入札単価、予算、目標値のシミュレーションで掲載結果を推測する

Google 広告のシミュレーションには、次の 2 種類があります。

Google 広告の入札単価シミュレーションでは、異なる入札単価を設定していた場合に 1 週間の広告掲載結果がどのように変化していたかを確認できます。
  • 通常の入札単価シミュレーションでは、上限クリック単価(上限 CPC)の変更が、キーワードや広告グループのクリック費用、クリック数、表示回数、コンバージョン数、コンバージョン値にどのように影響するかを推測できます。この機能は、[広告グループ] ページと [キーワード] ページで利用できます。
  • キャンペーン入札単価シミュレーションでは、キャンペーンの入札単価の変更が、掲載結果にどのように影響するかを推測できます。この機能は [キャンペーン] ページから利用できます。
  • ショッピング キャンペーンの入札単価シミュレーションでは、入札単価の変更が、商品グループの掲載結果にどのように影響するかを推測できます。この機能は [商品グループ] ページから利用できます。
  • 動画キャンペーン入札単価シミュレーションでは、上限広告視聴単価の変更が、通常の週あたりの動画トラフィックにどのように影響するかを推測できます。この機能は [キャンペーン] ページから利用できます。
  • ホテル キャンペーン入札単価シミュレーションでは、上限クリック単価、上限クリック単価の割合、コミッションの割合の変更が、ホテルグループの最近の広告掲載結果にどのように影響するかを推測できます。上限クリック単価と上限クリック単価の割合の入札戦略は [ホテルグループ] ページで、コミッションの割合の入札戦略は [キャンペーン] ページでシミュレーションできます。
  • デバイスの入札単価調整シミュレーションでは、デバイスの入札単価調整の変更が、各デバイスタイプの広告掲載結果にどのように影響するかを推測できます。
  • 通話に基づく入札単価調整のシミュレーションでは、通話インタラクションの入札単価を変更した場合に電話番号表示オプションの掲載結果に生じる影響を推測できます。

たとえば、キーワードの上限クリック単価を 100 円に設定しているときに、150 円や 75 円に変更するとどの程度の結果が得られるのか知りたいとします。

入札単価シミュレーションでは、キーワードの上限クリック単価を 150 円や 75 円に設定した場合に得られるクリック数、費用、表示回数、コンバージョン数、コンバージョン値の推測値を確認できます。

キャンペーン入札単価シミュレーションでは、キャンペーン全体で入札単価を 150 円に設定したり、入札単価を一定の割合で増減したりした場合の推測値を確認できます。

  • シミュレーション中は、キャンペーンや広告グループで設定された有効な入札単価調整はすべて考慮されます。
  • キャンペーンのステータスが「予算による制限」の場合は、キャンペーン入札単価シミュレーションではなく、[キャンペーン] ページのポップアップ ウィンドウに表示される予算候補を使用します。予算候補の詳細

入札単価シミュレーションの仕組み

入札単価シミュレーションでは、検索ネットワークディスプレイ ネットワークで行われる広告オークションのデータが収集、分析されます。その際には、品質スコア、キーワードのトラフィック量、広告オークションの競合相手といった情報も考慮されます。こうして得られた分析情報を基に、入札単価が別の値だった場合、費用、表示回数、クリック数、コンバージョン数などの掲載結果の指標がどのように変化したかが推測されます。

Google Ads API(AdWords API)を使用すると、入札単価シミュレーションと同様の推測値をまとめて確認することができます。

入札単価シミュレーションの使い方

検索ネットワークやディスプレイ ネットワークで入札単価シミュレーションを使用する

入札単価シミュレーションは、検索ネットワークやディスプレイ ネットワークに加え、「検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)」キャンペーンで使用できます。

注: 「検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)」キャンペーンで入札単価シミュレーションを使用する場合、シミュレーションの対象になるのは検索ネットワークのトラフィックのみです。
  1. Google 広告にログインします。
  2. [キャンペーン]、[広告グループ]、[キーワード] のいずれかをクリックします。
  3. シミュレーション アイコン Bid Simulator icon をクリックします。アイコンが表示されない場合
    1. [キャンペーン] を開いている場合、アイコンは [予算] 列に表示されます。
    2. [広告グループ] を開いている場合、アイコンは [デフォルトの上限クリック単価] 列に表示されます。
    3. [キーワード] を開いている場合、アイコンは [上限クリック単価] 列に表示されます。
  4. 入札単価シミュレーションで新しい入札単価オプションを選択し、現在の入札単価を変更できます。

ヒント

[キーワード] ページのデータ表に入札単価シミュレーション列を追加すると、複数のキーワードの推定データを簡単に確認できます。詳しくは、[入札単価シミュレーション] 列の説明をご覧ください。

