絞り込み部分一致について


絞り込み部分一致では、部分一致よりも細かいキーワードの調整が可能です。プラス記号を付けたキーワード(例: +赤 +靴)やその類似パターンが検索語句に含まれる場合にのみ、広告が掲載対象となります。

「+」で指定した絞り込み部分一致キーワードは、検索のどの部分にも一致させることができます。絞り込み部分一致は、「+」で指定したキーワードの前後やキーワードの間に別の語句があっても機能します。たとえば、「+赤 +靴」というキーワードの場合、「赤い靴 セール中」や「男性用の赤い靴」という検索語句と一致しますが、「青い靴」や「赤いトレッキング シューズ」という検索語句とは一致しません。こうした仕組みにより広告と検索との関連性が高まり、クリック率(CTR)とコンバージョン率の向上につながります。

「+」が指定された個々の語句の類似パターンやこれらの語句をキーワードに組み合わせたものに対しても広告が表示される可能性があります。

この記事では、絞り込み部分一致の概要と、このマッチタイプを使用してより多くの関連性の高いユーザーにアプローチする方法を説明します。

仕組み

Google 広告で指定したキーワードは、デフォルトでは部分一致キーワードとなり、キーワードを構成する語句のすべての組み合わせのほか、それらの語句の類似パターンや語句を組み合わせて 1 つのキーワードにしたものが、検索語句とのマッチングの対象となります。

たとえば「テニスシューズ」などの部分一致キーワードでは、関連性の高いクリックを多数獲得できる可能性がある一方で、本来意図した範囲よりも幅広い検索語句と一致してしまう場合があります。

絞り込み部分一致を使うと、プラス記号を付けたキーワード(例: +速い、+フローリング、+貼り替え)やその類似パターンが検索語句に含まれる場合にのみ広告が掲載対象となります。類似パターンには、つづりの間違い、表記のゆれ(例: 「振り込み」と「振込」)、略語、英単語ではさらに単数や複数の違い、語形の変化(例: 「floor」と「flooring」)、頭文字などの短縮形のほか、一部語句を省略した表現、類義語、言い換え、同じ意味を持つキーワードのパターンも含まれます。

絞り込み部分一致では、個々の検索用語の類似パターンだけでなく、キーワード全体の類似パターンに対しても広告が配信されます。

たとえば、「+求人 + 車 +整備士」は、「車整備士のアルバイト」の検索に一致する場合があります。「求人」と「アルバイト」は直接の同義語ではありませんが、この検索語句は「車整備士の求人」というキーワード全体と密接に関係しています。ただし、「アルバイト」のみの検索には広告が表示されません。類似パターンについての詳細

注: + 記号は部分一致タイプでのみ使用できます。完全一致とフレーズ一致に相当するものはありません。

絞り込み部分一致では、語順が考慮されます。たとえば「+ニュー +ヨーク +ホテル」のように、キーワードの意味を伝えるのに語順が関わっている場合は、絞り込み部分一致では、「ヨークのニュー ホテル」などの異なる語順の検索語句に常に一致するわけではありません。たとえば「+フランス +ホテル」のようにキーワードの語順を変えても意味が変わらない場合は、絞り込み部分一致では語順に関係なく、「フランスのパリのホテル」のような検索語句が一致します。語順が重要である場合は、別の意図を表現するキーワードを追加することで、お客様のビジネスに関連するすべてのトラフィックに確実に広告が表示されるようにすることをおすすめします。

絞り込み部分一致キーワード 広告が表示される可能性がある検索語句 広告が表示されない検索語句
+メンズ +シューズ
  • セール中のメンズシューズ
  • おしゃれな紳士靴
  • 男性用シューズ
  • 男性用の靴下と靴
  • メンズソックス
  • 子供向けスニーカー
+芝 +刈り +サービス
  • 芝刈りサービス
  • 芝刈りと刈り込みサービス
  • 草刈りとガーデニング サービス
  • 草刈りサービスの料金
  • ガーデニング サービス
  • 芝生エアレーション サービス
+ハワイ +バカンス
  • オール インクルーシブ バカンス ハワイ
  • ハワイでのバケーション情報
  • ハワイ クルーズ

絞り込み部分一致によるトラフィックとクリック数への影響

絞り込み部分一致を使用すると、部分一致キーワードの具体性が増すため、必然的にリーチは狭くなります。このため、キーワードに一致する検索の関連性が向上する一方で、クリック数は減少することが予想されます。

おすすめの方法

次の手順を行うことをおすすめします。

  • 既存の部分一致キーワードは、編集したり削除したりせず有効なままにします。
  • これまで主に部分一致キーワードを使用していた場合は、関連性の高い絞り込み部分一致キーワードを追加する時点で入札単価の調整を検討します。クリック単価を引き上げることで、クリック数やコンバージョン数が増える可能性があります。
  • 絞り込み部分一致のキーワードは、キーワードの類似パターンの検索ともマッチするため、「+赤 +靴」、「+赤 +くつ」、「+くつ +赤」のような複数のパターンを作成する必要はありません。
  • 宣伝する商品やサービスに関連する語句に + 記号を追加します。助詞(例: 「と」、「の」)や接続詞(例: 「さらに」「または」)などを含める必要はありません。たとえば、「+ 東京 +の +レストラン」ではなく、「+ 東京 +レストラン」というキーワードを追加します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。