ウェブサイトでのコンバージョン トラッキングを設定する

2. Google タグを設定する

URL を使ってコンバージョン アクションを作成した場合は、以下のいずれかの画面が表示されます。

  • Google タグを設定している場合は、コンバージョン アクションが設定されたことを示す画面が表示されます。以上で設定は完了です。トランザクション固有の値を動的にトラッキングする場合は、引き続きコードを変更する必要があります。
  • Google タグを設定していない場合は、Google タグを設定する手順を示す画面が表示されます。

コンバージョン アクションを手動で設定した場合は、以下のいずれかの画面が表示されます。

  • Google タグを設定している場合は、イベント スニペットを追加する手順が表示されます。
  • Google タグを設定していない場合は、Google タグを追加する手順と、このコンバージョン アクションのイベント スニペットを追加する手順が表示されます。

Google タグの設定

Google タグを設定すると、ウェブサイトを訪れたユーザーが「すべての訪問者」を対象とするデータ セグメントに追加され(データを設定している場合)、ドメインの新しい Cookie が設定されます。この Cookie には、ウェブサイトにユーザーを誘導した広告のクリックに関する情報が保存されます。Google タグを Google 広告アカウントにリンクすると、クリック情報を使用してコンバージョンを Google 広告の広告キャンペーンに関連付けることができます。なお、データ収集に関する明確で包括的な情報をユーザーに開示し、法律で義務付けられている場合はデータ収集への同意を得る必要があることにご留意ください。

Google タグはウェブサイトの各ページに設定する必要がありますが、Google 広告アカウントごとに必要な Google タグは 1 つのみです。

タグの設定方法を以下の 2 つから選択する

方法 1: ウェブサイトに Google タグを設定する

[Google タグの設定] で、状況に最も適したオプションを選択し、手順に沿ってタグを実装します。

ウェブサイトで見つかった Google タグを使用する(推奨)

ウェブサイトで検出されたタグを使用して、サイトのコードを変更せずに設定を完了します。アカウントのユーザーは、タグのユーザーとして追加されます。Google タグの管理についての詳細

1. [詳細] をクリックして、タグの詳細を表示します。

2. [確認] をクリックします。

Google タグの設定についての詳細

注: ウェブサイトの各ページに Google タグの複数のインスタンスを追加することはおすすめしません。
  • タグを設定したら、Google タグ設定を指定する必要があります。
  • Tag Assistant を起動すると、コンバージョン アクションまたはデータ収集をテストできます。

既存の Google タグを使用する

このオプションでは、入力したサイトでタグが検出されたかどうかが表示されます。[サイトにあり] というラベルのタグを選択すると、サイトのコードを変更せずに設定を完了できます。

注: サイトのトラフィック量が少ない場合、タグに [未検出] と表示されることがあります。[未検出] のラベルが付いたタグを選択すると、実装が必要になる場合があります。アカウントのユーザーは、タグのユーザーとして追加されます。Google タグの管理についての詳細

表示されるタグへの管理者権限をお持ちの場合は、目的のタグが見つかります。目的のタグが見つからない場合、その Google タグを変更するための適切なユーザー権限をお持ちでない可能性があります。

1. [タグを選択] をクリックして、以下を確認します。
  • 管理者権限があるタグのリスト
  • タグ ID
  • タグが検出された場所
    • 入力したサイトでタグが検出された場合は、[サイトにあり] のラベルが付けられたタグを選択して、サイトのコードを変更することなく設定を完了できます。[未検出] のラベルが付いたタグを選択すると、実装が必要になる場合があります。
2. 使用する Google タグを選択し、[確認] をクリックします。

Google タグを実装する

Google タグは次の 2 つの方法で実装できます。

ウェブサイト作成ツールを使用して実装する

ウェブサイト作成ツール、または Wix や Duda などのコンテンツ マネジメント システム(CMS)を使って、Google タグを導入できます。ご利用のプラットフォームを選択し、その手順に沿ってコードを変更することなく Google タグのセットアップを完了してください。CMS またはウェブサイト作成ツールの統合を使用してタグを設置する際に CMS との統合で GT- のタグ ID を使用できない場合、CMS との統合でサポートされているエイリアス(AW-XXXXX または G- XXXXX など)を使用できます。

