データの分析情報について

データの分析情報の取得方法が変更されました。

変更されていない点:

  • キャンペーンのセグメントは、変更なしで引き続き同じユーザーをターゲットにします。
  • ターゲティングまたはレポートの分析情報が影響を受けることはありません。

Google がデータ分析情報を取得する方法は次のように変更されます。

  • 現在更新が進行中なため、一部の国はサポート対象外である可能性があります。その結果、一部のセグメントで分析情報が得られない場合があります。
  • 変更が行われることにより、表示される分析情報に違いが生じることがあります。結果として、一部のセグメントの分析情報のディメンションは減少します。

オーディエンスの全体像を 1 か所で把握し、オーディエンスの管理と最適化を簡素化するために、Google 広告では次のような改善が行われました。

  • 新しいオーディエンス レポート
    オーディエンスのユーザー属性、セグメント、除外設定に関する詳細情報がまとめられています。キャンペーン アイコン Campaigns Icon をクリックして [オーディエンス、キーワード、コンテンツ] タブを開き、[オーディエンス] をクリックします。このレポートページから、オーディエンスを簡単に管理することもできます。オーディエンス レポートについて
  • 新しい用語
    オーディエンス レポート内と Google 広告全体で新しい用語が使用されています。たとえば、「オーディエンス タイプ」(類似、カスタム、購買意向、アフィニティなど)はオーディエンス セグメントに、「リマーケティング」は「広告主様のデータ」にそれぞれ変更されました。オーディエンスに関する用語やフレーズの更新

データの分析情報は、ウェブサイト訪問者とアプリユーザーに関する重要な情報を表示することで、新しいオーディエンスを見つけられるように設計されています。たとえば、Google 広告のコンバージョン トラッキングを使用している場合は、データの分析情報により、「コンバージョンに至ったすべてのユーザー」のデータ セグメントに関連するオーディエンスを見つけることができます。これは、そうした成果の高いオーディエンスにさらにリーチできるようターゲットを拡大したり、入札単価を調整したりするのに役立ちます。

メリット

  • 関連性の高い新しいオーディエンスを発掘して、広告グループのターゲットを拡大できます。
  • 選択したデータ セグメントのユーザー属性、地域、デバイス、興味の対象を把握できます。
  • 広告のターゲット設定や入札単価の設定などについて、適切な情報に基づく意思決定を行うことができます。
  • ウェブサイトでのコンバージョンを見込める新しいユーザーを見つけて、売り上げを伸ばすことができます。
  • 一般的なユーザーを基準にして、理想的なオーディエンスのデータ セグメントを評価することができます。

 

アウトドア アパレル企業が、Google 広告のデータの分析情報レポートで「コンバージョンに至ったすべてのユーザー」リストをチェックしているとします。ウェブサイトでコンバージョンを達成している主なユーザーは、女性、25~44 歳、アウトドア好きであり、ほとんどの場合モバイル デバイスを使っていて、現在シューズの購入を検討していることがわかりました。そこで、このプロフィールに該当するオーディエンスをターゲットとする広告を使ってキャンペーンを作成しました。

データの分析情報にアクセスする方法

注: 以下の手順は、Google 広告のユーザー エクスペリエンスの新しいデザインのものです。以前のデザインを使用するには、[デザイン] アイコンをクリックして [以前のデザインを使用する] を選択してください。Google 広告の以前のバージョンを現在もご使用の場合は、機能早見表を確認するか、Google 広告の上部にあるナビゲーション パネルの検索バーを使って、お探しのページを検索してください。
 
  1. 画面右上にあるツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックします。
  2. [共有ライブラリ] の下の [オーディエンス マネージャー] をクリックします。
  3. 左側のページメニューで [データの分析情報] をクリックします。

レポートの構成

データの分析情報は [オーディエンス分布] と [関連性の高いオーディエンス] の 2 つのセクションに分かれています。特定のオーディエンス セグメントを選択してそれを個別に表示するか、国の人口などを比較対象として使用することが可能です。また、画面右上からレポートをダウンロードすることもできます。

