「検索広告」理解度テストの学習ガイド

最適化案タブを使ってアカウントを改善する

[最適化案] タブは、キャンペーンの改善をサポートするために Google 広告アカウントに設けられた専用セクションです。[最適化案] タブで提案される新しい関連機能を導入すると、入札単価やキーワード、広告を改善して予算を効率的に活用し、キャンペーンの全体的な掲載結果と効率を高めることができます。
この記事では、アカウントに表示される最適化案の概要のほか、最適化案の見方と適用方法について説明します。

はじめに

アカウントに表示される最適化案は、お客様の状況に合わせてカスタマイズされた実用的な提案です。そのため、あらゆる種類の最適化案が表示されるわけではなく、場合によっては何も表示されないこともあります。アカウントに最適化案が表示されない場合は、しばらくしてからもう一度ご確認ください。Google 広告ではお客様に適した最適化案がないか定期的にチェックし、新しい種類の最適化案も随時提供しています。

Google 広告クライアント センター(MCC)アカウントで提供される最適化案

新しい Google 広告では、最適化案を使って子アカウントの成果を改善しやすくなりました。個々の子アカウントではなく MCC アカウントにログインして [最適化案] タブに移動すれば、子アカウントに適用可能な最適化案をすべて確認できます。

表示される最適化案

広告と広告表示オプション

「広告と広告表示オプション」に関する最適化案は、広告を微調整したり、新しい広告を作成したり、成果の高い広告を最も頻繁に表示したり、広告を最適な広告グループにまとめたりするうえで役立ちます。特に、広告表示オプションに関する最適化案タイプを使用すると、広告の掲載結果が最大限に高まり、広告のクリック率の向上につながります。具体的には、次のような最適化案が表示されます。

  • 広告の候補を追加する: 広告の新しいパターンを試し、最も効果的なものを表示します。
  • 広告に電話番号表示オプションを追加する: 広告をより目立たせて、クリック率の向上を図ります。
  • 広告にコールアウトを追加する: 広告をより目立たせて、クリック率の向上を図ります。
  • サイトリンクに説明を追加する: サイトリンクの説明を使用して広告を際立たせます。
  • 広告に価格表示オプションを追加する: 広告をより目立たせて、クリック率の向上を図ります。
  • レスポンシブ検索広告を追加する: レスポンシブ検索広告を作成し、より関連性の高い広告をユーザーに表示します。
  • 広告に販売者評価表示オプションを追加する: 広告をより目立たせて、クリック率の向上を図ります。
  • 広告にサイトリンク表示オプションを追加する: 広告をより目立たせて、クリック率の向上を図ります。
  • 広告に構造化スニペット表示オプションを追加する: 広告をより目立たせて、クリック率の向上を図ります。
  • より関連性の高い広告を新たに作成する: 設定したキーワードを広告文で使用して、広告の関連性を高めます。
  • 新しいパターンの広告を作成する: 広告の新しいパターンを試し、最も効果的なものを表示します。
  • よく使用されるフレーズを使った新しい広告文をテストする: テキスト広告でよく使用されているフレーズを使った新しい広告文をテストして、広告の掲載結果を改善します。
  • 広告のローテーションを最適化する: オークション時に最適な広告を自動的に表示します。

入札単価と予算

「入札単価と予算」に関する最適化案は、ビジネス目標に応じた最適な入札戦略を見つけ、予算による制約の発生を防ぐのに役立ちます。具体的には、次のような最適化案が表示されます。

  • 拡張 CPC を使って、広告費用対効果を高める: コンバージョンにつながる可能性の高い検索について、オークション時に入札単価を自動的に最適化します。
  • 「クリック数の最大化」を使って、広告費用対効果を高める: すべて自動化された入札戦略を使って、現在と同程度の費用で獲得できるクリック数を増やします。
  • 「コンバージョン数の最大化」を使って、広告費用対効果を高める: すべて自動化された入札戦略を使って、現在と同程度の費用で獲得できるコンバージョン数を増やします。
  • 「目標コンバージョン単価」を使って、広告費用対効果を高める: すべて自動化された入札戦略を使って、現在と同程度かそれ以下の費用で獲得できるコンバージョンを増やします。
  • 「目標インプレッション シェア」を使って、広告費用対効果を高める: 完全に自動化された入札戦略で、広告の可視性重視の最適化を行います。
  • 「目標広告費用対効果」を使って、広告費用対効果を高める: 完全に自動化された入札戦略で、同水準の広告費用対効果を保ったままコンバージョン値を増やします。
  • デバイスの入札単価調整を変更する: 特定のデバイスでの費用を最適化して、費用対効果を高めます。
  • トラフィックの少ない広告グループの問題を解消する: 入札単価が低すぎるためほとんど表示されない広告グループの問題を解消します。推定入札単価(1 ページ目)を使用すると改善できる場合があります。
  • 入札単価を引き下げる: 入札単価を引き下げて、現在と同じ、または現在より少ない費用で、より多くのクリックを獲得します。
  • 未使用の予算を振り替える: 繁忙期に広告掲載が停止しないよう、特に多くの予算を必要とする広告に未使用の予算を振り替えて、より多くのトラフィックを獲得します。
  • 現在の予算の範囲内で入札単価を引き上げる: 現在の予算のままで、動画の表示回数を増やします。
  • 予算を引き上げる: 予算による制約を解消し、繁忙期に広告掲載が途切れないようにします。
  • 今後のトラフィック増加に備えて予算を引き上げる: 今後トラフィックの増加が見込まれるため、繁忙期に広告の掲載が停止される可能性があります。今すぐ予算を引き上げて、見込み顧客を逃さずに広告を表示できるようにしましょう。
  • オーディエンスの入札単価調整を設定する: どの程度コンバージョンを達成しているかに基づいてオーディエンスの入札単価調整を最適化します。
  • コンバージョン トラッキングを設定する: どのクリックがコンバージョンにつながるかを見定めて、自動入札などの機能を使用します。
  • スマート ショッピング キャンペーンに切り替える: スマート ショッピング キャンペーンを使って、現在と同程度の費用でコンバージョン値を増やします。
  • データドリブン アトリビューションでコンバージョン トラッキングをアップグレードする: データドリブン アトリビューションを使用して、コンバージョンへの貢献度を複数の広告インタラクションに割り当てます。
  • 標準の広告配信を使用する: 限られた予算を効率良く活用して費用対効果を高めます。

