Google ドライブに関する一般的な問題を解決する

Google ドライブでファイルを表示する際に問題が発生する場合は、以下の解決方法をお試しください。

1. しばらくしてからファイルを開きなおす

  • しばらく待つ: ドライブでファイルを開こうとすると「一時的なエラー(502)」というメッセージが表示される場合、そのドキュメントは一時的に利用できなくなっていることを意味します。通常、これは一時的な問題であるため、しばらくしてからもう一度ファイルを開いてみてください。
  • G Suite ステータス ダッシュボードを確認する: ドライブや Google サーバーのサービス停止が報告されている場合は、G Suite ステータス ダッシュボードで該当するサービス名の横に赤色の丸が表示されます。赤色の丸をクリックすると、問題の詳細が表示されます。

2. 基本的なトラブルシューティング

手順 1: インターネット接続を確認する

「接続しています」というエラー メッセージが表示される場合やウェブでのドライブの読み込みに時間がかかる場合は、インターネット接続を確認してください。接続が弱いと、さまざまな接続エラーの原因となります。
別のネットワークに接続し、ファイルを正しく読み込めるかどうか確認してください。
接続が弱いか、接続を使用できない場合はオフライン モードを使用できます。詳しくは、オフライン モードとその設定方法についてのページをご覧ください。

手順 2: ブラウザのバージョンを確認する 

  1. システム要件とサポート対象ブラウザをチェックし、ご使用のブラウザとオペレーティング システムがサポートされていることをご確認ください。

    ドライブでは、すべての主要ブラウザの最新バージョンとその 1 つ前のバージョンがサポートされています。

  2. お使いのブラウザで CookieJavaScript® が有効になっていることを確認してください。
  3. ドライブには Chrome でアクセスすることをおすすめしますが、Mozilla® Firefox®、Microsoft® Internet Explorer®、Apple® Safari® などのブラウザもお試しいただけます。

手順 3: ブラウザのキャッシュを消去する

ブラウザのキャッシュと Cookie を消去してから、ドライブのファイルをもう一度読み込んでみてください。

手順 4: ファイルのサイズを小さくする

ドライブにサイズの大きなファイルを保存することもできますが、上限サイズを超えている場合は、正しく読み込まれないことがあります。ファイルのサイズが大きすぎる場合や、上限サイズに近いと思われる場合は、そのファイルの情報を分割して複数のファイルに分けることをおすすめします。

手順 5: オフライン アクセスをいったん無効にしてから有効にする

インターネットの接続状況が安定しない場合は、オフライン アクセスを設定すると便利です。オフライン アクセスを利用すると、インターネット接続がない環境でもドキュメントを閲覧、編集することができます。オフライン時に変更した内容は、次回インターネットに接続したときに同期されます。

オフライン アクセスを有効にしているにもかかわらずドキュメントを開く際に問題が発生する場合は、オフライン アクセスをいったん無効にしてから再び有効にしてみてください。[設定] を開き、[オフライン] の横にあるファイルを同期してオフライン編集するためのチェックボックスで有効と無効を切り替えます。

3. より高度なトラブルシューティング

手順 6: ウィルス スキャン ソフトウェアを確認する

ローカル システムのウィルス スキャン ソフトウェアや広告ブロック機能は、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドなどのドライブ ファイルの動作に影響を与えることがあります。ソフトウェアで G Suite がブロックされていないことを確認してください。

手順 7: ファイアウォールとプロキシの設定を確認する(高度)

ファイアウォールやプロキシのカスタム設定により、ドライブへのアクセスがブロックされることがあります。ドライブへの接続が許可されているかどうか、ファイアウォールとプロキシの設定を確認してください。

問題が解決しない場合

 

 

Google ドライブのその他の問題を解決する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。