入札単価調整について

入札単価調整を使用すると、ユーザーが検索を行う場所、時間、方法に応じて、広告を表示する頻度を調整できます。たとえば、時間帯や場所によっては、他の端末よりスマートフォンで発生したクリックの方が価値が高い場合があります。

この記事では、さまざまな入札単価調整とその要件、複数の入札単価調整を設定した場合の動作、各キャンペーン タイプとの互換性について説明します。

入札単価調整を設定する方法については、入札単価調整を追加または削除する方法をご覧ください。

入札単価調整の仕組み

入札単価調整は割合(%)で設定します。

たとえば、上限クリック単価を 100 円に設定したキャンペーンがあり、モバイル端末での掲載結果が良好であるとします。より多くのモバイル端末ユーザーに広告を表示するには、モバイル端末での検索時に掲載する広告の入札単価を 20% 引き上げ、最終的な入札単価を 120 円にします。計算式:

基準の入札単価: 100 円
モバイル端末の単価調整: 100 円+(100 円×20%)=120 円
モバイル端末での検索に対する最終的な入札単価: 120 円

今度は、現在 100 円に設定されている入札単価を引き下げてみましょう。入札単価を 80 円にするには、引き下げ率を 20% に設定します。

入札単価調整の種類

端末

端末の入札単価を調整し、特定の端末(パソコン、タブレット、モバイル端末)でユーザーが検索したときに表示される広告の頻度を変更します。

対象

  • キャンペーン
  • 広告グループ
  • 同じキャンペーンで、キャンペーンと広告グループの両方に端末の入札単価調整を設定した場合、広告グループの入札単価調整が適用されます。

範囲

  • -100%~+900%
  • 特定の端末に広告が表示されないようにするには、入札単価の引き下げ率を 100% に設定します。キャンペーン単位で入札単価引き下げ率を 100% に設定した端末では、その端末に対して広告グループ単位で設定した入札単価調整は適用されません。

ガイドを表示: 端末の入札単価調整を設定する

[ガイドを表示] ボタンをクリックして管理画面を開くと、ガイドに従ってモバイル端末の入札単価調整を設定できます。または、入札単価調整を追加または削除する方法をご覧ください。
ガイドを表示
地域

地域に基づく入札単価調整を使用すると、ユーザーの国、都市、地域に応じて広告を表示する頻度を調整できます。また、住所表示オプションのターゲティング機能を使用して入札単価を調整し、店舗の近くにいるユーザーに広告を表示することもできます。

対象

  • キャンペーン

範囲

  • -90%~+900%
広告のスケジュール設定

広告のスケジュール設定による入札単価調整を使用すると、特定の曜日や時間帯にのみ広告掲載のチャンスを増やすことができます。そのためには、事前に広告のスケジュール設定が必要です。

対象

  • キャンペーン

範囲

  • -90%~+900%
上位のコンテンツ(上級者向け)

YouTube やディスプレイ ネットワークで、1 日の表示回数が多く、高いレベルのトラフィックとユーザー エンゲージメントを獲得している人気コンテンツに対する入札単価調整を設定できます。Google 広告 は、YouTube または Google ディスプレイ ネットワーク(アプリやウェブサイト)のこのようなコンテンツに表示される広告に対し、入札単価調整を使用して入札単価を引き上げます。入札単価の調整は、YouTube または Google ディスプレイ ネットワークのアプリやウェブサイトのコンテンツを対象に行うことができます。

対象

  • 広告グループ

範囲

  • 0%~+500%
ターゲティング方法(上級者向け)

トピックやプレースメントなど、ディスプレイ ネットワークのターゲティング方法に対して入札単価調整を設定できます。詳しくは、ユーザーリスト(インタレストとリマーケティング リスト)を広告グループに追加する方法をご覧ください。

対象

  • 広告グループ

範囲

  • -90%~+900%
検索広告向けリマーケティング リスト(上級者向け)

広告グループのリマーケティング リストのユーザーに広告を表示する場合は、リマーケティング リストに対して入札単価調整を設定します。たとえば、過去 30 日間に広告主様のウェブサイトを閲覧したユーザーを対象に、入札単価を 25% 引き上げることができます。リマーケティング リストの詳細については、検索広告向け Google 広告 リマーケティング リストについてをご覧ください。

対象

  • キャンペーン
  • 広告グループ

範囲

  • -90%~+900%
インタラクション(通話に基づく入札単価調整)

モバイル端末向けの入札単価を引き上げることで、スマートフォン ユーザーに通話インタラクションを促す広告を頻繁に表示できるようになります。インタラクションの入札単価調整を使用すると、電話番号表示オプションと電話専用広告をユーザーに表示する頻度を調整し、ユーザーがお客様のビジネスと連絡を取る方法を細かく管理できます。

対象

  • Google 広告 リニューアル版のキャンペーン

範囲

  • -90%~+900%
ユーザー属性(年齢、性別、世帯収入)