動画キャンペーンで入札単価シミュレーションを使用する

動画キャンペーンの入札単価シミュレーションは、動画キャンペーンでのみ使用できます。
  1. Google 広告にログインします。
  2. [キャンペーン] または [広告グループ] をクリックします。
  3. シミュレーション アイコン Bid Simulator icon をクリックします。アイコンが表示されない場合
    1. [キャンペーン] を開いている場合、アイコンは [予算] 列に表示されます。
    2. [広告グループ] を開いている場合、アイコンは [デフォルトの上限 CPV] 列に表示されます。
  4. 入札単価シミュレーションで新しい入札単価オプションを選択し、現在の入札単価を変更できます。

アプリ キャンペーンで入札単価シミュレーションを使用する

アプリ キャンペーンの入札単価ガイド ウィジェットは、アプリ キャンペーンでのみ使用できます。
  1. Google 広告にログインします。
  2. 左側のキャンペーン メニューで [アプリ キャンペーン] をクリックします。
  3. ページメニューで [キャンペーン] をクリックします。
  4. キャンペーンを見つけて、[予算] 列の入札単価ガイド ウィジェットのアイコン Bid Simulator icon をクリックします。アイコンが表示されない場合
    1. ウィジェットが横に表示されます。
    2. 色付きのボックスの内容は、入力した目標インストール単価または目標アプリ内ユーザー行動単価に応じて動的に変化します。
  5. [保存して次へ] をクリックして、新しい設定を適用します。変更を適用せずに終了する場合は、[キャンセル] をクリックします。

詳しくは、アプリ キャンペーンの入札単価ガイド ウィジェットについての記事をご覧ください。

ショッピング キャンペーンで入札単価シミュレーションを使用する

ショッピング キャンペーンで入札単価シミュレーションを利用すると、入札単価を変えたときにクリック数、費用、表示回数、コンバージョン数がどのように変化するかを予測できます。詳しくは、「ショッピング キャンペーンで入札単価シミュレーションを使用する」の説明をご確認ください。

ホテル キャンペーンで入札単価シミュレーションを使用する

ホテル キャンペーンで入札単価シミュレーションを利用すると、入札単価を変えたときに最近のクリック数、費用、表示回数、コンバージョン数がどのように変化するかを予測できます。詳しくは、「ホテル キャンペーンで入札単価シミュレーションを使用する」の説明をご確認ください。

デバイスの入札単価調整のシミュレーションを使用する

デバイスの入札単価調整のシミュレーションを使うと、モバイルやタブレット、パソコンの入札単価調整比を変えた場合に、検索ネットワークで見込まれる週あたりのトラフィックがどのように変化するかを確認できます。また、予測されたトラフィックに応じて予算を簡単に変更できます。

始める前に


このシミュレーションは、モバイル デバイスで広告を掲載した実績がある検索キャンペーンとショッピング キャンペーンでのみ使用できます。予算を共有している / 予算による制限があるキャンペーンでは、表示されない場合があります。また、自動入札戦略(拡張クリック単価以外)を使用しているキャンペーンおよびキャンペーン テストではご利用いただけません。

手順

  1. Google 広告にログインします。
  2. [デバイス] をクリックします。
  3. [入札単価調整比] 列のシミュレーション アイコン Bid Simulator icon をクリックします。アイコンが表示されない場合

留意点

  • この入札単価シミュレーションでは、既存のキャンペーン設定が考慮されます。たとえば、上限クリック単価、拡張クリック単価、地域に基づく入札単価調整、広告のスケジュール設定に基づく入札単価調整、リマーケティングに基づく入札単価調整です。
  • この入札単価シミュレーションでは、広告グループの入札単価調整は考慮されません。 このシミュレーションに基づいて入札単価調整を変更すると、広告グループの入札単価調整が上書きされます。
  • 推定値は時間が経つほどキャンペーンのデータが蓄積されて精度が上がりますが、データがあまり蓄積されていない新しいキャンペーンでもシミュレーションは使用できます。
  • シミュレーションに表示されるトラフィック量を獲得するには、予算の引き上げが必要になる場合があります
  • 入札単価シミュレーションでは、クリック数、費用、表示回数の推測値が表示され、コンバージョンに関する推測値は表示されません。

入札単価シミュレーションを使用してコンバージョンを予測する

コンバージョン トラッキングを使用している場合、入札単価シミュレーションを使って、異なる入札単価を設定した場合に獲得できたと思われるコンバージョン数を知ることができます。検索ネットワークでコンバージョンに値を割り当てた場合(コンバージョン値を設定した場合)は、異なる入札単価を設定していた場合のコンバージョン値の推定を確認できます。

留意点:

