようになります。一方、ショッピング カートの目標に対する件数も、[すべてのコンバージョン] 列で引き続き確認できます。

自動入札戦略を使用していない場合、この設定によって自動的に単価設定が変化することはありませんが、個別単価設定を行う際の判断基準として使いやすいよう、[コンバージョン] 列の内容をカスタマイズすることができます。

ほとんどのコンバージョン アクションでは、デフォルトでデータを [コンバージョン] 列に含める設定になっています。

: アプリ キャンペーンでは、入札とレポートに使用するコンバージョン アクションを常にキャンペーン単位で設定し、アカウントのデフォルトの目標は適用されません。

Web to App Connect を使用してアプリ コンバージョン トラッキングをセットアップします。Google 広告の Web to App Connect インターフェースを使用してコンバージョン トラッキングとディープリンクを設定すると、顧客にウェブからアプリへのシームレスなエクスペリエンスを提供できるため、モバイル ウェブサイトに誘導される広告クリックと比べてアプリに誘導される広告クリックはコンバージョン率が平均 2 倍高くなります。
 

この優れたエクスペリエンスにより、ユーザーは商品の購入、配信登録、カートへの商品の追加など、目的の操作をより簡単に完了することができます。さらに、Web to App Connect インターフェースでは、こうしたアプリ内コンバージョン アクションをトラッキングし、キャンペーンのパフォーマンスを高める方法についての最適化案を取得できます。

Web to App Connect を利用するには、以下の 3 つの手順を行います。

  1. Google 広告の管理画面ツールアイコン ツールアイコン をクリックします。
  2. セクション メニューで [プランニング] プルダウンをクリックします。
  3. [アプリ広告ハブ] をクリックします。Web to App Connect インターフェースが表示されます。

Web to App Connect インターフェースを使ってコンバージョンを増やす方法の詳細

 


手順

注: 以下の手順は、Google 広告のユーザー エクスペリエンスの新しいデザインのものです。以前のデザインを使用するには、[デザイン] アイコンをクリックして [以前のデザインを使用する] を選択してください。Google 広告の以前のバージョンを現在もご使用の場合は、機能早見表を確認するか、Google 広告の上部にあるナビゲーション パネルの検索バーを使って、お探しのページを検索してください。

この画像は、Google 広告でコンバージョン目標の「アカウントのデフォルト」設定を有効にする手順を示しています。

  1. Google 広告の管理画面で [目標] アイコン 目標アイコン をクリックします。
  2. セクション メニューで [コンバージョン] プルダウンをクリックします。
  3. [概要] をクリックします。
  4. 編集するコンバージョン目標に移動します。
  5. [目標を編集] をクリックします。
    • [アカウント目標として使う] を選択します。
    • メインまたは補助のアクションとして設定するコンバージョン アクションを選択します。
  6. [変更を保存] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー