Google スプレッドシートのグラフの種類

各グラフの詳細と使用方法については、次の表をご覧ください。

詳しくは、スプレッドシートにグラフを追加する方法をご覧ください。

折れ線グラフ  折れ線グラフ

折れ線グラフは、一定期間にわたる傾向やデータの推移を示すのに使用します。詳しくは、折れ線グラフについての記事をご覧ください。 

複合グラフ  複合グラフ

複合グラフは、縦棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフなどの複数の種類のグラフを組み合わせて各データ系列を示すのに使用します。詳しくは、複合グラフについての記事をご覧ください。

面グラフ  面グラフ

面グラフでは、1 つ以上のデータ系列の推移を視覚的に示すことができ、異なるデータカテゴリ間の値の変化を比較する場合などに使用します。詳しくは、面グラフについての記事をご覧ください。 

関連グラフ: 積み上げ面グラフ、100% 積み上げ面グラフ、階段面グラフ、積み上げ階段面グラフ、100% 積み上げ階段面グラフ

縦棒グラフ  縦棒グラフ

縦棒グラフは、1 つ以上のデータカテゴリやデータグループを表すのに使用し、特に各カテゴリにサブカテゴリが含まれる場合に適しています。詳しくは、縦棒グラフについての記事をご覧ください。 

関連グラフ: 積み上げ縦棒グラフ、100% 積み上げ縦棒グラフ

横棒グラフ  横棒グラフ

横棒グラフは、1 つ以上のカテゴリのデータポイント間の差異を示すのに使用します。詳しくは、横棒グラフについての記事をご覧ください。 

関連グラフ: 積み上げ横棒グラフ、100% 積み上げ横棒グラフ

円グラフ  円グラフ

円グラフは、「ピザのスライス」のように全体に対する各データの割合を示すのに使用します。詳しくは、円グラフについての記事をご覧ください。

関連グラフ: ドーナツグラフ

散布図  散布図

散布図は、横(X)軸と縦(Y)軸に沿って数値座標を示します。2 つの変数間の傾向やパターンを調べるのに使用します。詳しくは、散布図についての記事をご覧ください。 

関連グラフ: バブルチャート

ヒストグラム  ヒストグラム

ヒストグラムは、複数のバケットにおけるデータセットの分布を示すのに使用します。詳しくは、ヒストグラム グラフについての記事をご覧ください。 

ローソク足チャート  ローソク足チャート

ローソク足チャートは、全分散の上に開始値と終了値を重ねて表示するのに使用します(例: 株価の変動)。詳しくは、ローソク足チャートについての記事をご覧ください。 

組織図  組織図

組織図は、会社やグループ、家系などのメンバー間の関係を示すのに使用します。詳しくは、組織図についての記事をご覧ください。

ツリーマップ  ツリーマップ

ツリーマップは、オブジェクトを親子階層に構造化したデータツリーを示すのに使用します。詳しくは、ツリーマップについての記事をご覧ください。

 マップチャート

マップチャートは、国、大陸、地域の地図を示すのに使用します。各地の値は異なる色で表されます。詳しくは、マップチャートについての記事をご覧ください

 滝グラフ

滝グラフは、値の加算と減算によって開始値がどのような影響を受けるかを示すのに使用します。詳しくは、滝グラフについての記事をご覧ください。 

 レーダー チャート

レーダー チャートは 2 次元グラフに 1 つ以上の変数を示すのに使用し、変数ごとに 1 つの数値軸が表示されます。詳しくは、レーダー チャートについての記事をご覧ください。 

 ゲージ

ゲージは、特定の範囲内の数値や測定値を示すのに使用します。値ごとにゲージが作成されるため、測定値を比較対照できます。詳しくは、ゲージについての記事をご覧ください。

 アノテーション付きタイムライン

アノテーション付きタイムラインを使用すると、注釈を追加できるインタラクティブな時系列の折れ線グラフを作成できます。詳しくは、タイムライン グラフについての記事をご覧ください。

 表グラフ

表グラフは、スプレッドシートの表を、並べ替えやページ設定が可能な表に変換するのに使用します。表グラフは、Google スプレッドシートでダッシュボードを作成したり、ウェブサイトに表を埋め込んだりする場合によく使われます。詳しくは、表グラフについての記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。