さまざまなコンバージョン トラッキングの方法

Google 広告で広告掲載を行うと、広告へのクリックがウェブサイトでの購入、電話での問い合わせ、アプリのダウンロードといった特定のユーザー行動につながったかどうかを調べることができます。

コンバージョン トラッキングを導入するには、まずトラッキング対象を選択します。

: コンバージョン トラッキングを初めてご利用の場合は、コンバージョン トラッキングについてでその仕組みをご確認ください

トラッキングするコンバージョンの種類を選択する

次の表の左側はトラッキングするコンバージョンの種類を示します。該当する種類の右側にある各リンクの手順に沿って設定を行ってください。

トラッキング対象コンバージョン

設定手順

ウェブサイトでの購入、ニュースレターの登録、ボタンのクリック、その他のウェブサイト上のユーザー行動 ウェブサイトでのコンバージョン トラッキングを設定する
アプリのインストールやアプリ内購入

次の中から該当するものを選択します。

通話

次の中から該当するものを選択します。

広告掲載後に発生した来店数や電話件数などのオフライン コンバージョン オフライン コンバージョンをトラッキングする
 

 

上級者向けのヒント: 複数の種類のコンバージョンをトラッキングする

複数の種類のコンバージョンをトラッキングする場合は、その種類ごとにコンバージョン アクションを設定します。たとえば、ウェブサイトでの購入用のコンバージョン アクションと、広告からの電話によるお問い合わせ用のコンバージョン アクションを並行して設定することができます。

また、発生元が同じ複数の種類のコンバージョン アクションを設定することも可能です。たとえば、「購入」と「資料請求」の 2 種類の操作をトラッキングする場合、「購入」用と「資料請求」用に 2 つのコンバージョン アクションを設定します。

複数のコンバージョン アクションをトラッキングする場合、「コンバージョン列に含める」設定を使って [コンバージョン] 表示項目に含めるコンバージョンを決めることができます。詳細

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。