次のいずれかのプラットフォームを使用してサイトを管理している場合は、コードを変更することなく Google タグのセットアップを完了できます。

ウェブサイト作成ツールを使用して Google タグを実装する方法についての詳細

実装が完了したら、[完了] をクリックします。ウェブサイトのスキャンが行われます。

[完了] をクリックして、Google タグの設定を完了します。

手動で実装する

アカウントでコンバージョン アクションのタグを初めて設定し、Google タグをまだ実装していない場合は、このオプションを選択します。タグを実装するには、タグをコピーして、ウェブサイトのすべてのページのコード(<head> 要素の直後)に貼り付けます。各ページに複数の Google タグを実装することはできません。
1. (TAG_ID)をプロバイダの適切な設定に追加します。
Google 広告でコンバージョン トラッキング用の Google サイトタグを実装する方法を示すアニメーション。

以下に Google タグの例を示します。この例で「TAG_ID」は Google 広告アカウントに固有のタグ ID を表します。

<script async
src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=TAG
_ID"></script>

<script>

window.dataLayer = window.dataLayer || [];

function gtag(){dataLayer.push(arguments);}

gtag('js', new Date());

gtag('config', 'TAG_ID');

</script>

2. (省略可)必要に応じて、Google タグを変更します。

  • 最初のページ読み込み時にリマーケティング リストにウェブサイトの訪問者を追加しない場合は、以下のハイライト表示されている部分を Google タグの config コマンドに追加してください。

    gtag('config',' TAG_ID',{'send_page_view': false});

  • サイトのドメインでファーストパーティの Cookie を設定したくない場合は、以下のハイライト表示されている部分を Google タグの config コマンドに追加してください。

gtag('config',' TAG_ID',{'conversion_linker': false});

: コンバージョンの計測精度が低下するため、オプトアウトはおすすめしません。

リマーケティング データの収集を無効にする場合は、ハイライト表示された gtag('set')コマンドを、Google タグの gtag('js') コマンドの上に追加します。これにより、設定済みのすべての Google 広告アカウントでリマーケティング データの収集が無効になります。

<script async

src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=TAG_ID"></script>

<script>

window.dataLayer = window.dataLayer || [];

function gtag(){dataLayer.push(arguments);}

gtag('set', 'allow_ad_personalization_signals', false);

gtag('js', new Date());

gtag('config', 'TAG_ID');

</script>

3. Google タグをコピーしてウェブサイトに追加します。

4. ウェブサイトでコンバージョンを達成したユーザーに表示するページ(「ご注文ありがとうございます」ページなど)の HTML を開きます。このページをコンバージョン ページといいます。

5. 該当ページの head タグ(<head></head>)の間に Google タグを貼り付けた後、ページに適用するイベント スニペットを貼り付けます。

6. ウェブページの変更内容を保存します。

7. [完了] をクリックします。

8. [イベントタグを実装] をクリックします。

9. [イベント スニペット] で、「ページの読み込み」と「クリック」のどちらをコンバージョンとしてトラッキングするかを選択します。

  • ページの読み込み: 購入や申し込みの確認ページなどのコンバージョン ページが読み込まれたときにコンバージョンをカウントします。こちらがデフォルトのオプションで、最も一般的です。Google のセキュリティ基準の詳細
  • クリック: 「今すぐ購入」ボタンなど、指定したボタンやリンクがクリックされたときにコンバージョンをカウントします。

    イベント スニペットの設定を編集する方法を示すアニメーション GIF。

10. イベント スニペットをコピーし、手順に沿ってウェブサイトに追加するか、[スニペットをダウンロード] をクリックして後で追加します。

  • ページ読み込みをコンバージョンとしてトラッキングする場合は、トラッキングしているページにイベント スニペットを追加します。
  • クリックをコンバージョンとしてトラッキングする場合は、クリック数をトラッキングするボタンやリンクがあるページにイベント スニペットを追加します。

11. [次へ] をクリックします。

12. [完了] をクリックします。

Google 広告の管理画面でイベント スニペットをコピーまたはダウンロードするオプションを示すアニメーション GIF。

13. [完了] をクリックします。ウェブサイトのクリックをコンバージョンとしてトラッキングする場合は、サイトでのクリックをコンバージョンとして計測するの手順に沿って、トラッキングするボタンまたはリンクにコードを追加します。この手順は、コンバージョン トラッキングが機能するために必要です。

これで、ウェブサイトでのコンバージョン トラッキングの設定が完了しました。

方法 2: Google タグ マネージャーを使用する

Google タグ マネージャーは、ウェブサイトに含まれるタグやコード スニペットを簡単に更新できるタグ管理システムです。これを使って、Google タグとコンバージョン トラッキング タグを設定します。

: Google タグ マネージャーは、URL で発生したコンバージョン、拡張コンバージョン(ウェブ向け)およびリードの拡張コンバージョンの設定など、一部のコンバージョン トラッキングの実装では使用できません。

Google タグを設定する

URL を使ってコンバージョン アクションを設定する場合は、タグ マネージャーで Google タグを作成する必要があります。

ステップ 1: 新しい Google タグを作成する

  1. Google タグ マネージャーを開きます
  2. 設定するコンテナを選択し、 [タグ] メニューを開きます。
  3. 新規のタグを作成します。上部にタグの名前(例:「Google タグの設定 - example.com」)を入力します。
  4. [タグの設定] ボックスで [Google タグ] を選択します。
  5. タグを設定します。[タグ ID] に Google タグ ID を入力します。

    Google タグ ID はどこで確認できますか?

    Google タグの設定内容は、Google 広告、Google アナリティクス、Google タグ マネージャーで確認できます。いずれかのサービスにログインし、次の手順に沿ってタグ ID を確認します。

    Google 広告向けの手順

    Google アナリティクス向けの手順

    1. [管理] の [データの収集と修正] で、[データ ストリーム] をクリックします。
    2. ストリームをクリックすると詳細が表示されます。
    3. 結果: 画面に Google アナリティクスの設定内容と Google タグの設定内容が表示されます。Google アナリティクス 4 のデータ ストリーム設定のスクリーンショット。Google タグ設定はデータ ストリーム設定内にあります

    Google タグ マネージャー向けの手順

    : Google タグ ID を Google タグ マネージャーに表示するには、コンテナで Google 広告、アナリティクス、または Google タグを管理する必要があります。

    1. Google タグ マネージャーを開きます。
    2. [Google タグ] タブをクリックして、以前に設定した Google タグを確認します。
      Google タグ マネージャーにおける Google タグの概要
    3. タグ名をクリックして Google タグの設定内容を編集します。
  6. 省略可: 追加の項目を設定して、Google タグがリンク先と通信する方法を管理できます。Google タグを設定済みで、デフォルト設定をすべて維持したい場合は、ステップ 2: トリガーを作成するに進んでください。

詳細設定

グローバル パラメータの設定

複数の Google タグ間で共通のコンテキストを確立する必要がある場合は、ウェブサイトに gtag.js を直接設置することでグローバル パラメータを指定できます。

グローバル パラメータは、ウェブサイトのすべての Google タグによって読み取られます。このオプションは非機密データにのみ使用します。

複数のタグでパラメータを再利用する方法については、デベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

設定

Google タグの設定に影響する、追加の設定パラメータを指定できます。

Google タグ間で設定を再利用するには、設定変数を作成します。

共有イベントの設定

価格の currency など、イベントごとに送信する追加のパラメータを指定できます。イベント パラメータは、そのイベント パラメータを追加したタグに対してのみ有効です。

Google タグ間でイベント設定を再利用するには、[Google タグ: イベント設定] 変数を作成します。推奨イベント パラメータ名を使うと、Google アナリティクスでディメンションと指標が自動的に入力されます。

タグ設定サーバーにデータを送信する

サーバーサイド タグ設定を使用すると、一部のタグをウェブサイトまたはアプリからサーバーに移動できるため、パフォーマンスが向上します。サーバーサイド タグ設定の詳細

すべてのイベントを Google アナリティクスではなくタグ マネージャーのサーバー コンテナに送信するには、次のパラメータを設定する必要があります。

  1. [設定] メニューを開きます。
  2. 以下の新しい設定パラメータを追加して、サーバー コンテナの URL を設定します。
    • 名前: server_container_url
    • 値: タグ マネージャーのサーバー コンテナのサーバー コンテナ URL に設定します

結果: 設定パラメータは次のようになります。Google タグでのサーバーサイド タグ設定の実装を示すスクリーンショット。

ユーザー プロパティを設定する

ユーザー プロパティとは、言語設定や地域など、ユーザーベースのグループを説明する属性を指します。ユーザー プロパティを使用してオーディエンスを定義できます。

たとえば、favorite_food というユーザー プロパティを設定して、各ユーザーの好きな食べ物を記録し、そのデータをもとに、好きな食べ物でユーザーを分類できます。

アナリティクスでは、一部のユーザー ディメンションが自動的に収集されるため、それらのユーザー プロパティを定義する必要はありません。Google アナリティクス 4 プロパティごとに、最大 25 個のユーザー プロパティを追加設定できます。

カスタムのユーザー プロパティを測定するには、新しい [Google タグのイベント設定] 変数を作成して、Google タグに割り当てる必要があります。

7. Google タグを保存します。

ステップ 2: トリガーを作成する

  1. 他のトリガーより先に Google タグが配信されるようにするには、[トリガー] をクリックし、[初期化 - すべてのページトリガー] を使用します。詳細: ページトリガーについて
  2. タグに名前を付け、タグ設定を保存します。

結果

タグ設定は次のようになります。

設定を完了した Google タグのスクリーンショット

コンバージョン トラッキング タグを設定する

コンバージョンを手動で設定する場合は、コンバージョン トラッキング タグを設定する必要があります。

  1. コンバージョン アクションのコンバージョン ID とコンバージョン ラベル(Google 広告に表示される)をコピーします。
  2. Google タグ マネージャーで Google 広告コンバージョン トラッキングを設定する手順に沿って操作します。重要: すべてのブラウザで適切にトラッキングを行うには、コンバージョン リンカー タグを追加して、すべてのウェブページで呼び出されるように設定してください。
  3. [次へ] をクリックします。
  4. [完了] をクリックします。
  5. ウェブサイトのクリックをコンバージョンとしてトラッキングする場合は、Google タグ マネージャーで追加の設定手順を完了します。この手順は、コンバージョン トラッキングが機能するために必要です。以下の 2 つのオプションのうちのひとつを選択します。
    • 基本設定: 関連するクリックが発生した際にコンバージョン トラッキング タグが呼び出されるようにクリック トリガーを設定します。
    • 高度な設定: リンク、ボタン、ボタン画像のコードに関数呼び出しを追加します。次に、イベント(この例ではクリック)が発生した際にコンバージョン トラッキング タグが呼び出されるようにカスタム イベント トリガーを設定します。
ヒント: Google タグ マネージャーを使ってコンバージョン トラッキング タグを実装します。コンバージョン トラッキング タグをウェブサイトのコードに手動で追加する代わりに、Google タグ マネージャーを使ってタグを実装できます。次の情報が必要です。
  • コンバージョン ID
  • コンバージョン ラベル
この情報は、コンバージョン アクションのイベント スニペットで確認できます。以下のスニペット サンプルでは、TAG_ID はアカウント固有のコンバージョン ID、AW-CONVERSION_LABEL はコンバージョン アクションごとに一意のコンバージョン ラベルを表します。

<!-- サンプル コンバージョン ページのイベント スニペット --> <script>

gtag('event', 'conversion', {'send_to': 'AW-CONVERSION_ID/AW-CONVERSION_LABEL',

'value': 1.0,

'currency': 'USD'

});

</script>

これで、ウェブサイトでのコンバージョン トラッキングの設定が完了しました。

詳細設定

パーソナライズド データの収集を無効にする

パーソナライズド広告を表示したくないユーザーに対して(またはお客様ご自身のコンプライアンス上の理由から)、パーソナライズド広告データの収集を無効にすることができます。グローバル サイトタグを変更して、サイトの特定のユーザーのパーソナライズド広告データの収集を無効にするか、Google 広告アカウントの [オーディエンス マネージャー] でカリフォルニア州在住のすべてのユーザーを除外するよう選択します。

タグが正しく設定されているかどうか不明な場合

Tag Assistant を使ってタグの設定を確認できます。その他のトラブルシューティングについては、サイトワイドのタグ設定のトラブルシューティングTag Assistant を使って未確認または無効なコンバージョン アクションに関する問題を解決するをご覧ください。

サイトの訪問者にデータ収集について通知する

ウェブサイトで収集するデータに関しては、ユーザーに明確かつ包括的な情報を開示し、法律上必要な場合はデータ収集への同意を得なければならないことにご注意ください。

ウェブサイトをトラッキングするためのセキュリティーとプライバシー

Google では、厳格なセキュリティ基準を設けています。Google 広告では、関連するタグが設置されたページのデータのみが収集されます。

ウェブサイトで収集するデータに関しては、ユーザーに明確かつ包括的な情報を開示し、法律上必要な場合はデータ収集への同意を得なければならないことにご注意ください。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー