最適化されたターゲティングを使用する

この機能は段階的に展開を進めており、一部の Google 広告アカウントではまだご利用いただけません。

最適化されたターゲティングでは、キャンペーン目標内でどのユーザーがコンバージョンに至る可能性が高いかを柔軟に確認できます。最適化されたターゲティングを使用すると、必要に応じてキーワードやオーディエンス セグメントなどのターゲティング シグナルを指定することもできます。これらのシグナルは、広告配信に最も効果的な条件を特定するための起点として使用されます。

最適化されたターゲティングでは、他の場所で成果の高いパフォーマンスが確認されると、そのシグナルでのトラフィックの配信が減少または停止される場合があります。

この記事では、ディスプレイ キャンペーン、ファインド キャンペーン、動画キャンペーンで最適化されたターゲティングを使用する方法と、掲載結果を確認する方法について説明します。

注意事項

ブランド保護

最適化されたターゲティングでは、既存のブランド保護の設定(コンテンツの除外など)が考慮されます。最適化されたターゲティングを使用する際は、ブランド保護の設定に追加の変更を加える必要はありません。

入札戦略

  • トラフィックの獲得を重視する場合は、コンバージョン数の最大化を最適化されたターゲティングと組み合わせて使用したり、コンバージョンの種類としてサイト訪問数を使用したりすることをおすすめします。
  • コンバージョン数を重視する場合は、コンバージョン数の最大化または目標コンバージョン単価を最適化されたターゲティングと組み合わせて使用することをおすすめします。こうした組み合わせにすると、コンバージョン データを使用してキャンペーンの成果を最大限に高めることができます。

キャンペーンの掲載結果

コンバージョンに至る可能性の高いオーディエンス セグメントを最適化されたターゲティングで学習および確認するまでには、少し時間がかかります。

  • 新しいキャンペーンの場合は、キャンペーンが 50 件以上のコンバージョン数を獲得するか、運用期間が 2 週間以上経過してから、掲載結果を評価します。
  • 既存のキャンペーンの場合は、少なくとも 2 週間待ってから掲載結果を評価します。

手順

最適化されたターゲティングの設定を変更する

  1. Google 広告で目的のキャンペーンを見つけ、選択します。
  2. ターゲット設定を調整する広告グループを選択します。
  3. 左側のページメニューで [設定] を選択します。
  4. [広告グループのターゲット設定を編集] を選択します。
  5. [設定] で [最適化されたターゲティング] セクションを展開します。
  6. チェックボックスをオンにして、最適化されたターゲティングをオンまたはオフにします。
  7. [保存] を選択します。

最適化されたターゲティングを使用しているキャンペーンの掲載結果を確認する

  1. Google 広告でキャンペーンを選択します。
  2. (省略可)キャンペーンの広告グループを選択すると、より詳細な掲載結果を確認できます。
  3. 左側のページメニューで、[オーディエンス] または [キーワード] を選択します。
  4. 掲載結果データの表の一番下までスクロールし、[合計: 最適化されたターゲティング] という行を表示します。

掲載結果を確認する際は、最適化されたターゲティングによって、通常は広告が表示されていないユーザーにも広告が表示されるという点にご注意ください。最適化されたターゲティングによってもたらされるコンバージョンは、他の方法では獲得できない追加のコンバージョンです。

最初は平均コンバージョン単価が変動する可能性があります。しばらくすると最適なターゲティングが特定されるため、その後はできるだけ多くのコンバージョンを獲得できるように、もっと安定した平均コンバージョン単価でリーチが最適化されます。

広告グループのターゲット設定が異なる場合は、広告グループの掲載結果を表示すると、各広告グループのクリック数、表示回数、コンバージョン数を比較することができます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false