入札単価と予算の設定

Google で広告を掲載する際には、最適な予算と単価設定を決める必要があります。予算は個々のキャンペーンに対する請求額の上限となるため、1 日に消費する平均費用として問題のない額に設定します(月々のクレジット カードへの請求額で考える場合は、1 か月の平均日数である 30.4 を予算に掛けて計算します)。入札単価の管理方法によっては、実際の費用額はこれよりも低くなる可能性があります。

上限クリック単価(上限 CPC)は、広告のクリック 1 回に対してお支払いいただける額の上限になります。入札単価を調整すると、表示回数の増加や投資収益率(ROI)の向上が見込めます。通常、入札単価を引き上げるとキャンペーンのトラフィックが増えますが、それに伴い費用も増加します。単価を引き下げると、キャンペーンのクリック数やコンバージョン数は減少します。

この記事では、キャンペーン予算の仕組み、さまざまな単価設定、新しいキャンペーンでの入札単価と予算の設定方法について説明します。

キャンペーンの予算の仕組み

Google 広告では、キャンペーンに 1 日の予算か共有予算を設定できます。1 日の予算は、そのキャンペーンで 1 日に消費する平均費用として問題のない額に設定します。すべてのキャンペーンでの 1 日の平均予算を確認するには、[キャンペーン] タブの [予算] 列をご覧ください。予算を 1 日単位ではなく月単位で計算する場合は、1 日の平均予算に 30.4(1 か月の平均日数)をかけることで算出できます。

おすすめ: 少額から始めましょう

初めてご利用になる場合、1 日の予算は 1,000~5,000 円程度をおすすめします。新しい予算を適用したら、アカウントでキャンペーンの掲載結果を毎日確認します。

共有予算は、同じクライアントの複数のキャンペーンで 1 日に消費する平均費用として問題のない額に設定します。次の例で、共有予算を使った場合にキャンペーンの掲載結果がどのように最適化されるかをご確認ください。

たとえば、1 日の予算が 1 万円で、2 つのキャンペーンに均等に配分するとします。ある日、一方のキャンペーンで表示回数とクリック数が普段よりも少なく、結果として 4,000 円しか使いきれなかった場合、共有予算では、残った 1,000 円がもう一方のキャンペーンに再配分されるため、キャンペーンの全体的な掲載結果を最大限に高めることができます。

共有予算は、あるクライアントに、共通の目標が設定されたキャンペーンが複数ある場合に有効です。たとえば、年末年始やバレンタイン デーといったイベントに伴う季節限定キャンペーンで、クライアント独自の共有予算を設定し、同じイベントに関連する全キャンペーンの費用に上限を設けることができます。

共有予算には、Google 広告アカウントの [共有ライブラリ] からアクセスできます。

なお、共有予算はキャンペーン グループに属するキャンペーンやテスト対象キャンペーンでは利用できません。

超過分

トラフィックは日によって変動するため、Google では、1 日の平均予算として指定された額の 2 倍までの費用が 1 日に消費されることを許容しています。これを超過分といいます。

ただし、各請求対象期間について、1 日の予算額に 30.4 をかけた金額を超える請求が行われないよう、システムによって調整が行われます。たとえば、1 日の予算の上限を 1,000 円に設定している場合、1 か月の請求料金の合計が 30,400 円を超えることはありません。

Google で広告が頻繁に掲載されたことにより、その月の費用が、設定済みの 1 日の予算額から換算した 1 か月の予算上限を上回った場合、超過分の払い戻しが自動的にアカウントに適用されます。たとえば、1 か月の請求額の上限が 30,400 円で、ある請求対象期間の費用が 31,000 円の場合、600 円分のクレジットが適用され、請求額は 30,400 円になります。この調整は [ご利用履歴] ページで確認できます。

おすすめ: 推奨予算を確認しましょう

キャンペーンで予算を使い切ってしまいがちな場合は、予算の設定で [推奨予算を表示] を使用します。この機能では、通常は過去 15 日間を対象にキャンペーンの掲載結果を分析して、推奨予算を表示します。

入札の仕組み

オークションの一般的なイメージは、最も高い入札額で品物が売買されるというものでしょう。Google 広告の広告オークションはそうではありません。品質と入札単価の両方によって広告の掲載順位が決まります。したがって、たとえ競争相手が自分より高い入札単価を設定していても、キーワードと広告の関連性が高ければ、低い入札単価でも、よりよい掲載位置を獲得できる可能性があります。実際の請求額はそのときどきの広告の掲載順位フォーマット(サイトリンクなど)を維持するために必要な最小額にとどまるため、実際のお支払い額は入札単価の上限を下回る場合がほとんどです。実際にお支払いいただく金額を、実際のクリック単価と呼びます。

入札単価は複数の自動入札戦略を含め、さまざまな方法で設定できますが、最初はクリック数の最大化の単価設定、またはクリック単価制での個別単価設定を使用するのが一般的です。

クリック数の最大化とクリック単価制での個別単価設定

ウェブサイトへのアクセスを増やすためにクリックの獲得を目標とする場合は、入札戦略として次の 2 種類のクリック単価制をご検討ください。

  • クリック数の最大化は最もシンプルな自動入札戦略です。1 日の予算を設定するだけで、その予算内で最大限のクリック数を獲得できるように、入札単価が自動的に調整されます。
  • クリック単価制での個別単価設定では、上限クリック単価をご自身で管理することができます。キャンペーンの各広告グループ、または個々のキーワードやプレースメント(掲載先サイト)に、異なる入札単価を指定することが可能です。特定のキーワードやプレースメント(掲載先サイト)の効果が高いことが判明している場合は、そのキーワードやプレースメントに広告予算を多く割り当てることができます。

ヒント: キーワードのトラフィックを見積もる

キーワードの推定クリック数、推定表示回数、推定平均クリック単価など、トラフィックの予測データを確認するには、キーワード プランナーをお試しください。この見積もりを参考に入札単価と予算を設定していただけます。

入札単価調整

入札単価調整を設定すると、モバイルデバイスに広告を表示する場合に、特定の地域、曜日、時間帯に合わせて入札単価を調整することができます。入札単価調整は既存の入札単価に適用され、広告を表示するタイミングと場所を細かくコントロールするのに役立ちます。また、複数の条件の入札単価調整を組み合わせて(地域と時間帯、時間帯とモバイル デバイスなど)、入札戦略をカスタマイズすることもできます。詳しくは、入札単価調整についてをご覧ください。

手順

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ページメニューの [キャンペーン] をクリックします。
  3. プラスボタン をクリックし、[新しいキャンペーン] を選択します。
  4. 作成するキャンペーン タイプを選択します。
  5. (省略可)キャンペーンの目標を設定し、お客様のビジネスのウェブサイト URL を入力します。
  6. [キャンペーン設定を選択する] ページで [単価設定] までスクロールし、入札戦略を選択します。
  7. [1 日の予算] までスクロールして、1 日の予算を個別に入力するか、共有予算を使用します。
  8. 残りのキャンペーン設定を入力し、[保存して次へ] をクリックします。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。