キーワードとターゲット設定

「キーワードとターゲット設定」に関する最適化案は、お客様の商品やサービスに関心を持っているより多くのユーザーに広告を表示するうえで役立ちます。具体的には、次のような最適化案が表示されます。

  • オーディエンスを追加する: 追加費用をかけずに、より実用的なレポートデータを収集します。
  • 除外キーワードを追加する: ビジネスとの関連性がない検索に対して広告が表示されないようにして、無駄な費用を抑えます。
  • 新しいキーワードを追加する: 広告主様の商品やサービスを検索しているユーザーに広告を表示できる機会を増やします。
  • キーワードのフレーズ一致や部分一致のパターンを追加する: ビジネスとの関連性が高いより多くの検索に対して広告を表示します。
  • 急上昇の検索語句をキーワードとして追加する: ビジネスとの関連性が高い話題の検索キーワードが使われたときに広告を表示します。
  • スマート ディスプレイ キャンペーンを作成する: スマート ディスプレイ キャンペーンを使って、現在と同程度のコンバージョン単価でより多くのコンバージョンを獲得します。
  • 動的検索広告を作成する: 広告主様のビジネスに関連する検索に対して広告を表示します。キーワードベースのキャンペーンでは取りこぼしている検索内容を捕捉できる可能性があります。
  • Google 検索パートナーを使ってリーチを拡大する: YouTube とパートナー サイトで、クリック単価を抑えてより多くのユーザーに広告を表示します。
  • 成果の低いキーワードを一時停止する: 成果の低いキーワードへの投資を抑えて無駄を省きます。
  • 競合する除外キーワードを削除する: 競合する除外キーワードが原因でユーザーに広告が表示されませんでした。広告が表示されるようにするには、そのような除外キーワードを削除しましょう。
  • 広告配信に使われていないキーワードを削除する: 広告配信に使われていないキーワードを削除して、アカウントをより管理しやすくします。
  • 重複するキーワードを削除する: 重複するキーワードを削除して、アカウントをより管理しやすくします。
  • オーディエンス ソースを設定する: リマーケティング機能を使ってより効果の高いパーソナライズド広告を表示し、投資収益率の向上を図ります。
  • 顧客リストをアップロードする: リマーケティング機能を使ってより効果の高いパーソナライズド広告を表示し、投資収益率の向上を図ります。

問題の修正

「問題の修正」に関する最適化案は、アカウントの問題を解決し、そのアカウント全体の健全性と掲載結果を改善するうえで役立ちます。具体的には、次のような最適化案が表示されます。