特定の性別や、特定の範囲の年齢や所得の見込み顧客をターゲットにして入札単価を調整できます。年齢や性別の入札単価により、設定したユーザーに広告が表示される頻度が決まり、各インプレッションを最大限に活用できます。年齢や性別によるターゲティングの詳細をご覧ください。

対象

  • 新しい Google 広告のキャンペーンと広告グループ

範囲

  • -90%~+900%

入札単価調整の要件

キャンペーンのタイプ

端末

地域

広告のスケジュール設定

上位のコンテンツ(ディスプレイ ネットワーク、YouTube)

ターゲティング方法

検索広告向けリマーケティング リスト(検索ネットワーク)

インタラクション(通話に基づく入札単価調整)

ユーザー属性

検索ネットワーク キャンペーン

不可

ディスプレイ ネットワーク キャンペーン

不可

なし

ショッピング キャンペーン

不可

不可

なし

×

動画キャンペーン

不可

不可

なし

アプリ キャンペーン

なし

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

なし

スマート アシスト キャンペーン

なし

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

なし

スマート キャンペーンとアプリ キャンペーンを使用すると、Googleの機械学習により入札単価が自動的かつシームレスに調整され、広告の目標に基づいて掲載結果を最大限に向上させます。

自動入札

  • キャンペーンで [クリック数の最大化] 以外の自動入札戦略を使用している場合、広告のスケジュール設定による入札単価調整は設定できません。
  • 目標コンバージョン単価を選択している場合、端末の入札単価調整により、入札単価ではなく目標コンバージョン単価が変わります。
  • 目標広告費用対効果を選択している場合、端末の入札単価調整として設定できるのは -100% のみです。

複数の入札単価調整を同時に設定した場合

キャンペーンに複数の入札単価調整を設定すると、通常はそれらの値をすべて掛け合わせたものが実際の入札単価調整の値になります。ただし、端末の入札単価調整と地域に基づく入札単価調整では計算方法が異なります。

同時に設定した複数の入札単価調整の上限(引き上げ率)は 900% です。たとえば、当初の入札単価が 100 円で、端末の入札単価を 900% 引き上げ、同時に地域の入札単価を 900% 引き上げた場合でも、最終的な入札単価は 1,000 円になります。このような入札単価調整の下限は -90% となります。

複数の端末の入札単価調整

キャンペーンで端末の入札単価調整を設定し、同じ端末の入札単価調整を広告グループでも設定した場合、広告グループの入札単価調整に基づいて、その端末の最終的な入札単価が決定されます。ただし、キャンペーンで端末の入札単価を 100% 引き下げた場合、その端末に対して広告グループで設定した入札単価調整は使用されません。

複数の地域に基づく入札単価調整

同じ地域に適用される入札単価調整が複数ある場合、その調整値は合算されません。たとえば日本に +50%、京都に +100% の調整比を設定した場合は、京都のユーザーからのトラフィックに対しては、最も細かい地域(ここでは京都)の調整比のみが適用されます。

複数のディスプレイ ネットワーク コンテンツに基づく入札単価調整

ディスプレイ キャンペーンでは、[ディスプレイ] タブの特定のターゲティング方法および [設定] タブの上位のコンテンツで、広告グループ単位の入札単価調整を設定できます。つまり、広告が特定のプレースメントで表示され、それが上位のコンテンツだと認められる場合には、2 つの入札単価調整が適用される可能性があります。この際、最初の入札単価調整はトピックなどの特定のターゲティング方法に基づき、2 番目の入札単価調整は上位のコンテンツに基づくことになります。ディスプレイ ネットワークの単価設定の詳細

日本をターゲット地域としてすべての曜日に広告を掲載しており、現在、広告グループの上限クリック単価を 100 円に設定しているとします。大阪の入札単価を 20% 引き上げ、土曜日の入札単価を 50% 引き下げたとすると、土曜日に大阪で検索が行われた場合の入札単価は 60 円になります。計算式:

基準の入札単価: 100 円
大阪の単価調整: 100 円+(100 円×20%)=120 円
土曜日の単価調整: 120 円+(120 円×-50%)=60 円
大阪のユーザーに土曜日に表示する広告の入札単価: 60 円
大阪のユーザーに日曜日から金曜日に表示する広告の入札単価: 120 円
他の地域のユーザーに土曜日に表示する広告の入札単価: 50 円
他の地域のユーザーに日曜日から金曜日に表示する広告の入札単価: 120 円

ヒント

最終的な入札単価調整を決める際には、計算機能をご利用ください。[すべてのキャンペーン] の [設定] タブから [すべての設定] サブタブを選び、[アクティブな入札単価調整] 列にある計算機アイコンを使用します(この列が表示されない場合は、該当する表示項目を追加してください)。また、個々のキャンペーン ページの上部にある設定の概要にも計算機が表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。