  • コンバージョンの定義: 広告のクリックなどのインタラクションだけでなく、サイト内でのユーザーの行動もコンバージョンに影響を与えます。そのため、コンバージョンの予測はさらに難しくなることがあります。
  • コンバージョン トラッキングの変更: コンバージョン トラッキングのタグを削除したり移動したりすると、推測値が無効になることがあります。入札単価シミュレーションでコンバージョン数とコンバージョン値を見積もる場合、少なくともその前の 2 週間はコンバージョン トラッキング コードを大幅に変えないでください。
  • コンバージョンのタイムラグ(検索トラフィック): 入札単価シミュレーションを使用して、シミュレーション期間(通常は過去 7 日間)にわたって獲得できたと思われるコンバージョン数をカウントします。クリックはシミュレーション期間中に発生したものの、コンバージョンが発生したのは期間後であった場合、このコンバージョンはカウントされません。なお、計測期間の設定によっては、インタラクションから 90 日後に発生したコンバージョンも確認できる場合があります。
  • コンバージョン データの不足: 通常、推測値の算出時に収集されるコンバージョン データはクリック数や表示回数のデータに比べて少ないため、コンバージョン数の予測は難しくなることがあります。そのため、普段発生しているコンバージョンの数がそれほど多くない場合は、コンバージョン数を予測するのに十分なデータが収集できない可能性があります。履歴データやコンバージョン数が多いほど、予測の精度が高くなります。

詳しくは、入札単価シミュレーションを使ってショッピング キャンペーンのコンバージョン数を推測する方法をご確認ください。

キャンペーン入札単価シミュレーションのメリット

  • キーワードや広告グループ単位のデータが十分にない場合でも、キャンペーン全体で入札単価の候補を表示して、変更をシミュレーションできます。
  • 入札単価調整の割合を設定すると、すべての入札単価を一定の割合(10% など)で増減した場合の影響を確認できます。
  • キャンペーン単位で入札単価を変更するとトラフィックが大幅に増加する場合があるため、予算の引き上げが必要かどうか、必要な場合はどの程度引き上げればよいかも確認できます。
  • キャンペーンのすべての入札単価を一定の値に変更した場合の影響をシミュレーションできます。なお、この入札単価の変更をキャンペーン単位で適用すると、広告グループのデフォルトの入札単価はこの値に変更され、キーワード単位の入札単価は削除されます。

困ったときに

入札単価シミュレーションを利用できない

入札単価、予算、目標コンバージョン単価、目標広告費用対効果を別の値に変更した場合の掲載結果を推測したいときに、入札単価シミュレーションが利用できない場合があります。この場合、シミュレーション アイコン(Bid Simulator icon)がグレーで表示されます。Google 広告では、シミュレーション アイコンに斜線が引かれてグレー表示になります。下記のような原因が考えられます。

  • データの不足

    入札単価シミュレーションでは、過去 7 日間のデータを基に結果を推測します。このため、キャンペーン、キーワード、広告グループ、商品グループを最近追加した場合や、過去 7 日間に獲得したクリック数が少ない場合は、推測値が表示されないことがあります。

    新しいキャンペーン、キーワード、広告グループ、商品グループを追加したときは、しばらく時間を置いてから、推測値が表示されるかどうかもう一度確認します。キャンペーン、キーワード、広告グループ、商品グループの表示回数が少ない場合は、入札単価を引き上げると、広告の掲載が増えることがあります。

  • 共有予算の使用
    キャンペーンで共有予算を使用している場合、キャンペーン入札単価シミュレーションは利用できません。

  • キャンペーンの 1 日の平均予算
    キャンペーンの費用が過去 7 日間で 1 日の平均予算に 1 回でも達した(または、ほぼ達した)場合、推測値が表示されないことがあります。

  • キャンペーンのテスト

    テストを実施中のキャンペーンや、最近(過去 8 日間)まで実施していたキャンペーンでは、入札単価シミュレーションを使用できません。キャンペーンの下書きとテストのステータスについて

  • 商品アイテム ID 属性を使用しているショッピング キャンペーンの商品グループ

    商品アイテム ID 属性を使用している商品グループでは、入札単価シミュレーションを利用できません。

シミュレーション内の列が表示されない

入札単価シミュレーションでは、一部の列が表示されない場合があります。表示されない列とその原因は以下のとおりです。

  • クリック数と費用

    クリック数と費用の列は、過去 1 週間でクリック数の最小要件を満たした場合のみ表示されます。

  • ページ上部表示回数

    この列は、シミュレートされた入札単価によって少なくとも 1 回はページ上部に広告が掲載されると推定された場合のみ表示されます。また、検索ネットワーク以外については表示されません。

  • コンバージョン数とコンバージョン値

    [コンバージョン] 列と [合計コンバージョン値] 列は、次の場合にのみ表示されます。

  • 1 日の予算に必要な追加額

    この列は、キャンペーン単位の入札単価シミュレーションにのみ表示されます。

ヒント: 入札単価シミュレーションと、キーワード プランナーやディスプレイ キャンペーン プランナーの違い

  • 入札単価シミュレーションは、品質スコアやキーワードなど、キャンペーン固有の詳細情報に基づいて広告の掲載結果を推定します。
  • キーワード プランナーディスプレイ キャンペーン プランナーでは、広告主様のデータを基に掲載結果を推定し、Google のすべての広告主様のデータで観察される全体的なトラフィックの傾向を確認できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。