  • 各広告グループに広告を追加する: すべての広告グループに広告を追加して、広告を掲載します。
  • フィードにアイテムを追加する: 動的広告を配信できないキャンペーンがあります。フィードにアイテムを追加してください。
  • キャンペーンにフィードを追加する: パーソナライズド広告を掲載できるよう、キャンペーンにフィードを追加します。
  • 各広告グループにキーワードを追加する: すべての広告グループにキーワードを追加して、広告を掲載します。
  • 認定に関する問題を修正する: 認定に問題があるため、お客様の広告は掲載されていません。広告を掲載するには、認定を申請してください。
  • フィード内の不承認アイテムを修正する: 動的広告を配信する際、フィード内の不承認アイテムのコンテンツは使用できません。コンテンツをさらに表示するには、不承認アイテムを修正してください。
  • 広告のリンク先の問題を解消する: リンク先の問題で広告が不承認となりました。この問題を解消して、広告を掲載できるようにします。
  • 広告文の問題を解消する: 編集基準と表現に関する問題で広告が不承認となりました。広告文の問題を解消して、広告を掲載できるようにします。
  • 必須パラメータの減少が見られるオーディエンス ソースを修正する: オーディエンス ソースから必須パラメータが送信されていない場合は、キャンペーンで個々のユーザーのアクティビティに合わせた動的広告を配信することはできません。必須パラメータが正しく送信されていることをご確認ください。
  • アクティビティの減少が見られるオーディエンス ソースを修正する: キャンペーンで使用しているリマーケティング リストへの登録漏れが発生していないか確認しましょう。オーディエンス ソースを修正して、リストに正しくユーザーが追加されるようにしてください。
  • アクティビティの発生していないオーディエンス ソースを修正する: キャンペーンで使用しているリマーケティング リストへの登録漏れが発生していないか確認しましょう。オーディエンス ソースを修正して、リストに正しくユーザーが追加されるようにしてください。
  • 必須パラメータを送信していないオーディエンス ソースを修正する: オーディエンス ソースから必須パラメータが送信されていない場合は、キャンペーンで個々のユーザーのアクティビティに合わせた動的広告を配信することはできません。必須パラメータが正しく送信されていることをご確認ください。
  • フィードに一致しない必須パラメータを送信しているオーディエンス ソースを修正する: 必須パラメータがフィードと一致しない場合は、キャンペーンで個々のユーザーのアクティビティに合わせた動的広告を配信することはできません。フィードに一致する必須パラメータが正常に送信されるよう、オーディエンス ソースの問題を解決してください。
  • コンバージョン トラッキング タグの問題を解消する: コンバージョン トラッキング タグの問題を解消して、コンバージョンを逃さず獲得するようにします。
  • コンバージョン率の減少が報告されたコンバージョン アクションを修正する: 獲得できるはずのコンバージョンを逃さないよう、コンバージョン トラッキングの問題を修正しましょう。
  • モバイルサイトを改善する: モバイルサイトを改善して、モバイル端末を使用しているユーザーを逃さないようにします。
  • フィードでアイテムの減少を確認する: 最近フィードから削除されたアイテムのコンテンツを使用した動的広告は配信できません。フィードを確認し、不足しているアイテムがあれば追加してください。

広告の候補

広告の候補とは、既存の検索ネットワーク キャンペーンの掲載結果の向上が見込める広告のパターンのことです。広告の候補は確認のためにまずアカウントの [最適化案] ページに表示されます。お客様はこれらを適用するか、非表示にするかを選択できます。: 表示されてから 14 日間何も行わない場合、広告の候補は [自動適用] とマークされ、ユーザーに表示されるようになります。詳しくは、広告の候補についての記事をご覧ください。

最適化案の活用

最適化案を適用する

最適化案を適用するには、ご希望の最適化案で [表示]、[適用] の順にクリックします。特定の種類の最適化案をすべて適用するには、最適化案カードで [すべて適用] をクリックします。新しいキーワードを追加した場合は、審査を経て承認されるまで、そのキーワードでの広告表示をお待ちいただくことがあります。

最適化案を誤って適用した場合は、アカウントの [変更履歴] ページで適用を取り消すことができます。

成果を測定

適用した最適化案が掲載結果に及ぼした効果は、ある程度時間をおいてから評価してください。なお、ご自身で行った他の変更や季節性などの要因が原因で掲載結果の指標が悪化した場合でも、最適化案を適用することで掲載結果が向上する可能性があります。最適化案の適用によるすべての変更は、アカウントの [変更履歴] ページに表示されます。

最適化案を非表示にする

宣伝する商品やサービス、キャンペーンの目標を一番よく把握しているのはお客様ご自身です。広告キャンペーンに適さない最適化案や、広告掲載の目標に合わない最適化案がある場合は、その最適化案の右上にカーソルを合わせて [X] をクリックすると、最適化案を個別に非表示にできます。また、最適化案カードのその他アイコン をクリックし、[すべて非表示にする] を選択すれば、すべての最適化案をまとめて非表示にできます。

最適化案が表示されない理由

最適化案は、すべてのキャンペーンで必ず表示されるとは限りません。最適化案が表示されない一般的な理由としては、次のようなものが考えられます。

  • アカウントにお支払い情報が設定されていないため。 お支払い情報の設定方法をご確認ください。
  • アカウントにキャンペーンや広告グループ、広告がないため。 キャンペーンの作成方法をご確認ください。
  • 広告でトラフィックが発生していないため。 広告が表示されない原因をご確認ください。
  • 広告掲載が始まったばかりであるため。
  • キャンペーンが最適化済みであるため。最も望ましい理由です。

アカウントに最適化案が表示されていない場合は、しばらくしてからもう一度ご確認ください。Google 広告ではお客様に適した最適化案がないかどうかを定期的にチェックしているほか、新しい種類の最適化案も随時提供しています。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。