拡張クリック単価(ECPC)

コンバージョンを最大化できるようクリック単価(CPC)が調整される入札戦略です。拡張クリック単価は、目標コンバージョン単価目標広告費用対効果などのように、個別単価設定とスマート自動入札戦略を組み合わせたものです。ウェブサイトで購入などのコンバージョンにつながる可能性が高い場合は個別に設定した入札単価を引き上げ、可能性が低い場合は入札単価を引き下げます。

  • 拡張クリック単価を有効にすると、広告が掲載候補になるたびに、コンバージョンに至る可能性に応じて入札単価が引き上げられます。コンバージョンに至る可能性が低いクリックに対しては入札単価が引き下げられます。
  • 拡張クリック単価を使用すると、全体的なコンバージョン単価を抑えながら、広告のコンバージョンを増やすことができます。
  • 拡張クリック単価はサードパーティの入札単価管理システムでテストできるため、スマート自動入札の使用が抑えられます。
  • 拡張クリック単価をショッピング キャンペーンで使用する場合は、仕組みが若干異なります。詳しくは、ショッピング キャンペーンに拡張クリック単価を設定する方法をご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。