[オーディエンス分布] には、オーディエンス リストの分布の詳細とユーザーの特徴(地域、属性、デバイスなど)が表示されます。[関連性の高いオーディエンス] には、一般的なユーザーを基準にした Google オーディエンス セグメントのユーザーの評価、および Google オーディエンス セグメントのユーザーがオーディエンス リストに登録される可能性が表示されます(インデックス スコアに基づいて評価します)。

  • 購買意向の強いセグメント: 何かを購入しようとしているユーザーであり、リサーチを行ったりして、商品やサービスの購入を真剣に検討しています。[購買意向の強いセグメント] を選択すると、商品を購入する可能性が高いユーザーに広告を表示してコンバージョン率を上げることに注力することができます。たとえば、アウトドア アパレル企業の場合なら、「コンバージョンに至ったすべてのユーザー」セグメントのユーザーが、比較対象として選択したセグメントより「ウィンター スポーツの道具とアクセサリ」に関心を持つ可能性が高いことを確認することができます。
  • アフィニティ セグメント: このセグメントを使用すると、テレビ広告キャンペーンを低コストでオンライン キャンペーンにまで拡大させることができます。ユーザーのライフスタイルや購買傾向、長期的な関心事に基づいて、オンライン広告を表示することが可能です。たとえば、アウトドア アパレル企業の場合なら、「すべての訪問者」セグメントのユーザーが、比較対象よりも「アウトドア愛好家」というアフィニティ セグメントに強い関心を持っていることを確認できます。

分析情報の活かし方

購買意向の強いセグメントとアフィニティ セグメント

  • 選択したオーディエンス セグメントのユーザーについて、興味の対象と購入意向を確認する。
  • オーディエンス セグメントのユーザーに類似する購買意向の強いセグメントとアフィニティ セグメントをターゲットに設定する。

ユーザー属性

  • 年齢、性別、世帯収入などに基づいて、データを構成するセグメントのユーザー属性の詳細を確認する。
  • 特定のユーザー属性を対象にカスタマイズした広告を表示する。
  • 特定のユーザー属性に人気のある商品カテゴリを調べる。
  • ユーザー属性ごとに入札単価を調整する。

地域

  • 購入に至っているユーザーが多い地域をターゲットに含める。
  • ベンチマークに関する分析情報*

(*ベンチマークを使用できる国は、リストのオーディエンスと、リストに含まれるユーザーの地域によって異なります。)

デバイス

  • デバイスごとに入札単価を調整する(モバイルも対象)。

類似セグメント

  • お客様のウェブサイトにアクセスしたり、お客様のアプリを使用したりしたことはないがウェブサイト訪問者や既存のユーザーと同じような興味や関心を持つ、新しい見込み顧客にアプローチする。
  • 似たような興味や関心を持つユーザーをターゲットとする新しい広告グループを作成する。

よくある質問

比較用の割合はどのように解釈すればよいですか?

比較用の割合を参考にすると、ターゲットを適切に絞り込むことができます。たとえば、「すべての訪問者」リストのユーザーに類似したユーザーをターゲットに設定するとしましょう。「すべての訪問者」のうち、現時点で自転車の購入を考えているユーザーが 22.5% で、比較対象のアメリカ全体のうち、自転車の購入を検討している人が 6.48% だとします。この場合は、アメリカ全体よりもリストのユーザーのほうが、自転車の購入を検討している可能性が高いため、自転車のターゲットに追加すると成果の向上が見込めます。

レポートの購買意向の強いセグメントとアフィニティ セグメントをターゲットに設定すべきですか?

データの分析情報レポートでは、お客様のウェブサイトを訪問したかお客様のアプリを使用したことがあるユーザーと共通点のあるオーディエンス セグメントを特定できます。場合によっては、セグメントの名前が予期しないもので、新しい分析情報を得られることもあります。

データの分析情報を確認できる Google 広告のデータ セグメントの種類を教えてください。

  • ウェブサイトまたはアプリを利用するユーザー(Google アナリティクスとグローバル サイトタグ)
  • カスタマー マッチ セグメント
  • YouTube ユーザー

データの分析情報がアカウントに表示されないのはなぜですか?

分析情報を表示するには、リストに含まれる過去 30 日間のアクティブ ユーザー数が 1,000 人以上必要です。また、基となるユーザーリストにオーディエンス分析を表示するには、カスタマー マッチ リストに 1,000 人以上の Gmail ユーザーが含まれている必要があります。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー