ディスプレイ キャンペーンの作成に関する変更点

ディスプレイ キャンペーンの作成プロセスが簡略化されます。Google の高度な機械学習がより使いやすくなり、広告の配信先を詳細に管理できるようになります。これらの変更は段階的にロールアウトされるため、すぐにご利用いただけない場合もございます。

変更点

  • リニューアル版のディスプレイ キャンペーンでは、従来のリーチとパフォーマンスに加えて、入札、クリエイティブ、オーディエンスに関してお望みの自動化レベルを選択できます。設定プロセスがスムーズになり、自動化する項目を事前に選択して、その後いつでも変更することが可能です。新たにキャンペーンを作成する必要はありません。

    スマート ディスプレイ キャンペーンと標準ディスプレイ キャンペーンが 1 つのキャンペーン タイプに統合されます
     
  • 今回導入される最適化されたターゲティングでは、表示回数、クリック数、またはコンバージョン数の増加を見込める関連性の高いオーディエンス セグメントを新たに見つけることができます。最適化されたターゲティングは、そのまま単独で使用することもできますが、オーディエンス シグナルを追加してターゲティングの最適化を促進することもできます。広告主様が指定するシグナル(オーディエンス セグメント、コンテキスト セグメントなど)をもとにさらにリーチを拡大し、これまで逃していた可能性のあるユーザー層を取り込んで、キャンペーンの掲載結果を向上することができます。

    最適化されたターゲティングを使って適切な Google 定義オーディエンスにリーチする
     
  • Google 広告の新しいキャンペーン作成プロセスでは、キャンペーンの各部を詳細なガイダンスに沿って設定できます。また、スクロールでセクション間を移動するのではなく、左側のナビゲーション メニューを使って目的のセクションに直接移動することができます。

    キャンペーンの作成時にわかりやすいガイドが表示されます

新しいディスプレイ キャンペーンの作成機能の評判を見てみましょう

Google 広告コミュニティに参加

その他のメリット

  • データドリブン アトリビューションへの対応: データドリブン アトリビューションでは、ユーザーが広告主様の広告を操作してコンバージョンに至った過程に基づいて、コンバージョンへの貢献度を割り当てます。アカウントに蓄積されたデータを使って、ビジネス目標にどの広告、どのキーワード、どのキャンペーンが最も貢献したかを判断します。
  • コンバージョンに対するお支払い: 目標コンバージョン単価制を使用している広告主様は、コンバージョンに対するお支払いをご利用いただけます。このお支払いモデルでは、クリックではなく、目標コンバージョン単価で獲得されたコンバージョンが請求の対象となります。
  • 管理と透明性の向上: キャンペーンにターゲティングのシグナル、コンテンツの除外を追加で設定し、オーディエンス分析の機能を活用すると、どのようなタイプのユーザーが広告を見てコンバージョンに至るのかを把握することができます。

よくある質問

既存のスマート ディスプレイ キャンペーンと標準ディスプレイ キャンペーンはどうなりますか?

有効なスマート ディスプレイ キャンペーンと標準のディスプレイ キャンペーンは、引き続き運用できます。これらのキャンペーンに変更を加える必要がある場合は、編集することもできます。Google では、ディスプレイ キャンペーンの新機能をより多くの広告主様にご提供するにあたり、既存のキャンペーンに関するガイダンスも充実させてまいります。

スマート ディスプレイ キャンペーンの自動ターゲティング機能はどうなりますか?

自動ターゲティング機能は、最適化されたターゲティング機能としてご利用いただけます。キャンペーンを作成する際に、[ターゲット設定] セクションで最適化されたターゲティングが使用されていることを確認できます。スマート ディスプレイ キャンペーンの自動ターゲティング機能と同様に最適化されたターゲティング機能でも、コンバージョンに至る可能性が高く、関連性の高い新しいユーザーにリーチすることができます。最適化されたターゲティングにはシグナル(オーディエンス セグメント、キーワード セグメントなど)を追加できますが、必須ではありません。

標準ディスプレイ キャンペーンのターゲットの拡張機能はどうなりますか?

ターゲットの拡張機能は、最適化されたターゲティング機能としてご利用いただけます。ターゲットの拡張と同様に、最適化されたターゲティング機能でも、指定されたオーディエンス セグメントをベースとして、関連性の高い新たなオーディエンスにキャンペーンのリーチを拡大できます。さらに、掲載結果の向上が見込める場合は、指定されたオーディエンス セグメントと異なるセグメントにも広告を表示することが可能です。

最適化されたターゲティング機能では、既存のブランド保護設定はどうなりますか?

最適化されたターゲティングでは、既存のブランド保護設定(コンテンツの除外など)はそのまま維持されます。そのため、最適化されたターゲティングを使用する際に、ブランド保護の設定を変更する必要はありません。

Google Ads API や Google 広告エディタを使って、最適化されたターゲティングの設定を編集することはできますか?

Google Ads APIGoogle 広告エディタの今後のリリースでは、最適化されたターゲティングをキャンペーンに追加できるようになります(Google 広告で直接キャンペーンを作成する場合と同様になります)。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false
false
false