TrueView アクション キャンペーンの動画アクション キャンペーンへのアップグレード

2022 年 4 月 25 日より、既存の TrueView アクション キャンペーンはすべて動画アクション キャンペーンに自動的にアップグレードされます。Google 動画パートナーと YouTube 検索が広告の掲載先ネットワークとして選択されていなかった場合は、今回の自動アップデートに伴い掲載先に追加されます。

Google では、費用対効果の高い方法でより多くのコンバージョンを獲得していただけるよう TrueView アクションを進化させ、その優れた機能をベースにした動画アクション キャンペーンを、より多くの場所でご利用いただけるよう取り組んでいます。動画アクション キャンペーンを使用すると、YouTube およびそれ以外の高い成果が見込める場所でより多くのユーザーにリーチでき、そのすべてを 1 つのキャンペーンで実現できます。「販売促進」、「見込み顧客の獲得」、「ウェブサイトのトラフィック」の目標を使用する動画キャンペーンを作成すると、動画アクション キャンペーンとして実行されるようになります。

アップグレードが行われるまでの間、以下のことを行っていただけます。

  1. 新しい動画アクション キャンペーンを作成する。新しく作成した動画アクション キャンペーンでは、利用可能なすべてのネットワーク(YouTube ホームフィード、Google 動画パートナーなど)が自動的に有効になります。
  2. 既存の TrueView アクション キャンペーンをコピーして、動画アクション キャンペーンとして貼り付ける。キャンペーン内の既存の広告グループをコピーして貼り付けることもできます。
  3. 既存の TrueView アクション キャンペーンに引き続き変更を加える。既存のキャンペーンの掲載が停止したら、新しい動画アクション キャンペーンを作成する必要がありますのでご注意ください。

動画アクション キャンペーンと TrueView アクション キャンペーンの違い

  • 広告フォーマット: 動画アクション キャンペーンでは、1 つのキャンペーン内でスキップ可能なインストリーム広告インフィード動画広告を併用し、レスポンシブ広告グループを使用しますが、TrueView アクション キャンペーンではスキップ可能なインストリーム広告のみが含まれ、標準広告グループを使用します。
  • 広告枠: 動画アクション キャンペーンは、できるだけ多くのコンバージョンを獲得できるよう設計されているため、YouTube およびそれ以外のさまざまな場所(YouTube ホームフィードなど)に表示されます。TrueView アクション キャンペーンは、YouTube の動画再生ページと Google 動画パートナーにのみ表示されます。
  • 広告アセット: 動画アクション キャンペーンではインフィード動画広告を使用できるため、広告に長い広告見出しと説明文を追加できます(スキップ可能なインストリーム広告のアセットも使用できます)。長い広告見出しと説明文は、広告が YouTube ホームフィードに表示される場合に使用されます。

自動アップグレードで適用される変更

新しい動画アクション キャンペーンを作成するか、TrueView アクション キャンペーンを動画アクション キャンペーンに変換することで、自動アップグレードが行われる前に TrueView アクション キャンペーンを動画アクション キャンペーンに移行できます。TrueView アクション キャンペーンを動画アクション キャンペーンに移行しなかった場合、2022 年 4 月 25 日に自動アップグレードが開始される時点で、次の変更が適用されます。

過去 90 日間にお支払いが発生したキャンペーンがある場合:

  • ステータスが「有効」または「一時停止」の標準広告グループは、レスポンシブ広告にアップグレードされます。元の標準広告グループのステータスは「削除済み」に更新されます。「すべて」のステータスでフィルタすると、元の標準広告グループを過去の配信データと併せて表示できます。
  • 長い広告見出しと説明文にはデフォルト値が使用されます。長い広告見出しのデフォルト値は「広告見出し」、説明文のデフォルト値は「行動を促すフレーズ」です。これらの値は、自動アップグレードの完了後に更新できます。アップグレードされた広告には、「レスポンシブ動画広告として貼り付けました」というラベルが付けられます。広告の自動アップグレード後に必要となる操作については、手順をご覧ください。
  • Google 動画パートナーまたは YouTube 検索が広告の掲載先ネットワークとして選択されていなかった場合は、キャンペーンで最適なパフォーマンスを得られるよう、これらが両方とも掲載先に追加されます。
  • YouTube 検索が広告の掲載先ネットワークとして選択されていなかった場合は、YouTube 検索が追加されます。
注: TrueView アクション キャンペーンを動画アクション キャンペーンに手動でアップグレードした後で、ステータスが「有効」または「一時停止」である TrueView アクション キャンペーンが残っている場合、それらの広告グループは移行されます。広告グループを移行したくない場合は、標準広告グループのステータスを「削除済み」に変更する必要があります。

過去 90 日間にお支払いが発生したキャンペーンがない場合:

  • ステータスが「有効」または「一時停止」である標準広告グループに「削除済み」のマークが付けられます。これらは、フィルタのステータスを「すべて」に設定すると、過去の配信データと一緒に表示できます。
  • Google 動画パートナーまたは YouTube 検索が広告の掲載先ネットワークとして選択されていなかったキャンペーンには、「削除済み」のマークが付けられるため、デフォルトでは表示されなくなります。表示するには、フィルタのステータスを「すべて」に変更する必要があります。

手順

新しい動画アクション キャンペーンを作成する

まず、Google 広告アカウントで動画アクション キャンペーンを作成します。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のページメニューで [キャンペーン] をクリックします。
  3. プラスボタン をクリックし、[新しいキャンペーンを作成] を選択します。
  4. 目標として [販売促進]、[見込み顧客の獲得]、[ウェブサイトのトラフィック] のいずれかを選択します。
  5. キャンペーン タイプとして [動画] を選択します。
  6. [続行] をクリックします。
  7. キャンペーン設定(入札単価、予算、コンテンツの除外など)を入力します。
  8. 広告を作成し、キャンペーンを保存します。

詳しい手順については、動画アクション キャンペーンを作成するをご覧ください。

既存の TrueView アクション キャンペーンを動画アクション キャンペーンに変換する

TrueView アクション キャンペーンと同じ設定で新しい動画アクション キャンペーンを実施する場合は、既存の TrueView アクション キャンペーンをコピーして、動画アクション キャンペーンとして貼り付けることができます。

  1. Google 広告で [キャンペーン] ページに移動します。
  2. 掲載結果の表の上にあるフィルタボタン フィルタ をクリックします。
  3. 適切なフィルタを追加して、更新する必要があるキャンペーンを見つけます。
    • キャンペーン タイプ: 動画
    • キャンペーン サブタイプ: コンバージョンの促進
    • 広告グループの種類: 標準
  4. [適用] をクリックします。表が更新され、フィルタに一致するキャンペーンが表示されます。
  5. アップグレードするキャンペーンの横のチェックボックスをすべてオンにします。
    • 広告グループを変換して同じキャンペーンで掲載する場合は、目的のキャンペーンを選択して広告グループ単位に移動し、各広告グループの横にあるチェックボックスをオンにします。
  6. [編集] プルダウン メニューから [コピー] を選択します。
  7. 再び [編集] プルダウン メニューを開いて、[貼り付け] を選択します。掲載結果の表の上部に [貼り付け] メニューが表示されます。
  8. レスポンシブ動画広告(動画アクション キャンペーンに含まれる広告)を貼り付けるオプションを選択します。

    : このオプションを選択すると、すべての動画ネットワークですべての広告を表示するオプションも自動的に選択されます。

  9. (推奨)[その他のアセット] を選択し、その広告グループ内のインフィード動画広告の広告見出しと説明文を入力します。

    ヒント: インフィード動画広告には広告見出しと説明文の項目があるため、広告の中に商品や機能の詳細情報を追加できます。広告見出しと説明文は、広告が YouTube ホームフィードに表示される際に使用されます。広告見出しと説明文を追加しない場合は、同じ広告グループ内のスキップ可能なインストリーム広告のテキスト アセットを使用して、インフィード動画広告のテキスト アセットが自動的に生成されます。

  10. [貼り付け] をクリックします。レスポンシブ動画広告を含む新しいキャンペーンが作成され、ウィンドウの下部に「変更が完了しました」という確認メッセージが表示されます。
  11. ポップアップ ウィンドウで、[広告の審査] をクリックして広告の変更内容を確認します(ポップアップ ウィンドウが表示されない場合、またはポップアップ ウィンドウを閉じた場合は、Google 広告の [広告] の表に移動します)。その広告には、[レスポンシブ動画広告として貼り付けました] というラベルが付きます([広告] 表の [ラベル] 列)。各ラベルには、キャンペーンに広告を貼り付けた日付が含まれます(例: 「2021-07-31 にレスポンシブ動画広告として貼り付けました」)。フィルタボタン フィルタ を使用すると、ラベル名で特定の広告を検索できます。

自動アップグレードされた広告の長い広告見出しと説明文を更新する

4 月末までに標準広告をレスポンシブ広告に変換しなかった場合、広告は自動アップグレードされます。この自動アップグレードにより、長い広告見出しと説明文のフィールドにデフォルト値が使用されます。最大限の成果が得られるよう、自動アップグレード後にこれらのフィールドを更新することをおすすめします。

  1. Google 広告で [広告] ページに移動します。
  2. 自動アップグレードされた広告のリストを表示するには、[ラベル] フィールドにフィルタを追加し、[レスポンシブ動画広告として貼り付けました] の値を選択します。この値は、アップグレードされた広告を簡単に見つけられるように、自動アップグレード時に追加されるものです。
  3. フィルタして表示された広告を編集します。
    注: 広告を編集すると、新しい広告として作成されます。フィルタのステータスを「すべて」に設定すると、現在の広告を引き続き表示できます。
  4. 新しい広告の長い広告見出しと説明文の値を、ご希望の値に更新します。
  5. 広告を保存します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false
false