Google Ads API

AdWords API は 2022 年 4 月 27 日に廃止されるため、それまでに Google Ads API に移行する必要があります。詳細

広告主様が自社で作成したアプリケーションで Google 広告アカウントを操作、変更できるようにする、高度な機能です。2022 年 4 月より、AdWords API はご利用いただけなくなり、Google Ads API に置き換えられます。詳しくは、Google Ads API への移行に関する記事をご覧ください。

  • AdWords API や Google Ads API(アプリケーション プログラミング インターフェース)を使用すると、Google 広告サーバーでアカウントの詳細情報と直接連携するアプリケーションを、デベロッパーが作成したり使用したりできるようになります。
  • これらの API を使用すると大規模な Google 広告アカウントやキャンペーンを効率的に管理できます。たとえば、Google 広告のデータを編集し、他のシステムで広告枠管理、定期レポートの作成、キャンペーンの一括変更などを行うことができます。
  • どちらの API を使用する場合でも、Google 広告クライアント センター(MCC)アカウント開発者トークンが必要です。
  • これらの API は、技術スキルのあるデベロッパーやプログラマのいる広告主様に適しています。そういったリソースが不在の場合もアカウントの大幅な変更を効率よく行うことができるよう、Google 広告エディタGoogle 広告スクリプトが用意されていますのでお試しください。

API の使用にあたっての注意事項
Google 広告エディタの詳細
クライアント センターの詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false
false